2020年9月29日 (火)

NASCAR:Rd.30ラスベガス レース結果

Kurt Busch (C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

|

序盤のスピンによりタイヤ戦略で苦戦。 チーム一丸となり、 粘り強く走り切って17位完走。(HRE)

20200927 NASCAR Xfinity SERIES 第27戦

HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は「Weins Canada」の支援を受け、Car # 61「Weins Canada
TOYOTA GR SUPRA」でNASCAR Xfinity SERIES第27戦に参戦した。
序盤のスピンによってタイヤを予定外に消耗。ピット戦略で挽回を喫するも、期待するイエローコー
ションは出ず苦しい展開に。それでも諦めず、消耗してグリップの落ちた不安定なタイヤで粘り強く走り
切って17位フィニッシュ。貴重な走行データを得て次戦に繋ぐ。

ALSCO 300
LAS VEGAS MOTOR SPEEDWAY
200 周 (300miles) 482.8km
9月26日(土)、ネバダ州 LAS VEGAS MOTOR SPEEDWAYでNASCAR Xfinity SERIES第27戦「Alsco 300」
が開催された。決勝の舞台となる LAS VEGAS MOTOR SPEEDWAY は、ネバダ州・ラスベガス市街地の一番
端に位置する、1周1.5マイル(2.41km)のオーバルコース。バンク角は20度と強めであるが、プログレッシブ
バンクと呼ばれアウトラインに寄るほどタンク角が高くなっているため、他の1.5マイルオーバルトラックほど
アウトラインが不利にならないのも特徴。周回平均190mph(304km/h)余り、ターン1入り口で200
mph(320km/h)に達するという、テキサスと同様の高速インターミディエイトオーバルである。前日にTruck
シリーズで優勝した勢いをそのままに、得意とするスピードコースでW優勝を目指す。
今回レースのスポンサーであるWeins Canada Inc.は、1973年に横浜トヨペットがトヨタの国内販売店として
初めて海外に進出、カナダ・オンタリオ州トロント市近郊に拠点を置きTOYOTA、LEXUS等9ブランド、14店舗
を展開、1,300人超の従業員を擁する自動車販売グループ。トヨタディーラーでは、「DON VALLEY NORTH
TOYOTA」、「MARKVILLE TOYOTA」、「THORNHILL TOYOTA」の3拠点を有し、その中で「DON VALLEY
NORTH TOYOTA」は、カナダ国内No.1のトヨタディーラーへ成長している。

決 勝
今回のLAS VEGASでも前回レース同様に、練習走行・予選は行わず、決勝レースのみを行うレースフォー
マットとなった。決勝グリッド順はシリーズランキング順によるクジ引きにより、29番手15列目のポジション
からスタートをきることとなった。26日(土)午後19時30分、いよいよグリーンフラッグが振られ、1.5
マイルのインターミディエイトオーバルを45周、45周、110周の3ステージ、200周で争われる決勝レース
がスタートした。
15列目イン側29番手からスタートを切ったオースティンはオープニングラップで25番手に順位を上げる
と翌周には22番7周目には17番手と前日に優勝したトラックシリーズの勢いを維持し、怒涛のスピードで
後方から追い上げる。しかし最初のイエローコーション明けの17周目、ターン2のアウト側を通過した際に
マシンが大きくスライドしそのまま単独スピン。幸いクラッシュは避けてコースに復帰したが、これが原因
でイエローコーションが出される。チームはピットインを指示し燃料と4本のタイヤ交換、マシンのチェック
を行ってコースに復帰。28番手から24周目にリスタートが切られると27周目には20番手、32周目には
17番手、45周目の第1ステージのチェッカーでは16番手まで挽回する。ステージブレイクのピットイン
では、終盤での追い上げを目指し新品タイヤを温存、スタート時に履いていた中古タイヤに交換してコース
に送り出し、20番手から第2ステージを迎える。
52周目に第2ステージ開始のグリーンフラッグが振られると各車新品タイヤでペースを上げて行く。その
中、第1ステージで17周使用した中古タイヤで走行を続けるオースティンにチームから何とかペースを維持
して走行を続けるようゲキが飛ぶ。58周目に22番手に落ちてからはペースも安定し、このまま第2ステージ
を走りきると思われた矢先、リヤタイヤから激しいバイブレーションが出始めたと無線が入る。このままの
走行は危険と判断したチームは翌周にピットインを指示。素早い作業で4本のタイヤ交換と給油をして
コースに送り出すがグリーンフラッグ下のピットインにより2ラップ遅れの31番手まで順位が下がる。ここ
からオースティンは周回遅れを取り戻す為、トップに勝る速いペースで追い上げを開始、28番手までポジ
ションを上げて第2ステージのチェッカー。チームはこのステージブレイクでコースに留まる判断を下し1
ラップ遅れに挽回して最終ステージへと向かう。

97周目残り103周の最終ステージのリスタートが切られると素晴らしいダッシュで順位を上げ、109
周目には22番手まで挽回する。チームは同一周回に戻す為、イエローコーションによって周回遅れの
トップが同一周回に戻れるラッキードック獲得を目指してピットインをギリギリまで延ばす戦略を取るが、
この日のレースはアクシデントの少ない単調な展開となり、燃料補給の限界を迎えた120周目にまたし
てもグリーンフラッグ下でのピットインとなってしまい、給油とタイヤ交換を済ませコースに復帰させた
時点で3周遅れの29番手まで順位が下がる。ここからオースティンは新品タイヤで追い上げを開始、ポジ
ションが18番手まで上がったところで待望のイエローコーションが出される。このイエローで各車ピット
に向かう中、オースティンはコースに留まり1ラップ遅れのトップポジションを争う展開に持ち込む。レース
が残り10周を残して再スタートが切られるとすぐに17位にポジションを上げ周回遅れトップのポジション
を獲得、同一周回に戻るイエローコーションを期待し走行を続けるが、チームが期待したイエローコーション
が出ることはなく、1周遅れの17位でのチェッカーとなった。前日の優勝に引き続き上位入賞が期待さ
れたレースだったが、序盤のスピンにより予期せぬ苦しい展開となった。しかしチームは最後まで上位を
目指して粘り強く戦い続け、貴重な走行データを得て次戦に繋ぐ。

チーム代表  :  服部茂章
優勝した前日の勢いを維持し、スタートから素晴らしいペースで追い上げ期待が高まりましたが、スピン
により全ての流れが変わってしまいました。スピンしたタイヤにフラットスポットが見つからなかった為
NASCARからタイヤの入れ替えを認められず、同じタイヤを使用しましたが、バイブレーションの発生により
余分なピットインを強いられ周回遅れになってしまいました。そこからチームもドライバーも何とか順位を
戻そうと最後まで全力で戦いましたが、イエローコーションの少ない展開の中であと少しのところでチェッ
カーになってしまいました。しかしチーム戦略とそれに応えるドライバーの走りでレースの流れを引き寄せる
事の大切さを改めて実感しました。優勝した前日のレースは中盤までスピードが上がらず苦しみましたが、
少しずつマシンに変更を加え最後はピットで順位を上げて勝利を引き寄せました。逆に今日のレースは序盤
に素晴らしいスピードで順位を上げましたが、スピンにより変わった流れをあと少しのところで引き寄せる
事が出来ませんでした。これから常にシリーズチャンピオンを狙える強いチームになるには、必ず両方の
強さが必要になってくると思いますので日々精進し強いチーム作りを目指します。

GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES 第27戦 結果
CAR# 16
ドライバー Austin Hill
スタート 29位
決 勝 17位

レースの模様は「NBC SN」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで9月26日(土)19:30 (現地時間)より生中継
された。
HREは、10月3日(土)アラバマ州・TALLADEGA SUPER SPEEDWAYにて開催されるNASCAR GANDER
RV &OUTDOORS SERIES 第19戦、NASCAR Xfinity SERIES第28戦に参戦する。

Vertex Sportsプレスリリース

|

2020年9月28日 (月)

F2:Rd.10ソチ 第2レース結果

■波乱の第2レース、アクシデントにより5周で赤旗終了、角田 裕毅はランキング3位に

(C)FIA Formula 2 拡大します

» 続きを読む

|

2020年9月27日 (日)

序盤は我慢の展開となるも、シャシー調整が功を奏し、リスタートでトップを奪取。 迫るライバルを抑えきって今季2勝目!プレイオフ第2ステージ進出を確定する! (HRE)

20200926 GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES第18戦

HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は「Weins Canada」の支援を受け、Car #16「Weins
Canada TOYOTA TUNDRA」でGANDER RV & OUTDOORS TRUCK SERIES第18戦に参戦した。
11番手よりスタートし、序盤はセッティングが合わず我慢の展開。ステージブレイクを利用したセッ
ティング変更が功を奏して徐々にポジションを挽回。チームスタッフの素早いピットワークで上位
争いに加わると、リスタートでスタートダッシュを決めてトップに躍り出る。迫る後続車と残り40周に
渡る接戦を制して今季2勝目を獲得。この優勝により第20戦より始まるプレイオフ第2ステージ
進出を確定した。

World of Westgate 200
LAS VEGAS MOTOR SPEEDWAY 134 周 (200miles) 323.47km
9月25日(木)、ネバダ州 LAS VEGAS MOTOR SPEDWAYでNASCAR GANDER RV & OUTDOORS TRUCK
SERIES第18戦「World of Westgate 200」が開催された。決勝の舞台となる LAS VEGAS MOTOR SPEEDWAY
は、ネバダ州・ラスベガス市街地の一番端に位置する、1周1.5マイル(2.41km)のオーバルコース。全長600m
のショートトラック、ダートオーバル、ドラッグレースコースを持つ複合型レース施設である。バンク角は20度
と強めであるが、プログレッシブバンクと呼ばれアウトラインに寄るほどタンク角が高くなっているため、他の
1.5マイルオーバルトラックほどアウトラインが不利にならないのも特徴。周回平均190mph(304km/h)
余り、ターン1入り口で200mph(320km/h)に達するという、テキサスと同様の高速インターミディエイト
オーバルである。昨年、得意とするスピードコースで3勝目を挙げたLAS VEGAS 。両カテゴリー共にW優勝を
目指す。
今回レースのスポンサーであるWeins Canada Inc.は、1973年に横浜トヨペットがトヨタの国内販売店として
初めて海外に進出、カナダ・オンタリオ州トロント市近郊に拠点を置きTOYOTA、LEXUS等9ブランド、14店舗を
展開、1,300人超の従業員を擁する自動車販売グループ。トヨタディーラーでは「DON VALLEY NORTH TOYOTA」
「MARKVILLE TOYOTA」、「THORNHILL TOYOTA」の3拠点を有し、その中で「DON VALLEY NORTH TOYOTA」
は、カナダ国内No.1のトヨタディーラーへ成長している。

決勝
今回のLAS VEGASでも前回レース同様に、練習走行・予選は行わず、決勝レースのみを行うレースフォー
マット。決勝グリッド順はシリーズランキングによるクジ引きにより、11番手からスタートをきることと
なった。25日(金)午後9時00分、いよいよグリーンフラッグが振られ、1.5マイルのインターミディエイト
オーバルを30周、30周、74周の3ステージ、134周で争われる決勝レースがスタートした。
第1ステージを11番手からスタートしたオースティンは、スタート直後に順位を上げたもののその後は
マシンのオーバーステアの症状に悩まされる。11周目の1回目のイエローコーションでは新品タイヤをセーブ
する為にコースに留まるが、15周目のリスタートで順位を上げ周回を重ねるが再びオーバーステアの症状
によりスピードが落ちると20周目には13番手までポジションが下がり、そのまま30周目の第1ステージ
のチェッカーを受ける。ステージブレイクのピットインでは、給油と4本のタイヤ交換、タイヤの空気圧
調整を加えてコースに送り出し、9番手から第2ステージを迎える。
38周目に第2ステージ開始のグリーンフラッグが振られると、素晴らしいスタートで7番手にアップする
が、引き続きマシンのバランスは完璧ではなく我慢の走行を強いられる。後続からのプレッシャーに耐え
続ける展開の中47周目に9番手となり、そのままの順位で60周目の第2ステージのチェッカーを受ける。
このステージブレイクでクルーチーフのスコットは日没で急激に変わった気温と路面温度に伴い、シャシー
に大幅な変更を加え、16番手から最終ステージへと向かう。

68周目に残り66周の最終ステージのリスタートが切られるとすぐさま13番手に順位を上げ、70周目に
は11番手、73周目に9番手とポジションを取り戻してスピードを見せる。83周目に7番手までアップした
ところでイエローコーションが出されると上位陣の全てのマシンはこの日最後のピットに向かう。ここで
チームは給油と4本のタイヤ交換を素早くこなして3番手にジャンプアップさせ、ドライバーに最高のステー
ジを整える。リスタートが切られるとオースティンはチームメンバーの仕事に応えるように見事なスタート
ダッシュを決めてトップに浮上し安定して速いラップタイムを刻んでチェッカーを目指すが、背後からこの日
第1、2ステージを制した#2 Sheldon Creedが異次元のスピードで追い上げを開始、残り20周をきった
ところでオースティンの背後にピタリと付け追い抜きのチャンスを伺う緊迫した展開となる。スピードに
勝るCreedはオースティンの隙を伺い何度も追い抜きを仕掛けるがオースティンのマシンから出される
乱気流の影響でマシンバランスが変わり追い抜きに苦労する。トップを走るオースティンは巧みにライン
を変え、背後のCreedを常に乱れた空気の中に留める神経戦が毎周繰り返され、プレイオフ第1ステージ
の優勝をかけた攻防は最終ラップまで続くが、オースティンは最後までミスする事なくギリギリの攻防を
制してトップでチェッカーを受ける。
この優勝により今季2勝目を飾るとともに、プレイオフ第2ステージへの進出を確定させた。

チーム代表 :  服部茂章
Play-off第1ステージは今週のLas Vegasと来週のTalladegaで10人から8人に絞られます。先週Bristol
でポイントを落とした事によりPlay-offの順位が8位にまで下がり、第2ステージに進めない可能性も
ありチームの中に嫌な空気が流れ始めていました。来週のTalladega戦はスーパースピードウェイのレース
ですのでクラッシュに巻き込まれる可能性も高く今回のレースで出来るだけ多くのポイントを稼いでおく
必要がありましたが、そのプレッシャーの中でオースティンもチームメンバーも素晴らしい仕事をして
優勝という最高の形でPlay-off第2ステージに進む事ができました。
今年3勝を挙げてシリーズチャンピオンの最有力候補であるSheldon Creedとの接戦を制した事はチャン
ピオン争いをする上でオースティンにとって非常に大きな自信になったと思いますし、来週のTalladega戦
のポイントに気を取られる事なく、第2ステージのレースで使用するマシンの準備に時間を使う事が出来
ることもチームにとって大変大きなアドバンテージになります。全てのチームメンバーがチャンピオン獲得
を目指して気持ちを1つにしていますので、最後まで全力を尽くして戦いたいと思います。

GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES 第18戦 結果
CAR# 16
ドライバー Austin Hill
スタート 11 位
決 勝 1位
プレイオフランキング 1位

レースの模様は「FOX Sports1」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで9月25日(金)21:00 (現地時間)
より生中継された。
HREは10月3日(土)アラバマ州TALLADEGA SUPER SPEEDWAYにて開催されるNASCAR GANDER RV
&OUTDOORS SERIES 第19戦、Xfinty SERIES第28戦に参戦する。

Vertex Sportsプレスリリース

|

F2:Rd.10ソチ 第1レース結果

Mick SCHUMACHER (C)FIA Formula 2 拡大します

» 続きを読む

|

2020年9月26日 (土)

F2:Rd.10ソチ 予選結果

角田 裕毅 (C)FIA Formula 2 拡大します

» 続きを読む

|

2020年9月24日 (木)

NASCAR:Rd.30ラスベガス スターティングラインナップ

2019 Las Vegas (C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

|

2020年9月21日 (月)

TOYOTA GAZOO Racing 中嶋/ブエミ/ハートレー組TS050 HYBRID 8号車が3連覇! 7号車はトラブルから追い上げ3位表彰台 TGRは2019-2020年シーズンのチームチャンピオン確定

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2020年9月21日(月)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年シーズン 第7戦ル・マン24時間 決勝
9月20日(日)現地時間午後2時半、第88回ル・マン24時間レースがゴールを迎え、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車が3連覇を成し遂げました。ポールポジションから前半首位を走行したTS050 HYBRID 7号車は、トラブルで後退するも追い上げ3位表彰台を獲得。この結果、TOYOTA GAZOO Racingが最終戦を待たずしてチームチャンピオンを確定しました。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
決勝結果 : 3位 (トップと6周差), 381周、ピットストップ35回、グリッド:1番手、ベストラップ:3:19.357

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー):
決勝結果 : 1位, 387周、ピットストップ36回、グリッド:3番手、ベストラップ:3:19.762

セバスチャン・ブエミ、中嶌一貴、ブレンドン・ハートレーのTS050 HYBRID 8号車が、2位に5周差をつけての勝利を挙げ、FIA世界耐久選手権(WEC)のドライバーズ選手権で首位に立ちました。

ブエミと中嶋は3年連続の勝利となり、97年にわたるル・マンの歴史の中で、これまでに7人しか成し遂げていなかった3連勝ドライバーに加わることとなりました。また、ハートレーは2017年以来2度目のル・マン制覇を果たしました。

ポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車は、彼らにとっての初勝利を目指し、中盤まで首位を走行していましたが、排気系のトラブルに見舞われて後退。しかし後半、見事な追い上げを見せ3位表彰台を勝ち取りました。

全8戦で競われているWEC2019-2020年シーズンの第7戦でのこの勝利により、TOYOTA GAZOO Racingはチームタイトル争いにおいて、2位のレベリオンに逆転不可能な57点差をつけたため、最終戦を待たずして今シーズンのチームチャンピオンを確定しました。TOYOTA GAZOO Racingにとっては2014年、2018-2019年シーズンに続く3度目のタイトル獲得となります。

ル・マンにおける最後の雄姿となった1000馬力を誇る4輪駆動レーシングカーのTS050 HYBRIDは、サルト・サーキットでの効率やパフォーマンスの点で新たなスタンダードとなりました。2012年に搭乗した第1世代のLMP1ハイブリッド車両に対して燃料使用量は35%削減されたにも関わらず、ラップタイムは1周あたり約10秒もの向上を見せました。4年連続のポールポジションと3年連続勝利の中で、予選及び決勝レース中のコースレコードも塗り替えました。

ハイブリッドレースカー開発を通じて得られたノウハウをつぎ込んだ、ル・マン直系のGR Super Sport(仮称)が、決勝レーススタート前に、初めて公の前で披露されました。開発中のモデルをベースにオープン仕様にカスタマイズされた車両は、サーキット1周のデモンストレーション走行を行った後、スタート直前に優勝トロフィーを返還するセレモニーを行いました。

スタートから6時間経過時点での10周ほどを除いて、TS050 HYBRID 7号車はレース前半戦の大半で首位を走り、レースが折り返しを迎える頃には、2位との差は1周以上に広がっていました。しかし、12時間を経過した直後、午前3時前に、小林がドライブしていた7号車は出力低下に見舞われ、ガレージでの修復を余儀なくされてしまいました。排気マニホールドの破損に見舞われた7号車は、修復作業に30分を要し、小林は首位から6周遅れ、3位のレベリオン3号車から4周遅れの4位でコースへと復帰しました。

一方、8号車は序盤にタイヤのパンクやブレーキダクトのダメージといったトラブルに見舞われ、2度の予定外のピットストップと10分間の修復などでタイムを失いながらも、諦めることなく戦い続け、7号車がトラブルに見舞われる前には2番手になっていました。

後半戦、2位以下に充分な差を拡げた8号車は、ブエミ、中嶋、ハートレーがペースをコントロールしながら周回を重ねていき、最終的にその差は5周まで拡がりました。3年連続でアンカードライバーを務めた中嶋が、2020年ル・マン24時間レースのフィニッシュラインをトップで通過。サルト・サーキットにおいて最も成功した日本人ドライバーとしての地位を確固たるものとしました。

コンウェイと小林、ロペスの7号車は、レース復帰後追い上げを図ろうとしましたが、何かにヒットして車両フロアにダメージが及んだことで空力的な性能低下が生じていました。しかし、8号車は表彰台を目指し追い上げを続け、ライバルのレベリオン3号車が残り1時間というところでクラッシュし、ピットでの修復を余儀なくされたことで3位へと浮上。優勝した8号車から6周遅れながら、2位のレベリオン1号車とは1周差での3位表彰台獲得となりました。

8号車のドライバーがこの勝利によるポイントを加えたことで、ドライバーズタイトル争いは、11月14日にバーレーンで開催される、2019-2020年シーズン最終戦に持ち越されることとなりました。8時間レースのバーレーンでは最大39ポイントの獲得が可能ですが、現在首位の8号車と2位の7号車は僅か7ポイント差で、タイトルをかけ、この最終戦に臨むこととなります。

村田久武 TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表:
ル・マン24時間レースへの挑戦というのは、真の耐久性が求められる実に困難なものであると、今回改めて実感しました。我々は、TS050 HYBRIDでル・マンを3連覇するという夢に向かって確固たる決意をもってレースにのぞみ、序盤で8号車に降りかかった逆境も、チームワークで乗り越えました。チーム全員が、素晴らしい仕事をしてくれました。しかしながら、我々は1-2フィニッシュを狙っていたのもまた事実です。素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた7号車のドライバー、メカニック、エンジニアには本当に申し訳なく思います。我々は一つのチームです。彼らの悔しさは、チーム全員の悔しさでもあります。我々が今年のル・マンで経験した嬉しいこと、悲しいことをファンの皆様に現場で直接分かち合うことはできませんでしたが、来年は直接お会いすることができることを願っています。レベリオンの皆様、準優勝おめでとうございます。何度もプッシュされました。本当に尊敬すべきチームです。また、このような世界的な困難な状況にありながらも、我々にル・マンに挑戦する機会を与えてくださったACOにも感謝しています。

小林可夢偉(7号車):
3位という結果は我々が望んでいたものでも、予想していたものでもありません。我々は今年もここル・マンで非常に速かったのですが、レースというのは残酷です。我々はよく戦いましたし、チームも深夜に迅速な作業で車両を修復してくれました。今回のトラブルは初めてのことですが、それがこのような重要なレース中だったというのは本当に不運でした。しかし、ル・マンではこういうことも起こりえます。8号車と、ハードワークで2台揃っての完走を成し遂げたチームを祝福します。

マイク・コンウェイ(7号車):
ル・マンの勝利の女神は今年も我々には微笑んでくれませんでした。TOYOTA GAZOO Racingが3連覇を達成したことは喜ぶべきことですが、我々7号車の側からすると、また勝利を逃してしまったような感じです。また、これによりチャンピオン争いの状況が大きく変わってしまったことも残念です。ひとつのレースで2つの大きなダメージを負ってしまいました。我々は常に良いレースをするためにここに来ていますが、いつも何かに邪魔されているようです。とはいえ、8号車が勝ったことはチームにとって良かったですし、彼らは素晴らしい戦いぶりでした。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
まずは、チームと8号車のクルー、おめでとう。このようなビッグレースを3連覇するというのは、TOYOTA GAZOO Racingにとっても大変な偉業です。このレースに向け、チームは昼夜なくハードに働いてきました。マイクと可夢偉を含む誰もが素晴らしい働きをしましたし、私自身もその一部だったと思います。今回は運に恵まれず、我々の7号車にとって望んでいた結果にはなりませんでした。本当に速かっただけに、勝てなかったのは残念ですが、挑戦を続けます。

中嶋一貴(8号車):
TS050 HYBRIDでの最後のル・マンで勝つことができたことは格別ですし、3連覇達成というのも素晴らしいです。我々の今日のレースは浮き沈みの激しい展開でしたが、7号車のクルーも含め、全員が本当に素晴らしい働きをしました。どういうわけか、我々は他の車よりも運に恵まれているようです。7号車がトラブルに見舞われたときは、TOYOTA GAZOO Racingとしてレースに勝つことが全てだったので、その後はとてもタフなレースになりました。それだけに勝利を達成することができ、このチームの一員でいられたことが本当に嬉しいです。

セバスチャン・ブエミ(8号車):
最高の気分です。チームメイトと、そしてチームがこの様な素晴らしい成果を成し遂げてくれました。ここル・マンでは、レースの流れはあっという間に変わります。レースが始まったときは、スローゾーンのタイミングやタイヤのパンク、ブレーキ冷却のトラブルなど、あらゆる災厄が私に襲いかかってきているように感じました。しかしその後、突然状況は好転して我々は首位に立ち、まもなく後続に5周差をつけるまでになりました。今年のル・マンは、レースは最後まで何が起こるか分からないということを改めて教えてくれました。

ブレンドン・ハートレー(8号車):
チームメイトと、チーム全てを誇りに思います。このチームに加わったばかりの時は、学習の連続でした。セブ(ブエミ)と一貴のおかげで、この複雑なレースカーを速く走らせることができるようになりました。今日は序盤、幾つかのトラブルに見舞われましたが、支えてくれた最高のメカニックやエンジニアのおかげで、その後は完璧なレースでした。全てが上手く行き、TOYOTA GAZOO Racingには本当に感謝しています。

トヨタモータースポーツニュース

» 続きを読む

|

LM24:ルマン24時間レース 結果

■中嶋 一貴組のトヨタ8号車が3連勝を飾る!

No.8 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

» 続きを読む

|

2020年9月20日 (日)

NASCAR:Rd.29ブリストル レース結果

Kevin Harvick (C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

|

LM24:ルマン24時間レース 19時間目途中経過








No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports
拡大します

» 続きを読む

|

LM24:ルマン24時間レース 15時間目途中経過

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

» 続きを読む

|

NASCAR:スタート直後の接触で序盤から厳しい展開となるも ダメージを負ったマシンで諦めず走り切り、 Play-off 初戦を26位完走。(HRE)

20200918 GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES 第 17戦
HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は「United Rentals」の支援を受け、Car #16「United
Rentals TOYOTA TUNDRA」でGANDER RV & OUTDOORS TRUCK SERIES第17戦に参戦した。
5番手スタートからの2周目、後続車からの接触によりコントールを失いウォールにヒット、後退を
余儀なくされるが、イエローコーションを利用し、車両を修復して後方からの追い上げを目指す。最終
ステージに向けてポジションを回復するも、終盤に前車との交錯により不運の接触で順位を下げる。
しかし最後まで諦めず走り切りPlay-off初戦を26位で完走。

UNOH 200 presented by Ohio Logistics
BRISTOL MOTOR SPEEDWAY 200周 (106.6miles) 171.5km
9月17日(木)、テネシー州 BRISTOL MOTOR SPEEDWAYでNASCAR GANDER RV & OUTDOORS TRUCK
SERIES第17戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」が開催された。決勝の舞台となるBRISTOL
MOTOR SPEEDWAYは、テネシー州ブリストルに位置する1周0.533マイル(858m)のショート・オーバル・コース。
198mという短い2本のストレートとタラデガ、デイトナに次ぐ最大28度という深いバンク角のターンで構成される
ハイスピード・トラック。レース中ドライバーは連なるクルマをかき分けながら、バンクを利用しアクセルほぼ全開で
コースを走る。路面がコンクリートで滑りやすいため丁寧なマシンコントロールが要求され、コーションが多いこと
から瞬時の判断力やリスタート能力も必要となり、セッティング、ドライビングいずれの能力も問われる難易度の
高いトラックである。ドライバー達はこの難コースを1周わずか16秒で駆け抜ける。いよいよここからプレイオフ
がスタート。持てる力を集結させ、チーム一丸となって念願のシリーズチャンピオン獲得に向け挑戦
が始まる。
今回レースのスポンサーであるUnited Rentalsは、1997年に設立された世界最大規模の機器レンタル会社。
コネチカット州に本社を置き、約1,200ヶ所(北米49州カナダ全州およびヨーロッパ10ヶ所)に拠点が
あり、18,000人超の従業員を擁する。『より良い未来を築く』をミッションとし、建設、製造、政府関連、
公益事業、各自治体等、幅広い業界に対しサービスを提供している。

決勝
今回Play-off初戦の舞台となったBRISTOLでも練習走行・予選は行わず、決勝レースのみを行うレースフォー
マットにより、決勝グリッド順はシリーズランキングトップ10によるクジ引きにより、5番手からスタートを
切る事となった。17日(木)午7時30分、いよいよグリーンフラッグが振られ、0.533マイルのショート
オーバルを55周、55周、90周の3ステージ、200周で争われる決勝レースがスタートした。
3列目イン側5番手からスタートを切り、オープニングを8番手で通過したオースティンだったが、2周目の
ターン1で後続車からの接触によりコントロールを失い外側のウォールに右リヤ部をヒットし、ポジション
を12番手まで下げてしまう。幸いに車両へのダメージは小さくここからの追い上げを目指して走行を続け
るも、7周目に後続のクラッシュによりイエローコーションが出される。ここでチームはオースティンにピット
インを指示。右リヤ部の応急処置をしてコースに送り出し、14周目に30番手から再開のグリーンフラッグ
となる。ここから周回毎に順位を上げて25周目には25番手まで挽回するが、オースティンからブレーキ
不具合の無線が入る。その後はブレーキを労わりながら走行を続け28番手までポジションを落として55
周目に第1ステージのチェッカーを受ける。ステージブレイクのピットインでは、給油と4本のタイヤ交換、
マシンの修復に加えてブレーキクーリングシステムのチェックを行い、29番手から第2ステージを迎える。
67周目に第2ステージ開始のグリーンフラッグが振られると、直ぐに27番手にアップ。72周目に25番手、
76周目に24番手と次々と前車を攻略していく。83周目に起こった後続のクラッシュによるイエローコー
ションから89周目にリスタートが切られると、翌周には23番手と上げると更に前車を攻略して110周目
には19番手まで挽回して第2ステージのチェッカーを受ける。ステージブレイクのピットインで、給油と
4本のタイヤ交換、空気圧調整を施して、20番手から最終ステージへと向かう。

120周目、残り80周の最終ステージのリスタートが切られる。上位入賞に向け20番手からの挽回を
目指すが、ブレーキトラブルは解決しておらず、進入でブレーキを多用するショートオーバルでの争いは
厳しい状況となっていた。オースティンは前後の車両との一進一退の攻防を続け順位を入れ替えながら
走行を続けた156周目。サイドバイサイドの戦いでイン側の#22はラインをクロスさせてアウト側に膨らみ
ながらオースティンの前に出ようとしたところ、右リヤをオースティンの左前にヒット。#22はスピンしながら
外側のフェンスにクラッシュするもオースティンは車両をコントロールしてスピンを何とか免れたが、この
事故が原因でイエローコーションが出される。163周目にリスタートがきられてからはダメージの残る車両を
操りながら200周目のチェッカーを受けるも、#22との接触がペナルティーの裁定となり26位フィニッ
シュの公式結果となった。僅差で戦うドライバーにとって避けようがない接触に対し、厳しい判定が下さ
れたプレイオフ初戦となったが、次戦のラスベガスは昨年優勝を遂げている得意とするサーキットでオー
スティンはチームと共に挽回を誓う。

チーム代表  :  服部茂章
万全の体制で挑んだPlay-offの初戦でしたが、残念ながら惨敗となってしまいました。スタート直後に
後続のマシンに接触され壁にヒットしましたが、ファクトリーに戻ってマシンをチェックしたところ、見た目
よりもダメージが大きく、レース中のブレーキトラブルもマシンのダメージからおきていた事が分かりました。
オースティンもチームも1ポイントでも多くのポイントを稼ぐ為に諦めず最後まで頑張りましたが、残念
ながら順位を上げる事ができませんでした。今週のラスベガスはXfinityとのWエントリーで2連戦にな
ります。ラスベガスは昨年Truckシリーズで優勝しているサーキットですし、Xfinityシリーズでは更に新車
のスープラを投入して優勝を目指します。Play-offに入ると今まで以上に戦いが激しくなりますが、ドライ
バーをサポートして最後まで戦い抜きたいと思います。

GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES 第17戦 結果
CAR# 16
ドライバー Austin Hill
スタート 5 位
決 勝 26 位
ランキング 8 位

レースの模様は「FOX Sports1」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで9月17日(木)19:30 (現地時間)よ
り生中継された。
HREはネバダ州・LAS VEGAS MOTOR SPEEDWAYにて9月25日(金)に開催されるNASCAR GANDER
RV &OUTDOORS SERIES 第18戦、9月26日(土)に開催されるXfinty SERIES 第27戦に参戦する。

Vertex Sportsプレスリリース

|

TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID 7号車が首位、8号車が1周差の2位で追う

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2020年9月20日(日)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年シーズン 第7戦ル・マン24時間 決勝 12時間経過
ル・マン24時間レースはスタートから12時間が経過。現地時間午後2時半、暗闇に包まれたサルト・サーキットで折り返しを迎えました。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは1-2位のポジションを守って走り続けています。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
12時間経過時順位 : 1位, 191周

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー) :
12時間経過時順位 : 2位 (トップと1周差), 190周

12時間経過時点で首位に立っているのは、ポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車。2位には1周の差をつけています。

一方、セバスチャン・ブエミ、中嶌一貴、ブレンドン・ハートレーのTS050 HYBRID 8号車は、7号車がセーフティカー走行時にピットインしたことでタイムロスしたため、レースが4分の1の時点で首位に立ちましたが、7時間を経過したところで技術的なトラブルに見舞われ、ポジションダウンを余儀なくされました。

ブレーキ温度上昇のトラブルに見舞われていた8号車は、ドライバー交代のたびに対応作業を行い、若干のタイムロスを強いられていましたが、LMP2車両のアクシデントによりセーフティカー走行が長くなったタイミングで、チームは車両右前部にある冷却ダクトシステムを完全に交換することを決めました。これにより8号車は10分間のピットインを強いられ、中嶋は3位でレースに復帰しました。

セーフティカーの先導により全車がスロー走行していたこともあり、8号車のロスは1周で済み、再スタートが切られるとまもなく、中嶋は前を行く2位のレベリオン1号車にプレッシャーをかけ、オーバーテイク。再びTOYOTA GAZOO Racingの1-2体制としました。

その間、首位を行く7号車のロペスは、多くのアクシデントによるスローゾーンやコース上の混雑、そして8時間目にも短いセーフティカーランが発生する状況など、混雑の中リスクを追うことなく首位を堅守。

2台のTS050 HYBRIDは着実なペースで周回を重ね、レーススタートを担当し、2度目のスティントとなるコンウェイとブエミが再びコクピットへ。深夜のサルト・サーキットで、後続との差をさらに拡げていきました。

レースが折り返しとなる12時間を経過した時点で、首位を行く7号車は小林がドライブ。ブエミの7号車が1周遅れでこれを追い、レベリオン1号車はさらに1周差となっています。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
自分のスティントは上手くいきました。スローゾーンとセーフティカーにより若干の浮き沈みがありましたが満足しています。セーフティカー中に冷えたタイヤで走るのは簡単ではありませんでしたが、TS050 HYBRIDは運転しやすかったです。また一時8号車に先行されましたが、彼らは修理のために時間をロスしました。自分たちにはその問題は出ていないし、現在十分なリードを保っています。しかしながらレースは何が起こるかわかりません。リスクを取らずゴールを目指します。

中嶋一貴(8号車):
レースの序盤はブレーキ冷却の問題を抱えていました。自分のドライブ中、セーフティカー導入時に部品を代える決断をしました。1ラップ分失いましたが最小限のダメージで済んだと思います。また夜間の運転は簡単ではなく、セーフティカー導入時はタイヤ内圧を保つのに苦労します。冷静さを保ちながら自分の運転に集中しています。7号車に対して1ラップ遅れていますが、我々のペースは戻っています。最後まで集中し出来る限りの事をします。

トヨタモータースポーツニュース

2020年9月20日(日)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年シーズン 第7戦ル・マン24時間 決勝 12時間経過
ル・マン24時間レースはスタートから12時間が経過。現地時間午後2時半、暗闇に包まれたサルト・サーキットで折り返しを迎えました。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは1-2位のポジションを守って走り続けています。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
12時間経過時順位 : 1位, 191周

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー) :
12時間経過時順位 : 2位 (トップと1周差), 190周

12時間経過時点で首位に立っているのは、ポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車。2位には1周の差をつけています。

一方、セバスチャン・ブエミ、中嶌一貴、ブレンドン・ハートレーのTS050 HYBRID 8号車は、7号車がセーフティカー走行時にピットインしたことでタイムロスしたため、レースが4分の1の時点で首位に立ちましたが、7時間を経過したところで技術的なトラブルに見舞われ、ポジションダウンを余儀なくされました。

ブレーキ温度上昇のトラブルに見舞われていた8号車は、ドライバー交代のたびに対応作業を行い、若干のタイムロスを強いられていましたが、LMP2車両のアクシデントによりセーフティカー走行が長くなったタイミングで、チームは車両右前部にある冷却ダクトシステムを完全に交換することを決めました。これにより8号車は10分間のピットインを強いられ、中嶋は3位でレースに復帰しました。

セーフティカーの先導により全車がスロー走行していたこともあり、8号車のロスは1周で済み、再スタートが切られるとまもなく、中嶋は前を行く2位のレベリオン1号車にプレッシャーをかけ、オーバーテイク。再びTOYOTA GAZOO Racingの1-2体制としました。

その間、首位を行く7号車のロペスは、多くのアクシデントによるスローゾーンやコース上の混雑、そして8時間目にも短いセーフティカーランが発生する状況など、混雑の中リスクを追うことなく首位を堅守。

2台のTS050 HYBRIDは着実なペースで周回を重ね、レーススタートを担当し、2度目のスティントとなるコンウェイとブエミが再びコクピットへ。深夜のサルト・サーキットで、後続との差をさらに拡げていきました。

レースが折り返しとなる12時間を経過した時点で、首位を行く7号車は小林がドライブ。ブエミの7号車が1周遅れでこれを追い、レベリオン1号車はさらに1周差となっています。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
自分のスティントは上手くいきました。スローゾーンとセーフティカーにより若干の浮き沈みがありましたが満足しています。セーフティカー中に冷えたタイヤで走るのは簡単ではありませんでしたが、TS050 HYBRIDは運転しやすかったです。また一時8号車に先行されましたが、彼らは修理のために時間をロスしました。自分たちにはその問題は出ていないし、現在十分なリードを保っています。しかしながらレースは何が起こるかわかりません。リスクを取らずゴールを目指します。

中嶋一貴(8号車):
レースの序盤はブレーキ冷却の問題を抱えていました。自分のドライブ中、セーフティカー導入時に部品を代える決断をしました。1ラップ分失いましたが最小限のダメージで済んだと思います。また夜間の運転は簡単ではなく、セーフティカー導入時はタイヤ内圧を保つのに苦労します。冷静さを保ちながら自分の運転に集中しています。7号車に対して1ラップ遅れていますが、我々のペースは戻っています。最後まで集中し出来る限りの事をします。

トヨタモータースポーツニュース

2020年9月20日(日)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年シーズン 第7戦ル・マン24時間 決勝 12時間経過
ル・マン24時間レースはスタートから12時間が経過。現地時間午後2時半、暗闇に包まれたサルト・サーキットで折り返しを迎えました。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは1-2位のポジションを守って走り続けています。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
12時間経過時順位 : 1位, 191周

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー) :
12時間経過時順位 : 2位 (トップと1周差), 190周

12時間経過時点で首位に立っているのは、ポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車。2位には1周の差をつけています。

一方、セバスチャン・ブエミ、中嶌一貴、ブレンドン・ハートレーのTS050 HYBRID 8号車は、7号車がセーフティカー走行時にピットインしたことでタイムロスしたため、レースが4分の1の時点で首位に立ちましたが、7時間を経過したところで技術的なトラブルに見舞われ、ポジションダウンを余儀なくされました。

ブレーキ温度上昇のトラブルに見舞われていた8号車は、ドライバー交代のたびに対応作業を行い、若干のタイムロスを強いられていましたが、LMP2車両のアクシデントによりセーフティカー走行が長くなったタイミングで、チームは車両右前部にある冷却ダクトシステムを完全に交換することを決めました。これにより8号車は10分間のピットインを強いられ、中嶋は3位でレースに復帰しました。

セーフティカーの先導により全車がスロー走行していたこともあり、8号車のロスは1周で済み、再スタートが切られるとまもなく、中嶋は前を行く2位のレベリオン1号車にプレッシャーをかけ、オーバーテイク。再びTOYOTA GAZOO Racingの1-2体制としました。

その間、首位を行く7号車のロペスは、多くのアクシデントによるスローゾーンやコース上の混雑、そして8時間目にも短いセーフティカーランが発生する状況など、混雑の中リスクを追うことなく首位を堅守。

2台のTS050 HYBRIDは着実なペースで周回を重ね、レーススタートを担当し、2度目のスティントとなるコンウェイとブエミが再びコクピットへ。深夜のサルト・サーキットで、後続との差をさらに拡げていきました。

レースが折り返しとなる12時間を経過した時点で、首位を行く7号車は小林がドライブ。ブエミの7号車が1周遅れでこれを追い、レベリオン1号車はさらに1周差となっています。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
自分のスティントは上手くいきました。スローゾーンとセーフティカーにより若干の浮き沈みがありましたが満足しています。セーフティカー中に冷えたタイヤで走るのは簡単ではありませんでしたが、TS050 HYBRIDは運転しやすかったです。また一時8号車に先行されましたが、彼らは修理のために時間をロスしました。自分たちにはその問題は出ていないし、現在十分なリードを保っています。しかしながらレースは何が起こるかわかりません。リスクを取らずゴールを目指します。

中嶋一貴(8号車):
レースの序盤はブレーキ冷却の問題を抱えていました。自分のドライブ中、セーフティカー導入時に部品を代える決断をしました。1ラップ分失いましたが最小限のダメージで済んだと思います。また夜間の運転は簡単ではなく、セーフティカー導入時はタイヤ内圧を保つのに苦労します。冷静さを保ちながら自分の運転に集中しています。7号車に対して1ラップ遅れていますが、我々のペースは戻っています。最後まで集中し出来る限りの事をします。

トヨタモータースポーツニュース

» 続きを読む

|

«LM24:ルマン24時間レース 12時間途中経過