2023年2月 6日 (月)

NASCAR:ザ・クラッシュ 決勝レース (ノンタイトル)

Martin Truex Jr. (C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

|

NASCAR:ザ・クラッシュ スターティングラインナップ (ノンタイトル)

(C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

|

2023年1月30日 (月)

WSC:Rd.1デイトナ24時間レース結果

No.60 Acura ARX-06 GTP (C)IMSA Media 拡大します

» 続きを読む

|

2023年1月23日 (月)

WSC:Rd.1デイトナ24時間レース 予選結果

No.60 Acura ARX-06 GTP (C)IMSA Media 拡大します

» 続きを読む

|

2023年1月22日 (日)

WSC:Rd.1デイトナ24時間レース プラクティス1-4回目総合結果

No.60 Acura ARX-06 GTP (C)IMSA Media 拡大します

» 続きを読む

|

INDY:2023年インディカーシリーズ カレンダー

(C)indycarmedia. 拡大します

2023Indycar Series Calender
Rd. Date Race Oval/Road Course/Street Circuit
1 03月05日 セントピータースバーグ市街地 S
2 04月02日 テキサス・モータスピードウェイ O
3 04月16日 ロングビーチ市街地 S
4 04月30日 バーバー・モータースポーツパーク R
5 05月13日 インディアナポリス・モータースピードウェイ(ロードコース) R
6 05月28日 第107回インディアナポリス500マイル O
7 06月04日 デトロイト市街地 S
8 06月18日 ロードアメリカ R
9 07月02日 ミッドオハイオ・スポーツカーコース R
10 07月16日 トロント市街地 S
11 07月22日 アイオワ・スピードウェイ レース1 O
12 07月23日 アイオワ・スピードウェイ レース2 O
13 08月06日 ナッシュビル市街地 S
14 08月12日 インディアナポリス・モータースピードウェイ(ロードコース) R
15 08月27日 ワールドワイドテクノロジー・レースウェイ O
16 09月03日 ポートランド・インターナショナルレースウェイ S
17 09月10日 ウェザーテック・レースウェイ ラグナセカ S

 

|

NASCAR:2023年NASCARカップシリーズ カレンダー

(C)nascarmedia 拡大します

2023 NASCAR CUP SERIES SCHEDULE
Rd. Date Race / Track
  02月05月 Clash (L.A. Memorial Coliseum)
  02月16日 Duel at Daytona
1 02月19日 DAYTONA 500
2 02月26日 Auto Club
3 03月05日 Las Vegas
4 03月12日 Phoenix
5 03月19日 Atlanta
6 03月26日 COTA
7 04月02日 Richmond
8 04月09日 Bristol Dirt
9 04月16日 Martinsville
10 04月23日 Talladega
11 04月30日 Dover
12 05月07日 Kansas
13 05月14日 Darlington
  05月21日 North Wilkesboro (All-Star Race)
14 05月28日 Charlotte
15 06月04日 World Wide Technology Raceway
16 06月11日 Sonoma
17 06月25日 Nashville Superspeedway
18 07月02日 Chicago Street Race
19 07月09日 Atlanta
20 07月16日 New Hampshire
21 07月23日 Pocono
22 07月30日 Richmond
23 08月06日 Michigan
24 08月13日 Indianapolis Road Course
25 08月20日 Watkins Glen
26 08月26日 Daytona
27 09月03日 Darlington
28 09月10日 Kansas
29 09月16日 Bristol
30 09月24日 Texas
31 10月01日 Talladega
32 10月08日 Charlotte Roval
33 10月15日 Las Vegas
34 10月22日 Homestead-Miami
35 10月29日 Martinsville
36 11月05日 Phoenix (Championship)

 

|

FE:2023年フォーミュラEカレンダー

Rd. Date Course  
1 01月14日 メキシコシティ メキシコ
2 01月27日 ディルイーヤ サウジアラビア
3 01月28日 ディルイーヤ サウジアラビア
4 02月11日 ハイデラバード インド
5 02月25日 ケープタウン 南アフリカ
6 03月25日 サンパウロ ブラジル
7 04月22日 ベルリン ドイツ
8 04月23日 ベルリン ドイツ
9 05月06日 モンテカルロ モナコ
10 06月03日 ジャカルタ インドネシア
11 06月04日 ジャカルタ インドネシア
12 06月24日 ポートランド アメリカ
13 07月15日 ローマ イタリア
14 07月16日 ローマ イタリア
15 07月29日 ロンドン イギリス
16 07月30日 ロンドン イギリス

 

|

WEC:2023年WEC カレンダー

(C)ACO. 拡大します

2023WEC Calender
Rd. Date Race Country
1 03月17日 セブリング1000マイル アメリカ
2 04月16日 ポルティマオ6時間 ポルトガル
3 04月29日 スパ・フランコルシャン6時間 ベルギー
4 06月10日-11日 ルマン24時間 フランス
5 07月09日 モンツァ6時間 イタリア
6 09月10日 富士6時間 日本
7 11月04日 バーレーン6時間 バーレーン

 

|

F2:2023年F2カレンダー

 (C)Formula 2 拡大します

Rd. Dtate Cercuit Country
1 03月03日-05日 サクヒール バーレーン
2 03月日17日-19日 ジェッダ サウジアラビア
3 03月日31日-04月02日 メルボルン オーストラリア
4 04月28日-30日 バク アゼルバイジャン
5 05月19日-21日 イモラ イタリア
6 05月25日-28日 モンテカルロ モナコ
7 06月02日-04日 バルセロナ スペイン
8 06月30日-07月02日 レッドブルリンク オーストリア
9 07月07日-09日 シルバーストーン イギリス
10 07月21日-23日 ハンガロリンク ハンバリー
11 07月28日-30日 スパ・フランコルシャン ベルギー
12 08月25日-27日 ザンドフールト オランダ
13 09月01-03日 モンツァ イタリア
14 11月24日-26日 ヤスマリーナ UAE

 

|

2023年1月21日 (土)

F3:2023年F3カレンダー

(C)Formula 3 拡大します

Rd. Dtate Cercuit Country
1 03月03日-05日 サクヒール バーレーン
2 03月日31日-04月02日 メルボルン オーストラリア
3 05月19日-21日 イモラ イタリア
4 05月25日-28日 モンテカルロ モナコ
5 06月02日-04日 バルセロナ スペイン
6 06月30日-07月02日 レッドブルリンク オーストリア
7 07月07日-09日 シルバーストーン イギリス
8 07月21日-23日 ハンガロリンク ハンバリー
9 07月28日-30日 スパ・フランコルシャン ベルギー
10 09月01-03日 モンツァ イタリア

 

|

2023年1月19日 (木)

DAKAR:TOYOTA GAZOO Racing、N.アル-アティヤ/M.ボーメル組がダカールラリー2連覇! GRダカールハイラックスT1+は3台がトップ5完走2023年1月16日

(C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

ダカールラリー2023レポート No.4
サウジアラビアを舞台に16日間(初日のプロローグ含む)、総走行距離は8500kmを超え、激戦が繰り広げられてきた「世界一過酷なラリー」ダカールラリー2023がついにフィニッシュを迎えました。
同大会にはTOYOTA GAZOO Racingから3台のGRダカールハイラックスT1+がワークスとして出場し、ナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル組が昨年大会に引き続き2連覇を成し遂げました。アル-アティヤ/ボーメル組はステージ3で首位に立ったあとは、一度もその座を譲ることなく、2位に1時間以上の差をつけての優勝を果たしました。
ベテランのジニエル・ド・ヴィリエール/デニス・マーフィ組が4位、ダカールラリー3度目の挑戦であるヘンク・ラテガン/ブレット・カミングス組が5位に入り、TGRは参戦車3台がトップ5フィニッシュを果たす強さを見せました。

【ステージ12】
1月13日(金)のステージ12は、マラソンステージの2日目。「エンプティ・クォーター」(空白地帯)と呼ばれるルブアルハリ砂漠を走り、シェイバーのビバーク地へと戻る、総走行距離376km、SS距離185kmのステージ。2日間にわたるマラソンステージを終えた各車両は、ようやくビバークでの整備、修理を受けられることとなりました。
総合首位を守るアル-アティヤ/ボーメル組にとって、このマラソンステージを無事に走り抜くことが、2連覇へ向けて大きな意味を持つこととなりました。慎重にベテランらしい走りを見せ、ノートラブルでこのステージを3位で走り抜いたアル-アティヤ/ボーメル組は、2位との差を1時間27分10秒へと拡大することに成功しました。
総合4位につけていたラテガン/カミングス組は、ステージ序盤の柔らかい砂地で横転。右リアのサスペンションとブレーキディスクにダメージを負ってしまいました。このため、リアブレーキ無しで走り続けることを強いられ、大きくタイムロス。ステージを首位から48分35秒遅れの28位でフィニッシュとなり、総合順位ではド・ヴィリエール/マーフィ組にかわされる形で5位に後退。総合では首位と2時間34分21秒送れ、4位のド・ヴィリエール/マーフィ組とは12分差となっています。
ラテガン/カミングス組は、ラリー終盤に入ってからのタイムロスに無念の意を表しながらも、アクシデントが起きても自分たちクルーを無事に守り、最後までステージを走り切ったGRダカールハイラックスT1+の耐久性を高く評価しました。
ド・ヴィリエール/マーフィ組はトラブル無くステージ12をトップから11分34秒遅れの9位で走り抜き、ラテガン/カミングス組をかわして総合4位に浮上しました。
このダカールラリーは世界ラリーレイド選手権(W2RC)の1戦としても争われており、昨年のチャンピオンであるアル-アティヤ/ボーメル組は今年もタイトル防衛を目指しています。W2RCではステージ勝利にもポイントがかけられていますが、アル-アティヤ/ボーメル組は、ステージ勝利数では目下ライバルの後塵を拝している状況です。それでも、ステージ12を終えた時点でトップとの差は9ポイントであり、総合優勝での大きなポイントも含め、激戦が続いています。

【ステージ13】
残すところ2ステージとなった1月14日(土)のステージ13は、総走行距離675km、SS距離は154kmと短いものの、柔らかい砂丘が広がる、予想以上に過酷なコースで、最後の最後まで気の抜けないステージとなりました。そんな中、TGRのGRダカールハイラックスT1+は3台共に堅実な走りで揃ってトップ10フィニッシュ。総合順位を守りました。
総合首位のアル-アティヤ/ボーメル組はペースをコントロールしながらも、首位と5分28秒差のステージ2位。総合では2位に1時間21分52秒差をつけ、最終ステージを残すのみとなりました。
前ステージで横転し、総合5位に後退したラテガン/カミングス組はこのステージ13で5位フィニッシュと好走。総合では4位に7分24秒差の5位となっています。
ド・ヴィリエール/マーフィ組はこのステージ、TGR勢では唯一トラブルに見舞われました。スタート直後に左フロントダンパーの不具合発生、ペースダウンを余儀なくされました。また、ステージ中盤では視界不良のために乗り物酔い症状となり、厳しい一日となってしまいました。それでもステージをトップから13分51秒遅れの10位でフィニッシュ。総合4位を守っています。

【ステージ14】
1月15日(日)、のステージ14は、アル=フフーフからダンマームへ向かう、総走行距離417km、SS距離は136kmでラリーフィニッシュへ向けた最後の戦いが行われました。
最後のSSを走り終えた参加車両は、100kmほどのリエゾンを経て、サウジアラビア東海岸の都市ダンマームに設置されたフィニッシュポディアムへと向かいました。
1時間以上のマージンを持って首位でこの最終ステージに挑んだアル-アティヤ/ボーメル組は、首位から5分41秒遅れのステージ8位でフィニッシュ。この瞬間、アル-アティヤにとっては通算5度目、ボーメルにとっては4度目のダカールラリー総合優勝が決定しました。アル-アティヤ/ボーメル組は、ステージ3で総合首位に立った後、一度もその座を譲ることなく、2位に1時間20分49秒の差をつけて、昨年に続く2連覇を達成しました。このコンビによる、トヨタでの総合優勝は3度目。この勝利はまた、トヨタ車のさらなる品質、耐久性と信頼性を示すものとなりました。
ド・ヴィリエール/マーフィ組は総合4位でフィニッシュ。ド・ヴィリエールにとっては20回目のダカールラリー完走であり、2009年の優勝を含め、15回目のトップ5フィニッシュ、そして、トップ10圏外フィニッシュは1度のみと、ベテランらしい粘り強さを示す結果を今年も達成しました。
ダカールラリー3度目の挑戦となるラテガン/カミングス組にとっては、今年のダカールラリー2023は、悔しいレースとして長く記憶に残るものになるでしょう。一時は総合2位まで浮上するも、2度のトラブルで順位を落とすこととなりました。それでも4位と5分以内という僅差での総合5位。自身初のトップ5フィニッシュを果たし、今後の活躍に期待がかかる結果となりました。
ダカールラリー2023は、TGRワークスのGRダカールハイラックスT1+が1位、4位、5位という結果となりましたが、加えて、プライベート参戦のルーカス・モラエス/ティモ・ゴットシャルク組のGRダカールハイラックスT1+が総合3位に入り、トヨタ勢はトップ5のうち4台を占めるという好結果を残すこととなりました。今大会がダカール初挑戦だった、若きブラジル人ドライバーのモラエスは、経験豊富なコ・ドライバーのゴットシャルクと共に、見事な走りを見せました。
今大会ダカールラリー2023は、2シーズン目となる2023年世界ラリーレイド選手権(W2RC)の開幕戦でもあり、アル-アティヤ/ボーメル組は合計85ポイントを獲得しました。ステージごとの成績も加味されるW2RCは、2023年シーズンは全5戦で争われ、第1戦を終えた時点で、アル-アティヤ/ボーメル組は首位と2ポイント差の2位、マニュファクチャラー選手権でもTGRは1ポイント差の2位に付けています。次戦は2月の最終週に行われるアブダビデザートチャレンジです。

ダカールラリー2023最終結果(総合順位):

総合順位
ドライバー/コ・ドライバー(車両/チーム)
首位との差

1位
#200 ナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル
(トヨタ・ハイラックス TOYOTA GAZOO Racing)

4位
#205 ジニエル・ド・ヴィリエール/デニス・マーフィ
(トヨタ・ハイラックス TOYOTA GAZOO Racing)
2時間31分12秒差

5位
#217 ヘンク・ラテガン/ブレット・カミングス
(トヨタ・ハイラックス TOYOTA GAZOO Racing)
2時間36分23秒差

TOYOTA GAZOO Racing

» 続きを読む

|

2023年1月16日 (月)

DAKAR:ステージ14結果 AL-HOFUF > DAMMAM (1月15日)

■ナッサー・アルアティア (トヨタ)が通算5回目の総合優勝を飾る

ナッサー・アルアティア (C)TOYOTA GAZOO Racing  拡大します

» 続きを読む

|

2023年1月15日 (日)

DAKAR:ステージ13結果 Shaybah > Al-Hofuf (1月14日)

セバスチャン・ロウブ (C)A.S.O.  拡大します

» 続きを読む

|

«DAKAR:ステージ12結果 Ardah > Shaybah (1月13日)