2017年4月25日 (火)

NASCAR:Rd.8ブリストル レース結果

ジミー・ジョンソン (C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

INDY:Rd.3アラバマ レース結果

ヨセフ・ニューガーデン (C)indycar media 拡大します

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

フェルナンド・アロンソ、アラバマのインディカーレースを視察

フェルナンド・アロンソ (C)indycar media 拡大します

| | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

INDY:Rd.3アラバマ 予選結果

ウィル・パワー (C)indycar media 拡大します

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.8ブリストル 予選結果

カイル・ラーソン (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDが劇的な開幕戦で先制勝利

17wec_rd1_race_12017年4月17日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

2017年 WEC第1戦シルバーストーン6時間 決勝

2017年4月16日に行われたFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レース決勝は、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソンの駆るTS050 HYBRID #8号車が、ライバルとの激戦を制して勝利を挙げた。

TS050 HYBRID #7号車:(小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス)
決勝: 23位、159周、ピットストップ6回、グリッド:1番手、最速ラップ:1分39秒656

TS050 HYBRID #8号車:(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン)
決勝: 1位、197周、ピットストップ6回、グリッド:2番手、最速ラップ:1分39秒804

高速コーナーが続く1周5.589kmのシルバーストーン・サーキットにあわせてハイ・ダウンフォース仕様を持ち込んだTOYOTA GAZOO Racingは、その戦略が奏功し、前日の公式予選で2台のTS050 HYBRIDがポールポジション並びに2番手とグリッド最前列を占めた。しかし、決勝レースでは、異なる空力仕様で臨んだライバルに思わぬ苦戦を強いられることとなった。

現地時間16日(日)正午に決勝レースのスタートが切られた。最前列から飛び出した2台のTS050 HYBRIDは、序盤、#7号車、#8号車と続き周回を重ねた。#7号車のマイク・コンウェイはひとり1分40秒を切るタイムで逃げ、追走するチームメイトのブエミが駆る#8号車と共にライバルとの差を広げ、開幕戦での勝利を確実にしたかに思えた。しかし、その#7号車をトラブルが襲ったのは、コンウェイが小林可夢偉にステアリングを手渡す寸前だった。トラブルはリアのサスペンションの不具合。これが原因か、#7号車のハンドリングは損なわれ、小林はコースを外れてライバル勢に抜かれた後も反撃に出ることが出来ず、4位確保の走行に徹し、2台揃っての完走、ポイント獲得に集中せざるを得なかった。

ところが小林から新しくTOYOTA GAZOO Racingに加わったホセ・マリア・ロペスにドライバー交代が行われた直後、ロペスの#7号車は挙動を乱してコースアウトし、タイヤバリアに激突した。大きなダメージを負った#7号車だったが、エンジニアの無線指示を仰いだロペスはピットまで帰り着き、66分をかけて完全修復されて、代わったコンウェイがレースに復帰した。しかし優勝したチームメイトの#8号車からは38周遅れの総合23位に終わった。

コースアウトを喫したロペスはサーキットのメディカルセンターで診察を受けた後、総合病院に精密検査のために運ばれたが、幸いにも特に異常は認められなかった。

予選2番手からスタートした#8号車はブエミからデビッドソンに代わってからもトップでリードを保った。しかし、レースが2時間を過ぎた頃に悪化した天候で路面が僅かに濡れ、ライバルはインターミディエイトのウェットタイヤに交換、#8号車はスリックタイヤのままで走行し、一旦は2位に後退。その後天候が回復するとデビッドソンはタイヤ交換にピットへ入ったライバルを尻目に再びトップに躍り出て、中嶋にステアリングを渡した。

#8号車のドライバーが中嶋に代わった時点で、#7号車のアクシデント処理のためにセーフティカーが出動。その結果、中嶋の#8号車と2位につけるライバルとの十分なタイム差が瞬く間に縮まってしまった。

セーフティカーが退いた時点でレースは残り2時間。TS050 HYBRID #8号車とライバルの間で激しいトップ争いが展開されることになった。TS050 HYBRID #8号車はレースが残り45分になった時点で、最後のピットストップを行い、中嶋からブエミにドライバー交代。#8号車のピットストップでライバルに1位の座を譲ることとなったが、ライバルも最後のピットストップを行い、その時点で両車の差は8秒。そこから終盤戦へと#8号車のブエミの猛追が始まった。そしてレースが残り13分を切った時、TS050 HYBRID #8号車がライバルをかわしてトップに立ち、そのままゴールへ飛び込んだ。

不安定な天候、不慮のアクシデント、セーフティカーの出動と荒れたシルバーストーン6時間レースだったが、最後に勝利はTS050 HYBRID #8号車の頭上に輝いた。この勝利で、優勝した3人のドライバーには、RAC(英国王室自動車クラブ)から伝統あるツーリスト・トロフィー賞が贈られた。この賞は1905年に創設された英国のモータースポーツ界では最高権威の賞で、タツィオ・ヌボラーリ、グラハム・ヒル、スターリング・モスといったそうそうたるドライバーが受賞している。#8号車の中嶋は日本人として初めてこの賞を受ける栄誉を授かった。

チームは、既にル・マン24時間レースの前哨戦ともいえるWEC第2戦スパ6時間レースへと準備を整えている。次戦スパ6時間レースには、初めて3台体制で臨むことになり、ステファン・サラザン、国本雄資、ニコラス・ラピエールの3名がTS050 HYBRID #9号車で出場する。

トヨタモータースポーツニュース

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.1シルバーストーン レース結果

Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

F2:Rd.1バーレーン 第2レース結果

_x0w5065_4070635 Charles Leclerc (C)Formula 2

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

F2:Rd.1バーレーン 第1レース結果

_56i0954_4068082_2Artem Markelov (C)Formula 2

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.1シルバーストーン 予選結果

Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

F2:Rd.1バーレーン 予選結果

_56i9937_4066785 Charles Leclerc (C)Formula 2

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

INDY:フェルナンド・アロンソ選手がインディアナポリス500マイルレースに参戦 (ホンダ)

In160529003h2016  Indy500 (C)Honda Motor Co Ltd.

McLaren(マクラーレン)は、McLaren‐Honda(マクラーレン・ホンダ)からFIA※フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)に参戦しているフェルナンド・アロンソ選手の、インディアナポリス500マイルレース(米国インディアナポリス州 以下、インディ500)参戦を決定しました。

今年で101回目を迎えるインディ500は、ル・マン24時間レース、F1モナコGPと並ぶ世界三大レースのひとつと言われており、アロンソ選手の強い希望により参戦が実現します。
アロンソ選手は、かつてマクラーレンがインディ500で勝利を収めたカラーリングをまとったマシンでのスポット参戦となり、レースオペレーションは、佐藤琢磨選手が2017年から在籍しているAndretti Autosport(アンドレッティ・オートスポーツ)が担当、エントリー名は「マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ」です。
アンドレッティ・オートスポーツとしては、レギュラーシーズンを戦うHondaエンジン搭載マシンにアロンソ選手のマシンを加えた体制で、2017年のインディ500に参戦します。

なお、アロンソ選手は5月28日に決勝日を迎えるインディ500と同日に開催されるF1モナコGPは欠場します。代わりを務めるドライバーについては追って発表されます。

※Fédération Internationale de l'Automobile(国際自動車連盟)の略称

ホンダモータースポーツリリース

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

TOYOTA GAZOO Racing WEC開幕戦シルバースト-ンへ向け準備万端

17wec_rd1_preview_117wec_rd1_preview_4

2017年4月10日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

WEC第1戦 シルバーストーン6時間 プレビュー
TOYOTA GAZOO Racingはこの週末、2017年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)の開幕戦となるシルバーストーン6時間レースへ、2017年仕様のTS050 HYBRIDと新たなドライバーラインナップで臨む。

今シーズンのWECも全9戦で行われる。今週末の第1戦へ向けて、2017年仕様のTS050 HYBRIDには、ハイブリッドシステムを含むパワートレーンとメカニカル及び空力面に全面改良が施された。   

今シーズンは使用可能な空力諸元が2種類に制限されることとなった。開幕戦シルバーストーンにトヨタは高ダウンフォース仕様のTS050 HYBRIDを持ち込む予定。トヨタは、シルバーストーンでこれまでに5度にわたる表彰台を獲得している。

1周5.901kmのシルバーストーンサーキットは、WECシリーズの開催される中でも最も長い歴史を持つコースのひとつで、開設は1948年。当時は非常に高速なコーナーが続く、最高速度よりもダウンフォースが重要なコースであった。

TOYOTA GAZOO Racingはこの冬のオフシーズンの間で、先週末のモンツァでの2日間のプロローグ(WEC合同テスト)を含めて約35,000kmを走破。チームはLMP1-Hクラスのライバルとの一騎打ちとなるシルバーストーンへ向けて万全の準備を整えた。

2017年仕様TS050 HYBRID #7号車のドライバーは、昨年の富士6時間レースで勝利を挙げ、最後までタイトル争いを繰り広げた小林可夢偉、マイク・コンウェイに、3年連続FIA世界ツーリングカーシリーズでチャンピオンに輝いた、ホセ・マリア・ロペスを加えた3名。ロペスはこのレースがトヨタでのWECデビューとなる。

もう一台のTS050 HYBRID #8号車は中嶋一貴とアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミという3年目のトリオ。デビッドソンとブエミは2013年からのコンビであり、2014年にはドライバーズチャンピオンに輝いている。

地元イギリス出身のドライバーであるデビッドソンとコンウェイは、これまでにも何度もシルバーストーンで好成績を挙げたことによって、両名共に英国レーシングドライバーズクラブのメンバー中最高位のリチャード・ロイド・トロフィーを獲得している。

週末のイベントスケジュールでは、14日(金)に、各々1時間30分の公式練習走行セッションが2回、15日(土)は午前中に1時間の最終練習走行の後、予選が行われる。現地時間16日(日)の正午に、6時間にわたる決勝レースのスタートが切られる。

トヨタモータースポーツニュース

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

INDY:Rd.2ロングビーチ レース結果

ジェームス・ヒンチクリフ (C)indycar media 拡大します

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

«NASCAR:Rd.7テキサス レース結果