« CCWS:ニール・ジャニ、PKV Racingとサイン | トップページ | ALMS:セブリング テストタイム (1月22日) »

2007年1月23日 (火)

ALMS:ライアン・ブリスコー、ペンスキーポルシェに加入

1月22日、チームペンスキーは今年のALMSシリーズLMP2クラスのポルシェRSスパイダーのドライバーとして、ライアン・ブリスコーと契約したことを発表した。

ブリスコーはポルシェのファクトリーチームともいえるペンスキーで、新たにRichard Lietzとともに参戦することになる。ペンスキーは昨年のLMP2チャンピオンドライバーの一人Lucas Luhrを今年はライバルのアウディに奪われていた。

ブリスコーはCar No.6で、昨年のもう一人のチャンピオンSascha Maassenとコンビを組み、セブリング12時間などではエマニエル・コラードが加わる。
もう1台の No.7には、Timo BernhardとRomain Dumasのコンビとなり、セブリング12時間などではエリオ・カストロネペスが加わることになっている。

トヨタF1チームのテストドライバーの経験もあるブリスコーだが、F1レースへの参戦はかなわずにアメリカへ渡った。2005年にチップガナッシからIRLやGrand-Amへ参戦、去年はA1GPやチャンプカーレースで走っていた。オーストラリア人のブリスコーがポルシェの目にとまってペンスキーに加入が決まったのは昨年末だったという。

|

« CCWS:ニール・ジャニ、PKV Racingとサイン | トップページ | ALMS:セブリング テストタイム (1月22日) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:ライアン・ブリスコー、ペンスキーポルシェに加入:

« CCWS:ニール・ジャニ、PKV Racingとサイン | トップページ | ALMS:セブリング テストタイム (1月22日) »