« カーティケヤン、A1GPへ参戦 | トップページ | NASCAR:デイトナテスト (1月17日) »

2007年1月18日 (木)

GP2:カーリンとDPRは結局決別

1月17日、昨シーズン後、ディビッド・プライス・レーシング(DPR)とジョイントしてGP2シリーズに参戦することを発表したカーリンモータースポーツは、結局合弁が難航し今期GP2には参加しないことになった。DPRは昨年同様、単独でGP2に参加することになる。

昨年11月に両者の合弁が発表された後、12月まで「カーリンDPR」としてGP2のオフシーズンテストに参加していた。このときのテストで選ばれた2006年イギリスF3シリーズ6位の Christian Bakkerudは、そのままDPRのドライバーとしてGP2シリーズに参戦する。

チームはサリーにある元ブラバムF1のファクトリーだったカーリンの新しいベースに移動することになっていたが、DPRは結局同じサリーの元の場所から今シーズンの参戦をすることになった。チームでは、今年のGP2公式テストが始まるまでに体制を整えて、No.2ドライバーを発表したいとしている。

|

« カーティケヤン、A1GPへ参戦 | トップページ | NASCAR:デイトナテスト (1月17日) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:カーリンとDPRは結局決別:

« カーティケヤン、A1GPへ参戦 | トップページ | NASCAR:デイトナテスト (1月17日) »