« フォード、チャンプカーのスポンサーから離脱 | トップページ | CCWS:セブリング テストタイム(1月25日) »

2007年1月25日 (木)

インディーカー、今年からのルール変更を発表

IRLは、今年からエタノール燃料を使用した自然吸気3.5リッターエンジンを使用することがすでに決まっているが、23日その他の規則変更を発表した。

まずエンジンの変更については、代替燃料の推進のためエタノールを使用し、排気量をこれまでの3,000ccから3,500ccへとアップする。これによりショートオーバルとロードコースにおける低速トルクを増強することになる。
ガソリンと比較してエタノールの燃費の良さから、燃料タンク容量を22ガロン(約83リッター)に縮小する。

すべてのイベントで、リアにセーフティライトを設置する。これはレースコントロールのためにセーフティライトとして機能するだけでなく、雨の日のロードコースでのテールライトともなる。
ショートオーバルとロードコースでは、各チームはフロントウイングのメインプレートをプラスとマイナスそれぞれ5度の範囲で調整することができる。

すべてのオーバルコースでは予選後のファイナルプラクティスは廃止されるが、プレクォリファイセッションは15分延長される。
予選が中止となった場合、シリーズのオフィシャルはドライバーが獲得したポイント順にグリッドを決定する。
シリーズオフィシャルは、その判断により、ドライバーが前年のルーキーであっても、そのレースでのルーキードライバーとして扱うことができる。

インディカーシリーズは、3月24日ホームステッド・マイアミのナイトレースで開幕する。

|

« フォード、チャンプカーのスポンサーから離脱 | トップページ | CCWS:セブリング テストタイム(1月25日) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/13652464

この記事へのトラックバック一覧です: インディーカー、今年からのルール変更を発表:

« フォード、チャンプカーのスポンサーから離脱 | トップページ | CCWS:セブリング テストタイム(1月25日) »