« NASCAR:“トヨタ カムリ”が最高峰で初のリードラップ獲得 | トップページ | IRL:インディカー、ワシントンでエタノール使用を強調 »

2007年3月21日 (水)

ハーバート、アストンマーチンでルマン参戦

Wka2001080767721_pv_1  

 . Johnny Herbert  - 1999 European Grand Prix -              (C)Wieck Media

3月20日、プロドライブは今年のルマン24時間レースにおけるドライバーラインナップを発表。アストンマーチンDBR9のドライバーとして、新たにジョーニー・ハーバートがチームに加わる。

ハーバートは、リカルド・リデル、ダレン・ターナー、トーマス・エンゲ、ピーター・コックス、ディビッド・ブラバムとともにルマン24時間GT1クラス制覇を目指す。リデルは2000年にはプロドライブのフェラーリGTプロジェクトに関わったことがある。

1991年マツダのルマン総合優勝ドライバーの一人であるハーバートは、F1ドライバー引退後はカスタマーチームのアウディやワークス、マセラーテイのドライブは経験があるが、アストンマーチンに乗るのは初めてとなる。2005年から昨年途中までは、ミッドランドF1チームのスポーティングディレクターとしてドライビィングからは離れていた。最近では新しいスピードカーレースとグランプリマスターズへも参加している。

チーム代表のジョージ・ハワードチャペルはハーバードについて「確かに彼はアストンマーチンには慣れてはいかもしれないが、ルマンでの経験は豊富だ。そのスピードも疑う余地はない。DBR9にはちょっと慣れてもらわないといけないが」とコメントしている。「今年のルマンも厳しい戦いになるだろう、特にGT1クラスは激戦だ、ルマンでは我々は昨年敗者だったが今年も戦わなければならない」

10310262006113338562_1  Aston Martin DBR9 (C)ALMS

ハーバートは「アストンマーチンのような歴史のあるマシンをドライブするというのは、大きなチャンスだ。我々は勝つためにルマンに行きたい。それ以外の何者もない。それは本当にエキサイティングな目標だ。イギリス人のわたしにとってはなおさらのことだ」と語っている。

またチームは、タイトルスポンサーとしてインターコンチネンタル・ホテルと契約したことを発表した。アメリカンルマンシリーズのスポンサーから降りたインターコンチネンタル・ホテルにとって、ルマン24時間はスポンサーとしての今年唯一のものとなる。

100102200617835828_1                                                                                            Aston Martin DBR9 (C)ALMS

|

« NASCAR:“トヨタ カムリ”が最高峰で初のリードラップ獲得 | トップページ | IRL:インディカー、ワシントンでエタノール使用を強調 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーバート、アストンマーチンでルマン参戦:

« NASCAR:“トヨタ カムリ”が最高峰で初のリードラップ獲得 | トップページ | IRL:インディカー、ワシントンでエタノール使用を強調 »