« ALMS:Rd.4ヒューストン レース結果 | トップページ | IRL:ホンダリリース 第3戦もてぎ »

2007年4月22日 (日)

ブリヂストンリリース "BRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300mile 決勝"

                                         2007 年4 月22日
   BRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300mile 決勝

4月21日(土)ツインリンクもてぎ(栃木県)でBRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300mile の決勝レースが行われ、トニー・カナーン選手がもてぎで初優勝を飾りました。2位は、ダン・ウェルドン選手、3位はダリオ・フランキッティ選手でした。注目の日本人選手、松浦孝亮選手はスタート直後にウオールクラッシュし残念ながらリタイアになりました。

レースはスタート直後に松浦選手のクラッシュで、イエローコーションになる波乱のスタートとなり、10周目から再スタート。ポールスタートのエリオ・カストロベネス選手がレース序盤を引張り、レース中盤は44周目でエリオ・カストロベネス選手をかわしたダン・ウェルドン選手、レース終盤は122周目でダン・ウェルドン選手をかわしたトニー・カナーン選手がトップに立ちました。その後、マルコ・アンドレッティ選手のクラッシュでイエローコーションが出るなど波乱の展開も続きましたが、最後は、ダン・ウェルドン選手との激しいデットヒートを制したトニー・カナーン選手が2位のダン・ウェルドン選手に0.4828秒の僅差で、もてぎで見事初優勝しました。

● トニー・カナーン選手(優勝ドライバー:アンドレッティ・グリーンレーシングチーム)
いつも通りの素晴らしいタイヤだよ。スティントを伸ばしても、あと20周は走れるくらいだった。ファイストンには脱帽だよ、それしか云うことがないよ。来月のINDY でも勝ちたいから、同じタイヤを使うのが楽しみだよ。

● アル・スパイヤー(ファイアストン・レーシング エグゼクティブ・ディレクター)
トニー・カナーン選手とアンドレッティ・グリーンレーシングチームの皆さんおめでとうございます。彼らは、最後のピット戦略と高いパフォーマンスで勝利を獲得しました。私達がもてぎで供給した新しいファイアストン ファイアホークは、ドライバーやチームから、幅広く賞賛されました。今年のINDY 500に使用するタイヤですから、このことは非常に喜ばしいことです。レースの間、いくつかの車は70周まで1セットのタイヤで走行しましたが(これは、ほぼ1.5スティントに相当します)、性能はほとんど落ちませんでした。このことによって、チームも我々も5月のレースに自信をもって望めます。

以上

|

« ALMS:Rd.4ヒューストン レース結果 | トップページ | IRL:ホンダリリース 第3戦もてぎ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/14808514

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストンリリース "BRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300mile 決勝":

« ALMS:Rd.4ヒューストン レース結果 | トップページ | IRL:ホンダリリース 第3戦もてぎ »