« BF3:Rd.1&2オウルトンパーク レース結果 | トップページ | DTM:2007年アウディA4 テストデビュー »

2007年4月10日 (火)

2007年GP2シリーズプレビュー

Kv2k6658  

 Nico Rosberg -2005- GP2Series Rd.12 Sakhir, Bahrain

 (C) GP2 Series Media Service

 

GP2シリーズは、最高の予想と期待を持って3年目のシーズンに入る。これまでのGP2ドライバーのうち12人がF1のシートに駆け上がるというスリルに富んだ素晴らしい2シーズンの後で、モータースポーツ界はニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンの後継者を捜しにGP2シリーズに注目している。また、どのチームがARTグランプリからチームタイトルを奪うことができるかについても。

2007年のGP2シリーズは、その半数のシートがルーキードライバーによって占められる。そして10人のドライバーが2年目のシーズンを迎え、3人が3年目のシーズンとなる。そこには、あらゆるテストやレースに参加したザンディ・ネグラオから、まだGP2シリーズのマシンで走ったこともないトゥン・ホー・ピンまで、その経験には大きな違いがある。
そう、どの年よりも誰にもチャンピオンへの可能性が開けているように見える。

ネグラオがルーキーのロドリゲスとともに、新しく名付けられたミナルディ・ピケ・スポーツで3年目のシーズンに還ってくる今年、ARTグランプリはデ・グラッシとアメルミューラーのラインナップにチームの望みをかける。
プレシーズンのペースセッターisportインターナショナルは、グロックがチームに復帰し、栄光を勝ち取るためにツバーがこのイギリスのチームに加入する。
FMSインターナショナルが経験豊富なピッツォニアと若きトルコのTahiniciとのペア。アーデン・インターナショナルは、大胆にもザウグとセナの2人のルーキーとサインした。

トライデント・レーシングは2人のルーキーを選ぶもう一つのチームであり、印象的な平手とMaldonadoをチームに迎えた。
レーシング・エンジニアリングはビラとともに2年目のシーズンとなる。そのチームメイトはJimenezとなった。スーパ-ノバはフィリッピとコンウェイのコンビで王座奪還を目指す。
DPRは Soucekと Bakkerudの2人りで、これはトゥン・ホー・ピンと山本のBCNコンペティションとともにルーキー2人のラインナップチームである。
DAMSの中嶋とラピエールはテストで早いところを見せた。カンポス・グランプリはパンターノとペトロフがタイトルを狙っている。かつてのレースの勝者デュランゴは、ルノーV6アジアチャンピオン ChandhokとGP2へ還ってきたガルシアとサインした。

GP2シリーズは新しいシーズンのために、ダラーラの新しい空力パッケージによってさらにマシンを発展させた。それはダウンフォースと操縦性において向上したものであるとともに、マシンにすばらしい美しさを作り出している。
継続的な改良をされたルノーの4リッターV8エンジンは、ブリヂストンのポテンザ・スリックタイヤの安定した強さと信頼性を味方にしている。シリーズはまた別のすばらしいレースシーズンに向けて再び動き出している。

バーレーンでの今週末のレースは、全てのチームがブリヂストンのポテンザ・スリックタイヤのハードコンパウンドで走る予定である。
2005年にGP2がここで最後にチャンピオンシップを争ったときはグルーブドタイヤだったので、今週末は誰にも未知へのステップとなるだろう。
新しい車、新しいドライバーにより新しい年を迎えるにあたって、われわれはタイトルのために世界で最高の才気あるドライバーの間で争われる信じられないほどオープンなシリーズとなることを約束する。

|

« BF3:Rd.1&2オウルトンパーク レース結果 | トップページ | DTM:2007年アウディA4 テストデビュー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年GP2シリーズプレビュー:

» GP2開幕 [F1 2007]
F1への登竜門として 開催されたGP2も3シーズン目がバーレーンから開幕 これま [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 16時53分

« BF3:Rd.1&2オウルトンパーク レース結果 | トップページ | DTM:2007年アウディA4 テストデビュー »