« ALMS:アウディ ジャパン・プレスリリース 第4戦ヒューストン | トップページ | DTM:クリステンセン退院 »

2007年4月24日 (火)

DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第1戦ホッケンハイム

                                                      アウディジャパン株式会社広報部
                                                              2007 年4 月24 日

           アウディ、ホッケンハイムで1-2 フィニッシュ

Audi_motorsport0704220725 Audi_motorsport0704220742

 

 

 (C)AUDI.AG

 

【第1 戦:ホッケンハイム(ドイツ)】

・ アウディA4 DTM、DTM の開幕戦で最速
・ マティアス・エクストローム、DTM で10 度目の勝利
・ シーズンの幕開けに大クラッシュが発生

アウディの2007 DTM シーズンは、ホッケンハイムで1-2 フィニッシュを飾ったことにより華々しく幕を開けました。開幕戦が行われた先週末、延べ101,000 人の観客は、3 日間常に最速であったアウディA4 DTMの衝撃的なデビューを目の当たりにしました。スウェーデン出身のマティアス・エクストロームは、アウディスポーツチームアプトスポーツラインの完璧な戦略とミスの無いレース展開で、10 度目の勝利を飾りました。ドイツ出身のマルティン・トムツィクは2 位を走行していたメルセデスのドライバー、ブルーノ・シュペングラーを最終ラップで抜き、アウディの勝利を完璧なものにしました。

アウディにとっては、このF1 ドイツグランプリの行われるホッケンハイムが現在のレイアウトに変更されてから初めての勝利で、実に5 年ぶりの勝利となります。ブルーノ・シュペングラーのミスによるティモ・シャイダーへの接触が無ければ、今回の1-2 フィニッシュは、アウディA4 DTM の3 位までの独占勝利となっていたかも知れません。アウディスポーツチームアプトスポーツラインから初参戦となったシャイダーはこのクラッシュにより9 位に転落し、それまでの完璧なレース展開に水を注された形となりました。このクラッシュによりシュペングラーは50 秒のペナルティを受けました。

ホッケンハイムでの開幕戦は1 周目から大クラッシュに見舞われ、アウディドライバーのトム・クリステンセン、アレクサンドレ・プレマ、アダム・キャロルが巻き込まれました。クリステンセンは他車との軽い接触の後、パラボリカコーナーの入口でスピンし、高速で走る後続車数台に追突されました。キャロルは全くの無傷でしたが、クリステンセンとプレマはすぐに救急車でコース脇のメディカルセンターに運ばれ、その後、精密検査のため病院に運ばれました。

ルマンのレコード保持者であるトム・クリステンセンは軽い打撲で済みましたが、アレクサンドレ・プレマは腰部脊椎の損傷を受けました。担当医によると、生涯影響するような傷ではありませんが、数週間はレースへの復帰は難しいとの診断が下されました。

クリステンセンとプレマは、アウディA4 DTMの優れた安全性能のおかげで最悪の結果を免れ、2 台のセーフティセルは完全な形を保ったままでした。アレクサンドレ・プレマの前部から受けた衝撃は、158km/h からの衝突によるものでした。

一方、DTM デビューとなったルーカス・ルールとマイク・ロッケンフェラーにとっては良いレース運びとなりました。二人はタイトル防衛に燃えるベルント・シュナイダーと、2度のF1 ワールドチャンピオンの経歴を持つミカ・ハッキネンとの攻防の末、1 位と12 位でレースを終えました。バニーナ・イクスのDTM オープニングラウンドは、女性ドライバーとしては最高位の15 位。クリスチャン・アプトは5 周目にベルント・シュナイダーと接触し、不完全燃焼のままレースを終えました。

【アウディドライバー/アウディチーム首脳のコメント】Dr. ヴォルフガング・ウルリッヒ(アウディモータースポーツ代表)

今日は浮き沈みの極端な一日だった。クラッシュの後、トム・クリステンセンとアレクサンドレ・プレマの容態をとても懸念していたが、すぐ後にメディカルセンターで2 人と話をすることが出来たので、DTM の緊急時の体制は評価している。事故の程度から、精密検査のため2 人はすぐに病院に搬送される事となった。アウディチーム全員がアレックスの早いレース復帰を願っている。今日のレースは、優れた戦略とチーム全体のすばらしい仕事がよく現れ、それが今回の速さに示されている。そしてその結果がこのメルセデスが使い込んできたこのサーキットでの1-2 フィニッシュに繋がったと言えるだろう。レース開始直後のクラッシュを除いては、アウディにとってすばらしい日だった。

マティアス・エクストローム(1 位/Red Bull アウディA4 DTM #3)..

今日はマシンの調子が良く、ピットストップも非常にすばらしかった。DTM での10 回目の勝利には非常に満足しており、開始直後のクラッシュの混乱も、ある程度で済んで良かったと思う。我々は幸運にも、クラッシュによる中断後もレースを継続することができた。レース序盤で他車の後ろを走っている時、少しアンダーステアの兆候が出ていたので、レースを自分のペースに戻すためにも早めに1 回目のピットインを行った。前を走る車も無く、A4 は完璧な走りをすることが出来た。

2007 年DTM 参戦アウディドライバープロフィール

クリスチャン・アプト-アウディスポーツチームフェニックス / 2006 アウディA4 DTM #16

(39 歳/ ドイツ出身、星座:おうし座)チーム代表のハンス-ユルゲン・アプトの兄弟で、アプト・スポーツラインの2 人の常務取締役のうちの1人。ガールフレンドのサンドラと共に、故郷のアルガウのケンプテンに在住。レコードチャンピオンのベルント・シュナイダーと並び、2000 年から連続でDTM に参戦するドライバー2 名のうちの1 人。DTM での最高成績:2 位が2 回シーズンの目標:「2006 年スペックモデルでのベストドライバー」

マティアス・エクストローム-アウディスポーツチームアプトスポーツライン / 2007 アウディA4 DTM #3

(28 歳/ スウェーデン出身、星座:かに座)2004 年の DTM チャンピオン。2006年12月にパリで開催された「レース・オブ・チャンピオンズ」で世界の強豪達を押さえ優勝。スウェーデンのファルンに生まれ、コンスタンス湖のスイス側で、恋人であるラリーのコ・ドライバー、ティナ・トルナーと共に暮らす。ティナとともに、ジェットスキーと2 匹の愛犬、モスとルーに愛情を注ぐ。シーズンの目標:「インゴルシュタットとネッカーズルムにDTM タイトルを取り戻す」

バニーナ・イクス-フューチャーコムTME / 2005 アウディA4 DTM #21

(32 歳/ ベルギー出身、星座:みずがめ座)2 人の女性DTM ドライバーの1 人で、DTM は今シーズンで2 年目。元F1 ドライバーのジャッキー・イクスの娘。ブリュッセルで生まれ、現在はフィアンセのファビアンと共に、ドイツのヴィースバーデンに暮らす。学生時代には生物学を専攻し、自然を敬愛する。レースドライバーとしては比較的遅めのデビュー。シーズンの目標:「昨年より好成績を残す」

トム・クリステンセン-アウディスポーツチームアプトスポーツライン / 2007 アウディA4 DTM #7

(39 歳 / デンマーク出身、星座:かに座)ルマン24 時間レースで7 回優勝のレコード保持者。2006 年度DTM でのアウディのベストドライバー。デンマークのハブロに生まれ、現在はモナコ在住、先日3 人目の子供を授かる。最近は愛妻のハンネと3 人の子供と共に、故郷のデンマークで多くの時間を過ごしている。ラッキーナンバーは7(自身のDTM スタートナンバー)。シーズンの目標:「DTM チャンピオン」

ルーカス・ルール-アウディスポーツチームロズベルグ / 2006 アウディA4 DTM #12

(27 歳 / ドイツ出身、星座:かに座)ドイツのコブレンツに生まれる。DTM は今年が初参戦だが、アメリカン・ルマン・シリーズのLM P2 クラスのディフェンディング・チャンピオンの経歴を持ち、ルマンとセブリングでは何度もクラス優勝経験がある。ツーリングカーレースは初となるが、GT カーでの経験から“屋根付き”レースカーの感覚は掴んでいる。愛妻のクラウディアとは昨年の夏に結婚、2 人の子供と共に今年の2 月からコンスタンス湖のスイス側に在住。シーズンの目標:「DTM での自己の地位を築く」

アレクサンドレ・プレマ-アウディスポーツチームフェニックス / 2006 アウディA4 DTM #17

(25 歳 / フランス出身、星座:おひつじ座)DTM 初参戦。オーシャースレーベンでのテスト走行で最速タイムを出し、DTM 関係者を驚かせた。GP2 クラスでは、F1 ドライバーのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンの元チームメイトで、レースでは彼ら同様の速さを見せる。モットーは「全力で挑む」。現在は恋人のクレオと共にパリの郊外に在住。シーズンの目標:「レースで勝利し、アウディのDTM タイトル奪取に貢献する」

マイク・ロッケンフェラー-アウディスポーツチームロズベルグ / 2006 アウディA4 DTM #11

(23 歳 / ドイツ出身、星座:さそり座) アウディのファクトリードライバーの中では最年少。ドイツのノイヴィートに生まれ、現在はスイスのコンスタンス湖の湖岸に住む。恋人の名前はスザンヌ。ポルシェのスクール「スター・オブ・トゥモロー」の出身で、18 歳の若さでファクトリードライバーとなる。数々のレースで勝利を収め、今年からDTM へステップアップする。シーズンの目標:「できるだけ多くのことを学び、2006 年スペックモデルでベストドライバーになる」

ティモ・シャイダー-アウディスポーツチームアプトスポーツライン / 2007 アウディA4 DTM #8

(28 歳 / ドイツ出身、星座:さそり座)1 年間のブランクを除き、2000 年から連続でDTM に参戦。昨年は2005 年スペックのA4 でベストドライバーとなり、今年は最新の2007 年スペックのアウディA4 DTM での参戦となる。フォーミュラカーレースの出身。ドイツのラーンシュタインに生まれ、フィアンセのヤスミンと息子のロリスと共に、オーストリアのコンスタンス湖の傍のアルタッハに在住。趣味は山に行くことと、「全てを忘れられる」と語るモタードバイクに乗ること。シーズンの目標:「少なくとも1 勝し、アウディのDTM タイトル奪取に貢献する」

マルティン・トムツィク-アウディスポーツチームアプトスポーツライン / 2007 アウディA4 DTM #4

(25 歳 / ドイツ出身、星座:いて座)2001 年当時は、DTM ドライバー中で最年少ドライバーだったが、デビュー当時から速さには定評があった。2006 年には初優勝を飾り、総合4 位、アウディドライバーとして2 位の成績を残す。現在は故郷のローゼンハイムに暮らし、趣味はプレイステーション。シーズンの目標:「上位3 位以内に入ること」

アダム・キャロル-フューチャーコムTME / 2005 アウディA4 DTM #20

(24 歳 / イギリス出身、星座:さそり座)北アイルランドのポータダウンに生まれ、現在はノーザンプトンに在住。ホンダのF1 テストドライバーだった経験を持ち、この3 年はGP2 シリーズに参戦していた。フォーミュラでの7 年の経験の後、ツーリングカーは初めてとなる。今もF1 ドライバーを目標としており、そのためにはDTM は非常に良い経験になると考えている。個人的にアウディS3 を所有し、走行距離は10 万マイルにもなる。シーズン目標:「あらゆる可能性から最大限を発揮する」

※レース結果は省略させて頂きました

|

« ALMS:アウディ ジャパン・プレスリリース 第4戦ヒューストン | トップページ | DTM:クリステンセン退院 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第1戦ホッケンハイム:

« ALMS:アウディ ジャパン・プレスリリース 第4戦ヒューストン | トップページ | DTM:クリステンセン退院 »