« ALMS:ホンダリリース 第4戦ヒューストン | トップページ | EF3:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 第1戦ホッケンハイム »

2007年4月23日 (月)

NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第8戦フェニックス

平成19年4月23日
トヨタ自動車(株)
モータースポーツ推進室
NASCAR NEXTEL CUP SERIES
第8戦 Subway Fresh Fit 500
開催日:4月21日

決勝出場3台の“トヨタ カムリ”苦戦。最上位29位

写真
最後尾から猛追を見せたD.ジャレット

 4月21日(土)米国南西部アリゾナ州エイボンデールのフェニックス・インターナショナル・レースウェイでNASCARネクステル・カップ・シリーズ第8戦「Subway Fresh Fit 500」が行われた。

 4月19日(木)に行われた予選では、3台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進出。“トヨタ カムリ”勢の予選最高位はD.ブレイニーで11番手であった。

決勝レースは、ナイトレースとして開催され、カクテルライトに照らされる中、出走43台がスタート。

 11番手スタートのD.ブレイニーは中団でのバトルを繰り広げ、25位を走行していたが、ゴールを前にした283周目、ピットインしようとした際にスピンを喫しクラッシュ。無念のリタイアとなってしまった。

 “トヨタ カムリ”勢最高位は、最後尾43番手からスタートを切ったD.ジャレット。果敢な追い上げを見せ29位でチェッカーを受けた。

 また、D.ロイティマンは32位であった。次戦第9戦は4月29日(日)アラバマ州のタラデガ・スーパースピードウェイで行われる。


ドライバー D.ブレイニー:
「何が起こったかわからない。私はピットロードへ向かおうとしており、それを示すために進路を変えたが、周りは私に気付かなかったようで、接触され、スピンしてしまった。25位を走っていただけに、最後まで走り切れず残念だ」

第8戦 Subway Fresh Fit 500 決勝結果
順位
予選
No.
ドライバー名
車種
周回
1
1
24
J.ゴードン シボレー
312
2
9
20
T.スチュワート シボレー
312
3
3
11
D.ハムリン シボレー
312
29
43
44
D.ジャレット トヨタ カムリ
309
32
25
00
D.ロイティマン トヨタ カムリ
309
39
11
22
D.ブレイニー トヨタ カムリ
281

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 ポイント
36
D.ジャレット
548
38
D.ブレイニー
523
41
B.ヴィッカーズ
425
43
D.ロイティマン
281
49
J.メイフィールド
109
50
AJ.アルメンディンガー
92
54
M.ウォルトリップ*1
-27
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1
シボレー
69
2
フォード
49
3
ダッジ
34
4
トヨタ
24

※結果及びポイントは暫定
*1規則違反により年間獲得ポイントから100ポイント減算


NASCAR BUSCH SERIES
第9戦 Bashas' Supermarkets 200
開催日:4月20日

3台の“トヨタ カムリ”がトップ20フィニッシュ

写真
ピット競争を繰り広げるJ.リフラー(前)とD.ブレイニー(後)

 4月20日(金)フェニックス・インターナショナル・レースウェイでNASCARブッシュ・シリーズ第9戦「Bashas' Supermarkets 200」が行われた。

 このレースには3台の“トヨタ カムリ”が出場し、D.ロイティマンが6番手、J.リフラーが8番手、D.ブレイニーが13番手といずれも好ポジションからのスタートとなった。

 13番手スタートのD.ブレイニーは、序盤からD.ロイティマンと共にトップ10でのバトルを展開するが、94周目のイエローコーション時のピットインで遅れ、23位と大きく順位を落としてしまう。

 しかし、そこから激しい追い上げを見せたD.ブレイニーは“トヨタ カムリ”勢最上位の10位でフィニッシュ。D.ロイティマンが12位、J.リフラーは18位であった。

 次戦第10戦は4月28日(土)タラデガ・スーパースピードウェイで行われる。

ドライバー D.ブレイニー:
「レース序盤、10位から12位あたりにつけていたが、ハンドリングが完全ではなく、それ以上のポジションは狙えなかった。中盤、ピットストップで大きく遅れ、20位以降まで後退してしまった。しかし、最後のピットイン後はとても良い状態となり、多くのライバルをパスしてポジションを上げることが出来た。10位という結果には満足している」

第9戦 Bashas' Supermarkets 200 決勝結果
順位
予選
No.
ドライバー名
車種
周回
1
2
2
C.ボウヤー シボレー
200
2
3
17
M.ケンセス フォード
200
3
4
29
J.バートン シボレー
200
10
13
32
D.ブレイニー トヨタ カムリ
200
12
6
99
D.ロイティマン トヨタ カムリ
200
18
8
38
J.リフラー トヨタ カムリ
200

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 ポイント
2
D.ブレイニー
1101
5
D.ロイティマン
1034
14
J.リフラー
852
91
M.ウォルトリップ
34
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1
シボレー
64
2
フォード
60
3
ダッジ
38
4
トヨタ
36
※結果及びポイントは暫定



|

« ALMS:ホンダリリース 第4戦ヒューストン | トップページ | EF3:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 第1戦ホッケンハイム »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第8戦フェニックス:

« ALMS:ホンダリリース 第4戦ヒューストン | トップページ | EF3:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 第1戦ホッケンハイム »