« NASCAR:Rd.21ポコノ レース結果 | トップページ | IRL:ホンダ・リリース 第13戦ミシガン »

2007年8月 6日 (月)

GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 第12号 GP2第7戦ハンガロリンク

Tdplogo 2007年8月6日
トヨタ自動車(株)
モータースポーツ推進室

TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 第12号

GP2第7戦ハンガリーの第1レースで中嶋一貴が最高位2位獲得 

GP2
第7戦:
 GP2シリーズの第7戦が8月3日(金)から8月5日(日)にかけて、ハンガリーのハンガロリンクで、F1第11戦ハンガリーGPの併催レースとして行われた。
 3日(金)正午から予選に先立って行われた公式練習では、4戦連続表彰台獲得中の中嶋一貴が2番手タイムをマークする好調ぶりを見せた。続いて午後4時から行われた予選では、中嶋一貴は狭く、1周の短いコースでクリアラップが取れず、4列目8番手グリッドとなり、平手晃平は20番手と苦しいスタートとなった。

 4日(土)午後4時から行われた第1レースでは、8番手スタートの中嶋一貴がこのレースでも早めのピットイン作戦を採り、着実に上位へと浮上。レース終盤には2位までポジションを上げ、首位を行くA.キャロルと攻防戦を繰り広げたが、狭く、追い越しの難しいハンガロリンクで、惜しくも首位逆転には至らず。それでも、自己最高となる2位表彰台を獲得。これで中嶋一貴は第5戦イギリスラウンドから、5レース連続での表彰台獲得となった。一方、平手晃平は20番手と後方スタートながら、セーフティカーも導入される荒れたレースで着実に追い上げ、11位でチェッカーを受けた。
 5日(日)午前10時から行われた第2レースでは、第1レースの結果から、上位8台のみ逆順でグリッドが決定されるため、第1レースを2位でフィニッシュした中嶋一貴は7番手からスタート。しかし、他車との接触を喫し、その後はドライブスルーペナルティを受けて後退。さらに、接触時に車体にダメージを負ったことが発覚し、レース途中での戦線離脱を余儀なくされた。平手晃平は、11番手スタートから一つポジションを上げ、10位でレースを終えた。中嶋一貴にとって、第2レースは無念の結果となったが、今大会の結果、8ポイントを追加し、ランキングで4位へと浮上した。

ドライバー
車番
第7戦ハンガリー
第7戦終了時の
ポイントランキング
第1レース
第2レース
グリッド
決勝
グリッド
決勝
中嶋一貴(DAMS)
22
8番手
2位
7番手
リタイア
4位(33ポイント)
平手晃平(Trident)
12
20番手
11位
11番手
10位
15位(9ポイント)

|

« NASCAR:Rd.21ポコノ レース結果 | トップページ | IRL:ホンダ・リリース 第13戦ミシガン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 第12号 GP2第7戦ハンガロリンク:

» GP2第7戦ハンガリーGP決勝レース2 [F1 2007]
第7戦ハンガリーGP決勝レース2が終了した 優勝は、ビラ 2位にはレース1で優勝 [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 18時15分

» 中嶋、平手、小林 結果 [本質 トヨタMS]
中嶋一貴GP2第2レース7番手からのスタートで、残念ながらリタイア。他者との接触 [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 23時02分

« NASCAR:Rd.21ポコノ レース結果 | トップページ | IRL:ホンダ・リリース 第13戦ミシガン »