« ALMS:アウディジャパン・リリース 第9戦モスポート | トップページ | CCWS:フェニックス戦キャンセルに »

2007年8月29日 (水)

ALMS:ホンダリリース 第9戦モスポート

2007年8月28日

アンドレッティ・グリーン・レーシングがLMP2クラスの3位表彰台を獲得

アメリカン・ルマン・シリーズ第9戦モスポートEt070828001l

■開催日   : 8月26日(日)
■開催地   : カナダ・オンタリオ州ボーマンビル
■サーキット : モスポート・インターナショナル・レースウェイ
■コース全長 : 3.9km

 (C)Honda Motor Co Ltd.

 アメリカン・ルマン・シリーズ第9戦のモスポート・グランプリで、#26 XMサテライトラジオ・アキュラARX-01を駆るマリーノ・フランキッティ/ブライアン・ハータ組(アンドレッティ・グリーン・レーシング)が素晴らしい走りを見せた。ヒューストンに次ぐシーズン2勝目を狙うフランキッティとハータは、シリーズを席巻するペンスキー・ポルシェに対しロードコースであるモスポート・インターナショナル・レースウェイの序盤2.45マイルで見事な追撃を見せた。フランキッティとハータは、ペンスキーチームのマシンと接近戦を繰り広げながら、2時間45分に及ぶレースを闘い、最終的にLMP2クラス3位でゴールした。レースは、ティモ・ベルンハルト/ロマン・デュマ組(ペンスキー・ポルシェ)の勝利により、ペンスキー・ポルシェは7戦連続優勝を飾った。

Et070828003l  マリノ・フランキッティ

  スタート時、フランキッティは前を走るロマン・デュマと1時間にわたり接近戦を
繰り広げたが、電気系のトラブルによってペンスキー・チーム追撃のチャンスを逸
した。フランキッティのマシンはダッシュボードを破損し、トラクションコントロ
ール、エンジン回転数とシフトタイミングが表示されない状態となった。しかしな
がら、フランキッティとハータはペンスキー・ポルシェの2台に次ぐ3位表彰台を獲
得する走りを見せた。

Et070828005l  エイドリアン・フェルナンデス

 #15 ロウズ・フェルナンデス・ローラB06/40は終盤まで3番手を走行していたが、
他車との接触がルイス・ディアス/エイドリアン・フェルナンデス組の猛追を阻んだ。
接触時に壊れた他車の部品がマシンのフロントウイングにスタックし、ハンドリン
グが悪くなる結果となった。ピットストップ時に、クルーがその破損部品を取り除
き、フェルナンデスは8番手からLMP2クラス6位に浮上しゴールした。

Et070828009l  ステファン・ヨハンソン

 最も苦しい展開となったのは#9 ハイクロフト・レーシングのステファン・ヨハン
ソン/デイビッド・ブラバム組だった。ライムロックとロードアメリカでの表彰台か
ら、ベテランペアはペンスキー・ポルシェとアンドレッティ・グリーン・レーシン
グとのモスポートでの戦いに準備を整えていた。総合2番手を走っていたが、かつて
のF1スターでありルマンを制したヨハンソンは、後続のGT-2ポルシェに第2コーナー
で接触された。ヨハンソンはマシンをなんとかピットに戻すことはできたものの、
リアサスペンションのダメージが深刻でその後のレース続行は不可能だった。最終
的にリタイアであったが、ヨハンソンとブラバムは、現在LMP2クラスのポイントで
3番手につけている。

 第10戦は、9月1日(土)にミシガン州デトロイトで開催される。

■アンドレッティ・グリーン・レーシング:LMP2クラス3位(総合5位)
ブライアン・ハータ(Bryan Herta)
「また表彰台に上がれたことは今後のレースへの弾みにもなり、とてもうれしい。
電気系のトラブルがあり、それに伴いペナルティーも科せられたが、マリーノ(フラ
ンキッティ)はレース序盤で先頭集団と共に走る素晴らしいレースをしてくれた。
トラブルがあったにもかかわらず、終盤も同じペースもしくはそれ以上の走りがで
きていた。このレースではよい面を十分に出すことができた。あらかじめコースで
テスト走行ができることはとても重要であり、それがチームにとって鍵となってい
る。この新しい車をテストする時間がもう少し必要だ。我々はダッシュボードの表
示を失っていたが、より速い走りを可能にする何かが欠けていた。しかし、全体と
して、マシン、スタッフ、そしてスピードには満足している。来週のデトロイトで
は更に期待が持てるマシンの仕上がりになるだろう。」

マリーノ・フランキッティ(Marino Franchitti)
「今日のXMアキュラは最高だった。ペンスキー・ポルシェに対する対策が採れてい
たと思う。しかし、電気系のトラブルにより、立て直しに数周を要してしまった。
ダッシュボードの表示が失われていたにもかかわらず、(ロマン・)デュマに対し一
貫した走りをしていた。我々のマシンはより速かったが、実際に追い抜くことはと
ても難しかった。しかし、レース序盤で我々は可能性に賭けて攻めた。今日のシャ
シーは素晴らしく、アンドレッティ・グリーン・レーシングのスタッフは完璧な車
に仕上げていた。トラブルに耐え、再び表彰台を獲得できたことはチームの努力の
賜物だ。ブライアンの3位フィニッシュの懸命な走りを誇りに思う。新たな自信と
共に来週のデトロイトに臨むことができる。」

■ロウズ・フェルナンデス・レーシング:LMP2クラス6位(総合8位)
エイドリアン・フェルナンデス(Adrian Fernandez)

「よいレースだったと思う。ウォームアップで生じたトラブルを修正し、レースで
のマシンの仕上がりはとてもよかった。ルイスがよい走りをしてくれた後でハンド
ルを握り、ペンスキー・ポルシェの2台に次ぐ3位につけていた。しばらくの間順調
かと思われたが、1台を追い抜く際、左のフェンダーがそのマシンに触れ、破損した
部品がマシンにスタックした状態になった。その後、右に曲がれず大きな抵抗を受
け、ピットインせざるを得なかった。オイル交換だけではなく、タイヤにかかった
負担によりタイヤ交換をしなければならなかった。そのピットイン後、マシンは生
き返ったが、時間のロスは挽回できなかった。少なくともマシンから部品を取り除
くために10秒の時間を要した。アメリカン・ルマンのレースは難しく、接近戦が重
要になる。今日のレースはそれを物語っており、ピットストップがレースを左右し
た。しかし、よいレースができ、パフォーマンスには満足している。」

ルイス・ディアス(Luis Diaz)
「レース序盤、特に接近戦で消極的になっていた。ペンスキー・ポルシェとステフ
ァン(ヨハンソン)と共によいポジションにつけていた。マシンはとてもよく、快適
な走りができていた。表彰台にふさわしいマシンの仕上がりだった。しかし不幸に
も、他車の破損部品をマシンのフロントウイングで拾ってしまい、序盤の走りがで
きなくなってしまった。その部品除去にピットで長い時間を要した。#6 ポルシェ
と競るレースができるマシンコンディションを持続させ、インディ・ライツでレー
ス経験のあるデトロイトに臨みたい。」

■ハイクロフト・レーシング:リタイア
ステファン・ヨハンソン(Stefan Johansson)

「#73 ポルシェがインサイドポジションで第2コーナーに入り、通常プロトタイプ
のマシンがGTカーに対する走りと同様、アウトサイドからの追い越しをかけた。し
かし、ポルシェがマシンの左後部に接触した。何が起こったのか分からなかった。
かなり激しい接触を受けた。スタッフはリアサスペンションを修理しようとしたが、
破損は激しくレースを続行することはできなかった。ペンスキー・ポルシェと競っ
ていただけにとても残念だ。ハイクロフト・アキュラはとても力強いマシンであり、
スタッフとアキュラにとっては辛抱所だ。」

デイビッド・ブラバム(David Brabham)
「よいマシンだっただけに、ステファンとチームに対して申し訳なく思う。決勝レ
ースで走る機会がなかったが、ステファンは堅実にラップを刻んでおり、ペンスキ
ーチームと競るレースができたはずだった。」

   写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« ALMS:アウディジャパン・リリース 第9戦モスポート | トップページ | CCWS:フェニックス戦キャンセルに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:ホンダリリース 第9戦モスポート:

« ALMS:アウディジャパン・リリース 第9戦モスポート | トップページ | CCWS:フェニックス戦キャンセルに »