« NASCAR:2008年スプリントカップ・カレンダー | トップページ | A1GP:バディ・ライス、USAチームの正ドライバーに »

2007年9月27日 (木)

DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第9戦バルセロナ

Audilogo Press Information
アウディ ジャパン株式会社 広報部
2007 年9 月27 日

モータースポーツ No.22/ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)

アウディ、公正なタイトル決定を望む

【第9 戦 :カタルーニャ(スペイン)】
• バルセロナで行われた第9 戦は大荒れ
• アウディ、全マシンをレースから撤収
• マティアス・エクストローム、総合ポイントでのリードを保持

2007 年DTMタイトル争いの決着は、10 月14 日のホッケンハイムでのフィナーレに持ち越されました。バルセロ
ナ(スペイン)近郊にあるサーキット・デ・カタルーニャでの第9戦は、集まった42,000 人の観衆が見守る中、タイト
ル争い候補のマティアス・エクストローム、マルティン・トムツィクを含むアウディドライバーが、メルセデスドライバ
ーにより次々とコースアウトさせられる大荒れのレースとなりました。事態のエスカレートを恐れたアウディは、レ
ース途中で7 台のマシン全てを撤収する決定を下しました。

予選で最速タイムを出したマルティン・トムツィクは、スタート直後からトップを走行していましたが、7 ラップ目で2
度のF1 ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンによってコース外に弾き出されてしまいます。その後、トムツィク
は11 位でレースに復帰しますが、その接触によるラジエーターのダメージにより、リタイアとなりました。
ポイント争いトップのマティアス・エクストロームは10 番手スタートから6 位に順位を上げ、1 回目のタイヤ交換後
も好調に走行していましたが、ダニエル・ラ・ローサをオーバーテイクする際に、まだピットインしていないラ・ロー
サに激しく接触され、トムツィク同様リタイアとなりました。
トム・クリステンセンは、オープニングラップでメルセデスドライバーのゲイリー・パフェットによりスピンさせられ、さ
らにティモ・シャイダーと3 位を走行していたマイク・ロッケンフェラーも、メルセデスドライバーによってコースアウ
トさせられました。これらの事態を受け、アウディモータースポーツ代表ヴォルフガング・ウルリッヒは、アウディ
AG取締役会会長であるルパート・シュタートラーと協議の上、走行中のマシン7 台を全てレースから撤収すること
により、フェアなレースを呼びかけるメッセージを表明しました。
アウディ スポーツ チームアプトスポーツラインのチームガレージでレースを観戦していたルパート・シュタートラ
ーは、「今日コース上で起きた事は、全く受け入れられるものではない。ホッケンハイムまでには感情も落ち着き、
ファンの皆様にはフェアなスポーツとしてのDTM フィナーレをお見せできるという想定で準備を進めている。我々
は引き続きDTMに深く関わっていくつもりだが、変えなければいけない点もあるだろう。」とコメントしました。

【アウディチーム首脳のコメント】
Dr. ヴォルフガング・ウルリッヒ (アウディ モータースポーツ代表)

今日は接戦ではあるが、フェアなレースであってほしかった。メルセデスドライバーは、あらゆる機会でアウディマ
シンをレースから排除しようとした印象を持たざるを得ない。これは我々がモータースポーツに関わるにあたり、
望んでいるスタイルではない。我々はフェアなバトルを見たいのであって、今日のようなレースとは全く異なる。こ
れがアウディマシン全てを引き上げた理由だ。これは容易な選択ではなく、もちろんポイントやタイトル争いにも大
きく影響するが、我々はフェアなモータースポーツを切望するという明確なメッセージを送りたかった。

【DTM 第9 戦までのドライバーズポイント】
1. マティアス・エクストローム (Red Bull アウディ A4 DTM) 44ポイント
2. ブルーノ・シュペングラー (メルセデス) 42ポイント
3. マルティン・トムツィク (Red Bull アウディ A4 DTM) 40ポイント
4. ポール・ディ・レスタ (メルセデス) 31 ポイント
5. ベルント・シュナイダー (メルセデス) 27.5ポイント

|

« NASCAR:2008年スプリントカップ・カレンダー | トップページ | A1GP:バディ・ライス、USAチームの正ドライバーに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第9戦バルセロナ:

« NASCAR:2008年スプリントカップ・カレンダー | トップページ | A1GP:バディ・ライス、USAチームの正ドライバーに »