« IRL:ホンダリリース 第16戦ベル・アイル・パーク | トップページ | FIA-GT:第7戦アドリアは夕暮れどきのレースに »

2007年9月 4日 (火)

GP2:2008年マシン、ポールリカールでテスト

2007年8月ポールリカールGP2テスト (C)GP2 Media Service 拡大します

8月29日と30日にフランスのル・キャステル、ポ-ルリカールHTTTサーキットで、GP2の2008年マシンの2回目のテストが行われた。 

 

Zp9o0275 前回6月のシェイクダウンでステアリングを握ったネルソン・アンジェロ・ピケがモンツァでのルノーF1のテストを行っているため、今回はフランスのオリビエ・プラがテストを担当した。

 オリビエ・プラ (C)GP2 Media Service

このテストでは、マシンのベースセットアップを完成し、新しい電子制御システムと空力デバイスが試された。2日間のテストでマシンには大きな問題は出なかったとされている。GP2シリーズの技術部長であるDidier Perrinによれば、前回のテストでマシンの高性能は分かっていたので、今回は新しいカーボンクラッチや2008年のエンジンECUとギアボックスなど、各システムの開発に集中することが出来たとしている。ポールリカールHTTTでは、マシンの走行距離を稼ぐ良い機会であり、サスペンションの作動を確かめるため故意にコーナーの縁石を飛び越えるテストも行ったという。

次回のテストではレースシミュレーションと同時に、新しいオンボードによるコースのマーシャルシステムと2008年スペックのステアリングホイールなどについて、2007年のシーズン終了後に行われる予定となっている。

|

« IRL:ホンダリリース 第16戦ベル・アイル・パーク | トップページ | FIA-GT:第7戦アドリアは夕暮れどきのレースに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:2008年マシン、ポールリカールでテスト:

» 【F1ニュース】F1 クルサード、マスコミを批判 [F1GPニュース・動画WEB]
当店オリジナル 1/43 ミニチャンプスレッドブル RB1 STAR WARS#14 D.クルサード モナコGPF1 : メディアを批判するクルサードTopNews★レース速報デビッド・クルサード(レッドブル)は、F1ドライバーとファンたちの関係を崩壊させている原因はメディアにあると考えているようだ。 モータースポーツの最高峰であるF1は近年、より独占的なスポーツになりつつあることで有名だ。現役F1ドライバー最年長のクルサードは .... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 21時14分

« IRL:ホンダリリース 第16戦ベル・アイル・パーク | トップページ | FIA-GT:第7戦アドリアは夕暮れどきのレースに »