« LMS:Rd.7(最終戦)インテルラゴス 予選結果 | トップページ | CCWS:Rd.14メキシコシティ 予選1回目結果 »

2007年11月 9日 (金)

NASCAR:ホーニッシュも2008年NASCARフル参戦へ

8sp_0792  サム・ホーニッシュJr.  -2006- Indy500 Winner (C)IRL Media

11月8日、サム・ホーニッシュJr.がAP通信に2008年はNASCARへフル参戦することを明らかにした。ホーニッシュはチームペンスキーのNo.77 ダッジをドライブすることになるが、正式な発表は今週末にされることになっている。
これによりホーニッシュはダリオ・フランキッティとともにIRLから去ることになる。2006年2007年のIRLシリーズチャンピオンであり、インディ500の優勝者の2人がいずれもNASCARへと転向することになった。

IRLシリーズで3回のチャンピオンとなりインディ500も制したホーニッシュは、インディカーではほとんどのことを達成してしまったと感じており、新たな挑戦の舞台としてNASCARへの転向を決めたという。

チームペンスキーでは、カート・ブッシュとライアン・ニューマンのチームメイトとして3台目のマシンをドライブすることになる。ただ、ホーニッシュのマシンにはオーナーズポイントが無く、今年出場したネクステルカップの6戦ではいずれも予選通過を果たせていない。
そのため、チームでは2008年はオーナーズポイントを持つブッシュのマシンと交換することも考えているといわれている。2004年のネクステルカップチャンピオンのブッシュは、チャンピオンズ・プロビジョナル(チャンピオン経験者に優先的にグリッドを保証する予選システム)により、これにより少なくとも2008年の最初の5戦は両者とも決勝出場を果たすことが出来るようになる。

昨年チップ・ガナッシからNASCARデビューしたファン・モントーヤも、オーナーズポイントのあるマシンにより今年の序盤からグリッド確保の心配が無く、そのことが成功の一要因であるとホーニッシュは語る。ペンスキーがマシンの交換をするかどうかはまだ未定であるものの、そうなった場合ホーニッシュはその恩恵を受けるつもりであるという。

|

« LMS:Rd.7(最終戦)インテルラゴス 予選結果 | トップページ | CCWS:Rd.14メキシコシティ 予選1回目結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:ホーニッシュも2008年NASCARフル参戦へ:

« LMS:Rd.7(最終戦)インテルラゴス 予選結果 | トップページ | CCWS:Rd.14メキシコシティ 予選1回目結果 »