« NASCAR:モントーヤ、ネクステルカップ新人賞を獲得 | トップページ | A1GP:ユーン、カヌーレースで幸先の良い勝利 »

2007年11月22日 (木)

ROC:2007年レースオブチャンピオンズのマシンとドライバー

Roc_152  ルネ・アルヌー&ルノーRS01  -2005- Race  of Champions (C)ROC

12月16日、ロンドンのウェンブリースタジアムで行われるレースオブチャンピオンズ(ROC)には、現在まで以下のドライバーの参加が決まっている。カッコ内はネーションズカップチーム名。

・7回のフォーミュラワン界チャンピオン、ミハエル・シューマッハ (ドイツ)
・フォーミュラワンスター、ジェンソン・バトン (イングランド)
・3年連続世界ツーリングカーチャンピオン、アンディ・プリオール(イングランド)
・レッドブル・レーシング、デービッドクルサード (スコットランド)
・4年連続チャンプカーチャンピオン、セバスチャン・ボーデ (フランス)
・7回のルマン勝者、トムクリス・テンセン (スカンジナビア)
・2007年DTMチャンピオン、マティウス・エクストロウム(スカンジナビア)
・2007年NASCARチャンピオン、ジミー・ジョンソン(アメリカ)
・8回のX-ゲームチャンピオン、トラヴィス・パストラーナ (アメリカ)
・2回のワールドラリーチャンピオン、マーカス・グロンホルム(フィンランド)
・ルノーF1チーム、ヘイキ・コバライネン(フィンランド)
・スクーデリア・トロ・ロッソF1チーム、セバスチャン・ベテッル(ドイツ)
・1995年イギリスラリーチャンピオン・アリスター・マクレー(スコットランド)
・ワールドツーリングカーチャンピオンシップのスター、イワン・ミューラー(フランス)

今年のROCに選ばれたドライバー達の多くが、その後各カテゴリーでチャンピオンを決めており、レースオブチャンピオンにふさわしい大会となった。

また、ROCでは以下の3種類のマシンによって競われる。

・フォード・フォーカスWRC
0w3h7701  (C)Ford Racing

2年連続でWRCマニファクチャラーズ選手権を獲得したマシン。グロンフォルムは現在ドライバーズチャンピオンシップでセバスチャン・ローブに次いで2位にいる。ROCへはチャンピオンとなって乗り込みたいと意気込む。
1998ccの4気筒自然吸気エンジンは、6,000回転で300馬力を出力。油圧制御された5速ギアボックスで4輪を駆動する。全長4,362mm、全幅1,800mm、重量1,230kg。

・アストンマーチンヴァンテージN24
5c8be2aa611c2  (C)ROC

ニュルブルクリンク24時間レースのために作られたVBヴァンテージのバージョン。2006年ROCではそのパフォーマンスとスリルに富んだアクションは大いに観客を沸かせた。

4300cc のオールアルミ製のV8エンジンからは7,500回転で410馬力を発揮。6速セミオートマのトランスミッションから後輪にパワーを伝える。全長4,380mm、全幅1865mm、重量1,350kg。

・ROCバギー
098_roc  (C)ROC

ROCでドライバーや観客に人気のあるのがこのROCバギー。ニュートラルな操縦特性とコンパクトで軽い車重を生かして、激しいアクションを展開する。
1100cc の4気筒エンジンは9,500回転で170馬力を出力。6速ギアボックスで後輪駆動。全長3,400mm、全幅2,000mm、重量475kg。

ウェンブリースタジアムには80,000人の観客の来場が予想されている。

●プログラム 2008年12月16日
 09:00-11:15 practice session and warm-up
 10:55-11:50 paddock visit open through gate 
 11:30 gates open for rocvipclub guests
 12:00 gates open for general spectators
 13:10-13:40 exhibitions and/or support events
 14:00-16:00 The ROC Nations Cup
 16:10-16:45 exhibitions
 17:00-19:00 The Race of Champions

|

« NASCAR:モントーヤ、ネクステルカップ新人賞を獲得 | トップページ | A1GP:ユーン、カヌーレースで幸先の良い勝利 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROC:2007年レースオブチャンピオンズのマシンとドライバー:

» セバスチャン・ローブが世界ラリー選手権(WRC)4連覇 グロンホルムは引退レース2位に [自動車にまつわるエトセトラ]
世界ラリー選手権(World Rally Championship)・第16戦、ラリー・グレートブリテン・第3レグ。総合3位からスタートしたシトロエンC4(Citroen C4)のセバスチャン・ローブ(Sebastien Loeb、フランス)は、合計3時間24分23秒9を記録して3位でシーズン最終戦を終えました。これにより、ドライバーズポイントを116ポイントに伸ばしたローブは、4年連続となる年間王者に輝くこととなりました。■ラリー・グレートブリテン・総合成績1位:ミッコ・ヒ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 4日 (火) 12時19分

« NASCAR:モントーヤ、ネクステルカップ新人賞を獲得 | トップページ | A1GP:ユーン、カヌーレースで幸先の良い勝利 »