« Grand-Am:Rd.1デイトナ 17時間目途中経過 | トップページ | Grand-Am:Rd.1デイトナ レース結果 »

2008年1月28日 (月)

GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート アジアシリーズ第1戦ドバイ

Tdplogo 2008年1月27日
トヨタ自動車(株)
モータースポーツ推進室

TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 【1月27日号】

新設GP2アジアシリーズに小林可夢偉が参戦
開幕戦UAE第1レースでは最後尾から追い上げて13位フィニッシュ
 

GP2アジアシリーズ 
2008年 GP2アジアシリーズ スケジュール
ラウンド 日付 開催コース(開催国)
第1大会 1/25-26 ドバイ(UAE)
第2大会 2/16-17 セントゥール(インドネシア)
第3大会 3/22-23 セパン(マレーシア)
第4大会 4/5-6 サクヒール(バーレーン)
第5大会 4/11-12 ドバイ(UAE)

 F1直下のカテゴリーとしてF1ドライバーを目指す若手がしのぎを削るGP2シリーズは、主にヨーロッパでのF1GPのサポートレースとして併催されて来たが、2008年より、GP2アジアシリーズとして、アジアのサーキットを舞台とするシリーズも新設された。GP2アジアシリーズはF1開幕前の1月末から4カ国で5大会が開催され、第3戦マレーシアと第4戦バーレーンはF1GPとの併催となる。
 このGP2アジアシリーズには、パナソニック・トヨタ・レーシングのサードドライバーであるTDPドライバー小林可夢偉が、昨年のユーロF3からステップアップして参戦している。

 開幕戦は1月25日(金)、26日(土)にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ・オートドローモで開催。新シリーズの開幕に先立ち、1月19日(土)、 20日(日)と22日(火)、23日(水)の2日間づつ2回、4日間に渡って同コースで合同テストが行われ、小林可夢偉はそれぞれ7番手、14番手につけ手応えを得た。
 25日(金)の予選直前に行われた公式練習では5番手と速さを見せたものの、予選では11番手となり、第1レースへ臨むこととなった。
 25日(金)に行われた第1レースでは、小林可夢偉は11番手グリッドからレースに臨むはずであったが、フォーメーションラップのスタート時に痛恨のエンジンストール。ピットスタートを余儀なくされ、最後尾26番手からの追い上げとなった。しかし、非常に早い段階でのタイヤ交換という作戦を採った小林可夢偉は、迫真の追い上げで前走車をパス。13位でGP2アジアシリーズデビュー戦のフィニッシュを果たした。
 翌26日(土)の第2レースでは、小林可夢偉は13番手グリッドから好スタートを切ったが、その直後に多重接触に巻き込まれ、無念の0周リタイアに終わった。
 次戦第2大会は2月16日(土)、17日(日)にインドネシアのセントゥール・サーキットで開催される。 

ドライバー
車番
第1大会
第1大会終了時の
ポイントランキング
第1レース
第2レース
グリッド
決勝
グリッド
決勝
小林可夢偉(DAMS)
10
11番手
13位
13番手
リタイア
-

|

« Grand-Am:Rd.1デイトナ 17時間目途中経過 | トップページ | Grand-Am:Rd.1デイトナ レース結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート アジアシリーズ第1戦ドバイ:

» GP2アジアシリーズ&スピードカーシリーズ [AllforWIN!Blog館 MotorSports大好き]
今年から開催されるGP2アジアシリーズと、スピードカーシリーズが開幕した。昨年まで使用されていたGP2の旧型シャーシとエンジンを利用しておこなわれるGP2アジアシリーズには、今年GP2にステップアップした小林可夢偉と2006年までGP2に参戦していた吉本大樹が参戦してい...... [続きを読む]

受信: 2008年1月28日 (月) 22時38分

« Grand-Am:Rd.1デイトナ 17時間目途中経過 | トップページ | Grand-Am:Rd.1デイトナ レース結果 »