« BTCC:セアト、BTCCにもディーゼルマシンを投入 | トップページ | ALMS:アストンマーチン、GT2クラスでALMSに参戦 »

2008年1月11日 (金)

GP2:アジアシリーズの一番の課題は輸送

Gp2  (C)GP2 Series

GP2アジアシリーズは今月末ドバイで開幕するが、シリーズディレクターのマルコ・コルデロはアジアシリーズ最大の課題は輸送にあると語っている。

コルデロによれば、ヨーロッパでのGP2シリーズではマシンや機材の移動は各チームが独自に行っているが、アジアシリーズの場合はGP2シリーズが一括してそれを担当することになるという。各イベントでの機材は総重量で80トンに及び、航空機や船便でサーキットへと送り届ける必要がある。
しかし、すでにバーレーンやマレーシアではレギュラーシリーズでの経験があるため、新たに加わったインドネシアやドバイでもその経験を生かし、自分たちの意志とエネルギーと能力でイベントを成功に導く準備はできているとしている。

また、新しく行われるアジアのサーキットで、観客達が生のGP2に接することを待ち望んでいると確信しているという。それがこれまで3年間にわたるGP2シリーズの成功による自信から来るものであると。

■2008年GP2アジアシリーズカレンダー

Rd Date Circuit Country
1 01月26日 ドバイ UAE Grand Racing Weekend
2 02月16日 センチュル インドネシア Grand Racing Weekend
3 03月23日 セパン マレーシア Formula One World Championship Support Event
4 04月06日 サクヒール バーレーン Formula One World Championship Support Event
5 04月12日 ドバイ UAE Grand Racing Weekend

* Grand Racing Weekend はスピードカーシリーズとの併催

|

« BTCC:セアト、BTCCにもディーゼルマシンを投入 | トップページ | ALMS:アストンマーチン、GT2クラスでALMSに参戦 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:アジアシリーズの一番の課題は輸送:

« BTCC:セアト、BTCCにもディーゼルマシンを投入 | トップページ | ALMS:アストンマーチン、GT2クラスでALMSに参戦 »