« LM24:ルマン24時間レース、第1次エントリーを発表 | トップページ | GP2:アジアシリーズ ドバイテスト(1月22日) »

2008年1月22日 (火)

Grand-Am:ジョンソン『デイトナ24時間レースは勝ちに行く』

Story_jjr24  GAINSCO/Bob Stallings Racing (C)Grand-Am

NASCARネクステルカップ2年連続の王者ジミー・ジョンソンは、今月26日に開幕するデイトナ24時間レースで、ぜひとも勝利を獲得すると強い決意で臨んでいる。

ジョンソンがデイトナ24時間レースでの勝利を熱望しているそもそものきっかけは、2006年に友人であるNASCARドライバー、ケーシー・ミアーズが総合優勝を飾ったのを自宅のテレビで見ていたときだたっという。ノースカロライナの自宅のソファでくつろいでデイトナからのテレビを見ていたジョンソンは、このレースに勝ちたいという欲求が湧いてきたという。

2005年にジョンソンは、デイトナで2位となっている。昨年はコーン・レーシングから出場したが総合21位に終わっていた。今年は昨年のシリーズチャンピオン、GAINSCO/Bob Stallings Racingに加わり、アレックス・ガーニー、ジョン・フォーガティ、ジミー・バッサーとの強力なチームを組むことになった。昨年チャンピオンとなったこのチームも、デイトナ24時間レースでは勝ちを逃がしていた。偉大な父、ダン・ガーニーの息子アレックスは昨年ポール・ポジションを獲りながら、レースではGTクラスのマシンと絡んで下位に沈んだ。

チャンピオンチームに加わったジョンソンも気を緩めることなく、厳しい姿勢でレースに臨みたいとしている。昨年は参加しなかった事前テストでマシンの感触を確認している。チームのマシンは、アメリカの保険会社ネットワ-クであるGAINSCOにジョンソンのスポンサー、Lowe'sカラーが加わっている。

|

« LM24:ルマン24時間レース、第1次エントリーを発表 | トップページ | GP2:アジアシリーズ ドバイテスト(1月22日) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grand-Am:ジョンソン『デイトナ24時間レースは勝ちに行く』:

« LM24:ルマン24時間レース、第1次エントリーを発表 | トップページ | GP2:アジアシリーズ ドバイテスト(1月22日) »