« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 2007年アメリカにおけるモータースポーツ活動 | トップページ | EF3:塚越 広大、マノー・モータースポーツからユーロF3へ参戦 »

2008年1月 2日 (水)

IRL:バイオエタノール・コルベット、インディ500のペースカーに

Build_photo_ims  (C)IRL

IRLは2008年の第92回インディ500マイルレースのペースカーに、バイオエタノール燃料のコルベットを使用することを発表した。

インディ500マイルレースのペースカーとして今年30回目の登場となるコルベットは、このレースに2台使用され、そのうちの1台はアメリカ国内で生産された85%バイオエタノールを混合したE85燃料用にカスタマイズされたコルベットZ06コンセプトとなる。このペースカーのドライバーはインディ500で2回優勝しているエマーソン・フィッティバルディがつとめる。

もう1台のペースカーはコルベット30回目のペースカー記念のバージョンで、1978年からのコルベット・ペースカーの歴史として黒と銀のカラーリングを施される。このレプリカモデルは、ケンタッキー州のボーリング・グリーン工場でクーペとコンパーチブルが合わせて500台製造され、すべてにフィッティバルディのサインが入れられる。

フレックスフューエルのコルベットZ06 E85コンセプトは市販を前提に開発されており、GMの高性能モデルのシンボルであるコルベットに採用することで、同社の代替燃料に対する取り組みをアピールする役割を担っている。またGMは、エタノール燃料が普及しているブラジルの英雄であるフィッティバルディがドライブすることは、この計画にマッチしているものだとコメントしている。

第92回インディ500マイルレースは5月25日に決勝レースが行われる。

|

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 2007年アメリカにおけるモータースポーツ活動 | トップページ | EF3:塚越 広大、マノー・モータースポーツからユーロF3へ参戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/17552906

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:バイオエタノール・コルベット、インディ500のペースカーに:

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 2007年アメリカにおけるモータースポーツ活動 | トップページ | EF3:塚越 広大、マノー・モータースポーツからユーロF3へ参戦 »