« EF3:フォルクスワーゲン新たに2人のドライバーと契約 | トップページ | NASCAR:ピット作業ルールを変更 »

2008年1月12日 (土)

LM24:パニス、ルマン24時間でレース復帰

オリビエ・パニス (C)Panasonic Toyota Racing 拡大します

オリビエ・パニスは今年のルマン24時間でレース復帰をすることとなった。パニスはユング・ド・ショーナック率いる Oreca-Matmutのクラージュ・ジャッドによりルマンのLMP1クラスへエントリーした。

2006年いっぱいでF1から引退したパニスは、冬の氷上レース Trophee Androsへ出場したのを除けば、これが本格的なレースへの復帰となる。
1996年モナコGPの優勝者でもあるパニスは、F1から引退した後、技術レベルの高いプロジェクトに関わりたいと考えていたという。オレカプロジェクトは、この目的に完全に一致しており、モチベーションが高く、かつ人間的な情熱をもっているチームへ参加することを決めたという。

A1GPでチームフランスの監督をしている現在41歳のパニスは、6月にサルテサーキットでテストする前にLMSシリーズへ参戦し、バルセロナ、モンツァ、スパ・フランコルシャンでレースに出場する。パニスがドライブするクラージュには現在ガソリンエンジンとしては最強といわれる5.5リッターのジャッドGV V10エンジンが搭載されており、今月中にテストされることになっている。

|

« EF3:フォルクスワーゲン新たに2人のドライバーと契約 | トップページ | NASCAR:ピット作業ルールを変更 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:パニス、ルマン24時間でレース復帰:

« EF3:フォルクスワーゲン新たに2人のドライバーと契約 | トップページ | NASCAR:ピット作業ルールを変更 »