« GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第2戦センチュル | トップページ | DTM:ラルフのDTM参戦が決定 »

2008年2月18日 (月)

GP2:トヨタモータースポーツニュース 第2戦インドネシア

Tdplogo

2008年2月18日
トヨタ自動車(株)
モータースポーツ推進室

TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 【2月18日号】
GP2アジアシリーズ第2戦インドネシア

小林可夢偉はトラブルで苦戦 

GP2アジアシリーズ 
 GP2アジアシリーズの第2戦がインドネシアのセントゥール・サーキットで2月16日(土)、17日(日)の2日間開催された。
 フランスのDAMSチームから同シリーズに参戦しているTDPドライバー小林可夢偉は、3週間前にドバイで行われた開幕戦で13位/リタイアという結果に終わっており、雪辱を期してインドネシア戦へと臨んだ。
 インドネシアの首都ジャカルタ近郊のボゴールに位置するセントゥール・サーキットは、過去には二輪の世界GPが行われたこともあり、四輪ではA1GPやアジアF3選手権などが行われている、コース幅が広く、ハイスピードなコースである。
 16日(土)の午前中行われた公式練習では、小林可夢偉はオーバーヒート症状に見舞われ、苦戦。また、公式練習の僅か1時間10分後に予選が迫っており、メカニックは懸命な作業で原因究明と修復に当たった。しかし、症状は余り改善されず、結局エンジン交換を強いられ、更に時間を費やすこととなった。そのため、小林可夢偉の予選走行開始は遅れることとなり、不運にも、アタックを始める時に降雨に見舞われるなど、タイムアップはならず、第1レースは23番手グリッドとなった。
 午後3時半からの第1レースでは、小林可夢偉はスタート前のフォーメーションラップ走行中に再びオーバーヒート症状に見舞われ、そのままピットへ。コース復帰は叶わず、第1レースはレースをスタート出来ずに終えることとなった。
 翌17日(日)午後1時からの第2レースは、スタート前に雨が降り始める難しいコンディション。23番手グリッドと後方スタートを強いられた小林可夢偉は、天候が回復することを期待して、ドライタイヤでレースを開始。しかし、雨はなかなか止まず、荒れた展開にレース周回数も予定より短縮されるなど、不運もあり、小林可夢偉は雨の止んだ終盤に追い上げを見せたが、15位に終わった。
 次戦第3大会は3月22日(土)、23日(日)にマレーシアのセパン・サーキットで、F1第2戦マレーシアGPの併催レースとして開催される。

ドライバー
車番
第2大会
第2大会終了時の
ポイントランキング
第1レース
第2レース
グリッド
決勝
グリッド
決勝
小林可夢偉(DAMS)
10
23番手
スタートせず
23番手
15位
-

|

« GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第2戦センチュル | トップページ | DTM:ラルフのDTM参戦が決定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:トヨタモータースポーツニュース 第2戦インドネシア:

« GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第2戦センチュル | トップページ | DTM:ラルフのDTM参戦が決定 »