« CCWS,IRL:合弁交渉が暗礁に | トップページ | LMS:2008年フルシーズンエントリーリスト »

2008年2月12日 (火)

GP2:Qi-メリタス・マハラ、セパンでテスト

Qi-Meritus Mahara セパンテスト (C)Qi-Meritus Mahara 拡大します

GP2アジアシリーズ開幕戦で、チーム緒戦にもかかわらず好成績を残したQi-メリタス・マハラは、2月9日地元セパンサーキットでプライベートテストを行った。

先日ホンダF1チームのテストドライバーとなったルカ・フィリッピは、ドバイでの開幕戦では第1レース5位だったが、第2レースでは2位を走行中ギアボックスが壊れてリタイヤとなっていた。

ルカ・フィリッピ「ドバイではトップグループでレースをすることはできなかったが、第1レースを終えたところで自信を持った。ギアボックスが壊れたことは残念だったが、次のインドネシアからは表彰台の一角を狙って全力を尽くす。セパンサーキットはこれまで走ったことがなかったが、トラックはとても印象的で難しいものだった。レイアウトの感触を掴むために5~6ラップかかる上に、40ラップ以上した後でもサーキットは本当にチャレンジングで、まだ難しいところがある。ここはチームの地元で、テストの経験をさせてくれた。3月にここでレースするときは、地元のファンの期待を裏切らないようにしたい。狙いは表彰台だが、セパンで優勝することが出来れば素晴らしいことだ」

また、ドバイのレースで6位と4位に入ったチームメイトの吉本 大樹は「チームはデビュー戦にもかかわらず、とてもうまくまとまっていた。ドバイでは期待以上のチームランキング3位となって、チームの持っている力を示すことが出来た。われわれはもっと良くなることができると確信している」とコメントしている。

9日のテストでは、Qi-メタリス・マハラの創設者であり代表のピーター・トンプソン、ディレクターのFirhat Mokhzani、Qiのグループディレクター、製品開発のヨアヒム・ステフェンと専務取締役Pathman Senathirajahが立ち会って行われた。

セパンでのGP2第3ラウンドは、3月23日にF1マレーシアGPのサポートレースとして行われる。

|

« CCWS,IRL:合弁交渉が暗礁に | トップページ | LMS:2008年フルシーズンエントリーリスト »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:Qi-メリタス・マハラ、セパンでテスト:

« CCWS,IRL:合弁交渉が暗礁に | トップページ | LMS:2008年フルシーズンエントリーリスト »