« IRL:Rd.1ホームステッド予選、ディクソンがポール獲得 | トップページ | Speedcar:ビルニューブ、スピードカーシリーズへ参戦 »

2008年3月29日 (土)

IRL:ホンダリリース 第1戦ホームステッドテスト予選

2008年3月29日

開幕戦のポールポジションはスコット・ディクソンが獲得
武藤英紀は9番グリッド

In080328001h  武藤 英紀 (C)Honda Motor Co Ltd.

 2008年のIRL IndyCarシリーズ第1戦は、25台という多くのマシンを集めて華々しく開幕した。今年もシーズン最初のレースの舞台となるのは、フロリダ州マイアミ郊外のホームステッド・マイアミ・スピードウェイ。公式予選が行なわれた今日、サーキットは一日中青空に覆われ、アメリカの最南端に近いとあって初夏のような暖かさとなっていた。

 午前と午後に各1回のプラクティスが行なわれた後、午後6時30分に予選はスタートし、03年シリーズチャンピオンで07年シリーズランキング2位のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)がキャリア9個目のポールポジションを獲得した。

 今シーズンからIndyCarシリーズは予選方式を変え、Indy500と同様に4周連続アタックでの平均スピードで決勝のスターティング・グリッドは決定することとなっている。ディクソンは全長1.5マイルのコースで平均時速213.341マイルを記録し、エド・カーペンター(ビジョン・レーシング)を4周合計において僅かに0.0141秒差で下してポールポジションを手に入れた。

 武藤英紀(アンドレッティ・グリーン・レーシング)は、決勝重視のプログラムをこなしながらもルーキー最速となる予選9位に食い込んだ。レースを睨んだマシンセッティングに大きな手応えを感じている武藤は、明日の決勝では予選以上のパフォーマンスを発揮し、上位フィニッシュを果たそうと意欲を燃やしている。

 今日の予選では2人のドライバーがアクシデントを起こした。その最初はルーキーのジェイ・ハワード(ロス・レーシング)で、2人目は05年以来、3年連続でホームステッドでの開幕戦を制しているダン・ウェルドン(チップ・ガナッシ・レーシング)だった。ハワードはアタック1周目、ウェルドンはアタックに入る直前のウォームアップ・ラップ中にコンクリートウォールにヒット。明日のレースを、ウェルドンは24番グリッド、ハワードは最後尾25番グリッドからスタートする。

■スコット・ディクソン:ポールポジション (平均時速213.341マイル)
4周連続の予選アタックでは速さと安定感を両立させるのが本当に難しい。二人がアクシデントを起こしたのは、その難しさによるものだったと思う。午後のプラクティスで決勝用のセッティングも進めることができた。予選でトップに立てたことも嬉しいが、明日のレースで是非とも勝利を掴みたい。

■エド・カーペンター:予選2位 (平均時速213.311マイル)
合同テストの時からマシンの仕上がりは非常に良く、今日の予選ではトップ5に入れるものと確信していた。213マイル台での周回は可能と考えていたが、最後のラップでマシンのグリップが下がった。それを補うためにコクピット内でセッティング調整を行なったものの十分ではなく、ポールポジションは逃したが、良いシーズンのスタートを切れた。

■A.J.フォイト4世:予選3位 (平均時速212.211マイル)
フロントローにグリッドを獲得できなかったのは残念だが、僕をそこから弾き出したのはチームメイトだったのだから、自分たちのチームとしてのパフォーマンスに満足している。合同テストの時からマシンは調子が良く、予選に向けてのセッティング調整もうまく行った。僕らのチームは2台ともに明日のレースで優勝するだけの力を持っていると思う。チームの初勝利を飾ることができれば最高だ。

■武藤英紀:予選9位 (平均時速211.508マイル)
予選ではトップ10入りを目指していたので、自分の目標はクリアできたと考えています。ただ、マシンの仕上がりが非常に良かったので、予選に向けてはもう少しアグレッシブなセットアップにしても良かったとも思います。4周連続のアタックでは全ラップで安定したタイムを出すのが難しいのですが、ウォームアップも4周の計測ラップも思い切り良く走ることができました。自分としては、計測ラップはあとコンマ1秒か、もう少し速く走れると思っていたのですが、決勝用のセッティングはテストの時から良いものにできているので、明日のレースでは完走、そして上位でのフィニッシュを目指します。

■エリック・バークマン:HPD社長
25台ものインディカーが予選を走るのはとても久しぶりのことで、今日のサーキットは華やかさに包まれていた。IndyCarシリーズに参戦を続けて来ているチームがグリッド上位に並び、今年から新たに参戦を開始したチームが後方グリッドを占めることとなったが、それは準備期間の差によるもので仕方がないと思う。しかし、両者の間にある差が小さいことが今日の予選では明らかとなり、明日行なわれる開幕戦、さらには今シーズンのレースのすべてで激しい戦いが繰り広げられるであろうことを予感させてくれた。

|

« IRL:Rd.1ホームステッド予選、ディクソンがポール獲得 | トップページ | Speedcar:ビルニューブ、スピードカーシリーズへ参戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/40681185

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダリリース 第1戦ホームステッドテスト予選:

« IRL:Rd.1ホームステッド予選、ディクソンがポール獲得 | トップページ | Speedcar:ビルニューブ、スピードカーシリーズへ参戦 »