« ALMS:ホンダリリース 第3戦ロングビーチ | トップページ | IRL:もてぎとロングビーチ後のポイントランキング »

2008年4月21日 (月)

IRL:ホンダリリース 第3戦ツインリンクもてぎ

Honda_3

ダニカ・パトリックが女性としてインディカーで史上初優勝
武藤英紀11位、ロジャー安川14位

In080420001h

2008年4月20日(日)
決勝
会場:ツインリンクもてぎ
天候:曇り
気温:16.6℃

2008年のIRL IndyCarシリーズ第3戦ブリヂストン・インディジャパン 300マイルは、金曜日に降った大量の雨の影響で、コースの水が引かなかったために、1日順延されて開催された。

In080420011h 午前11時過ぎ、本邦初公開のHondaの新型燃料電池車「FCXクラリティ」の先導によってローリングを開始し、グリーンフラッグとともにレースがスタートした。低い気温、強い風、連日の降雨でグリップが低くなっている路面と、ドライビングが非常に難しいコンディションでの戦いは、ポールポジションからスタートしたエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)やスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)、昨年度ウイナーのトニー・カナーン(アンドレッティ・グリーン・レーシング)らの強豪が争う展開となった。

しかし、ゴールまで60周をきってから出されたフルコースコーションを利用し、148周目にカストロネベスとダニカ・パトリック(アンドレッティ・グリーン・レーシング)がピットイン。ゴールまで無給油で走りきる作戦を採用した。彼らの作戦は見事に的中し、レース終盤、土壇場はこの2人による優勝争いが展開された。

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

In080420002h ゴールを目前にしてディクソンを先頭とするトップグループは短い燃料補給を行い、彼らがピットにいる間にカストロネベスとパトリックは1位、2位へとポジションを上げた。そして、もうゴールまで2周となったとき、燃料の残量が厳しくなったカストロネベスは大きくペースダウン。パトリックは彼をパスし、キャリア初優勝のフィニッシュ・ラインへと飛び込んだ。アメリカのオープンホイール・レースは1909年からという長い歴史を誇るが、女性ドライバーがトップ・オープンホイール・シリーズで優勝するのは史上初のことである。

In080420006h インディカー・ドライバーとして初めての凱旋レースを戦った武藤英紀(アンドレッティ・グリーン・レーシング)は、レース序盤のピットアウト時にスピンしてフロントウイングを破損し、1周の周回遅れに陥った。そこから何とかトップグループへ復活しようと武藤はすばらしいペースで走行。チームも作戦を駆使したが、最後のピットストップで十分に燃料を補給できないトラブルが発生し、燃費セーブを強いられて11位フィニッシュとなった。

In080420008h ブリヂストン・インディジャパン 300マイルへの4回目の出場をスポット参戦ながら果たしたロジャー安川(ベック・モータースポーツ)は、今回がチームとの初仕事ということもあってマシンセッティングが不十分だったが、レースではピットストップ時に行った調整で確実にスピードアップした。しかし、134周目にブレーキが異常発熱に陥り、リタイアを喫した。

コメント

ダニカ・パトリック(優勝)
In080420003h 「ついに勝つことができた。05年にツインリンクもてぎ、そしてIndy500で勝利まであと一歩のところまでいったので、初勝利はもっと早く実現できると思っていた。ところが、不運が重なったシーズンもあって、ずっと勝てずにきていた。今日は燃費作戦が勝敗を決するレースになって、私たちのチームが完ぺきな作戦を選んでくれた。同じ作戦のエリオ・カストロネベスをパスした瞬間は、とてもエキサイティングだった。ビクトリーレーンに行っても、自分が本当に勝ったの?と信じられなかった」

エリオ・カストロネベス(2位)
In080420004h_2 「最後のピットストップを行ったあと、しばらく走ってから燃料をセーブする必要があることに気づいた。そこからはラップタイムを大幅に遅くして走ったけれど、最後にダニカ・パトリックにパスされてしまった。彼女はすばらしいレースを戦っており、インディカー・レースで初勝利を飾った。この偉業を心からたたえたい」

スコット・ディクソン(3位)
In080420005h 「僕らはベストを尽くした。マシンはとても速かったし、優勝に向かって突き進んでいた。しかし、今日はレースを燃費勝負へと切り替えたチームが勝つという展開になった。ダニカ・パトリックたちは最後のフルコースコーション中にピットインし、そこから無給油で走りきった。あの時点で僕らはレースをリードしていたので、彼女たちのようなギャンブルに出ることはできなかった」

武藤英紀(11位)
In080420007h 「ピットアウトしたあとにスピンをしてしまったのは、ペースカーを追い越していいのかちゅうちょしたあと、アクセルを一気に踏み込んでしまったからでした。自分のミスでしたが、まだ戦略を使えばばん回は可能だと考えていました。マシンのハンドリングは非常に安定していて、とてもいいペースで走れていたからです。しかし、最後のピットストップで燃料をフルに入れることができず、ゴールを目の前にして燃費セーブが必要になってしまいました。この2つのミスがなければ、今日は勝つことができたレースでした。それだけにとても悔しいのですが、これからのシーズンを戦っていくために本当に多くのことを学ぶことができ、収穫の多いレースになりました」

ロジャー安川(14位)
In080420009h 「久しぶりのブリヂストン・インディジャパンでしたが、最後まで走りきることができず、本当に残念です。金曜日の走行が全部キャンセルされたことと、決勝前に取れた走行時間が短かったこともあって、スタートしたときのマシンはバランスがよくありませんでした。ピットストップでセッティングを変更してクルマは大分よくなってきたのですが、ブレーキがロックする症状が出たため、リタイアすることになりました。Indy500にも出場できるよう、現在、いくつかのチームと交渉中ですので、これからも応援をよろしくお願いします」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・グループ・リーダー
「1日遅れとはなったが、レースを開催できてほっとしている。1日順延になったというのに、今日も本当に多くのファンがサーキットに来てくれた。日本のファンがインディカー・レースに対して強い情熱を持っていてくれることを強く感じた。レースはダニカ・パトリックの初優勝という結果になった。熱心なファンたちは、ダニカの初優勝という歴史的瞬間に立ち会うこととなったわけだ。ツインリンクもてぎというHondaにとってとても重要なコースでダニカの初優勝が記録されたことは、彼女だけでなく、ファンの記憶にもずっと残ることとなるだろう。この2戦で2人の新しいウイナーが誕生した。若いウイナーの登場はIndyCarシリーズの競争をより激しくしていくことだろう」

※レース結果は省略させて頂きました。

In080420010h_2 ポイントスタンディング
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
   
1 エリオ・カストロネベス Team Penske 112
2 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 100
3 ダニカ・パトリック Andretti Green Racing 98
4 トニー・カナーン Andretti Green Racing 89
5 ダン・ウェルドン Chip Ganassi Racing 85
6 エド・カーペンター Vision Racing 70
7 マルコ・アンドレッティ Andretti Green Racing 65
8 ライアン・ハンターレイ Rahal Letterman Racing 65
9 武藤英紀 Andretti Green Racing 59
10 ダレン・マニング A.J. Foyt Enterprises 58
11 A.J.フォイト4世 Vision Racing 56
12 グラハム・レイホール Newman Haas Lanigan Racing 53
13 バディ・ライス Dreyer & Reinbold Racing 52
14 ライアン・ブリスコー Team Penske 46
15 ヴィットール・メイラ Panther Racing 46
16 アーネスト・ビソ HVM Racing 45
17 ジェイ・ハワード Roth Racing 45
18 オリオール・セルビア KV Racing Technology 44
19 エンリケ・ベルノルディ Conquest Racing 42
20 ジャスティン・ウィルソン Newman Haas Lanigan Racing 37
21 ウィル・パワー KV Racing Technology 34
22 タウンゼント・ベル Dreyer & Reinbold Racing 32
23 マーティ・ロス Roth Racing 30
24 フランク・ペレラ Conquest Racing 28
25 マリオ・モライス Dale Coyne Racing 28
26 ブルーノ・ジュンケイラ Dale Coyne Racing 24
27 ロジャー安川 Beck Motorsports 16
28 ミルカ・デュノー Dreyer & Reinbold Racing 12

|

« ALMS:ホンダリリース 第3戦ロングビーチ | トップページ | IRL:もてぎとロングビーチ後のポイントランキング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/40948293

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダリリース 第3戦ツインリンクもてぎ:

» 女性ドライバー初優勝! [長屋宏和 オフィシャルブログ 『それでも僕はあきらめない』 Powered by アメブロ]
女性ドライバーダニカパトリック選手がインディー初の女性ドライバー初優勝の歴史的快挙を成し遂げた! すばらしい! 鳥肌と自然に涙がでた! 武藤くんは残念ながら11位でした。 事情は本人しかわかりませんが、 あのクラッシュでタイミングが全て噛み合... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 01時56分

» インディジャパン [Wonderful Car World_B]
●IRL 第3戦インディジャパンの決勝が20日、「ツインリンクもてぎ」で行われま [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 10時55分

« ALMS:ホンダリリース 第3戦ロングビーチ | トップページ | IRL:もてぎとロングビーチ後のポイントランキング »