« WTCC:Rd.3バレンシア開幕 | トップページ | IRL:Rd.5インデイ フリー走行9日目は再びディクソンがトップタイム »

2008年5月17日 (土)

ALMS:Rd.4ユタテスト ド・フェラン復帰いきなりトップタイム

516200819042578_featuredimage  ジル・ド・フェラン (C)ALMS

ALMS第4戦ユタは16日金曜日にテストセッションが行われ、このレースから出場しているド・フェラン・モータースポーツのNo.66 アキュラARX-01bが、2位のNo.2アウデイR10 TDI マルコ・ヴェルナー/ルーカス・ルール組に0.489秒差を付けてトップタイムをマークした。2003年CART最終戦の優勝以来の現役復帰となったド・フェランは、ブランクを全く感じさせないドライビィングを見せた。

ジル・ド・フェラン:「走り、ハンドリングともとても良かった。トラック温度が高いのでタイヤのグリップは低かったが、ロングランでのマシンバランスを試すためにタイヤをいたわって走った。トラック上のすべてのマシンといい戦いになるだろう」

17日の土曜日には2回のフリー走行と午後3時過ぎからは予選が行われる。

Larry H Miller Dealerships Utah Grand Prix ALMS Test Session
Miller Motorsports Park / 3.048 miles May 16-18 2008 / Tooele Utah
Pos Class P No Class Driver Time Speed in Lap To 1st Lap Make
1 1 66 P2 de Ferran/Pagenaud 1:32.424 118.722 31 -.--- 31 Acura ARX-01B
2 1 2 P1 Luhr/Werner 1:32.913 118.098 29 0.489 29 Audi R10/ TDI
3 2 7 P2 Dumas/Bernhard 1:33.217 117.712 31 0.793 32 Porsche RS Spyder
4 2 1 P1 Biela/Pirro 1:33.312 117.593 37 0.888 38 Audi R10/ TDI
5 3 20 P2 Franchitti/Leitzinger 1:33.457 117.410 33 1.033 33 Porsche RS Spyder
6 4 6 P2 Maassen/Long 1:33.467 117.398 30 1.043 32 Porsche RS Spyder
7 5 9 P2 Brabham/Sharp 1:33.528 117.321 30 1.104 31 Acura ARX-01B
8 6 26 P2 Herta/Fittipaldi 1:33.817 116.960 34 1.393 34 Acura ARX-01B
9 7 16 P2 Smith/Dyson 1:33.878 116.884 34 1.454 34 Porsche RS Spyder
10 8 15 P2 Fernandez/Diaz 1:34.317 116.340 10 1.893 17 Acura ARX-01B
11 9 8 P2 Devlin/Bonilla 1:36.685 113.490 10 4.261 20 Lola B07 46 Mazda
12 3 37 P1 J.Field/C.Field/Berry 1:39.963 109.769 12 7.539 15 Lola B06/10
13 1 3 GT1 O'Connell/Magnussen 1:46.125 103.395 27 13.701 38 Chevrolet Corvette C6R
14 2 4 GT1 Beretta/Gavin 1:46.419 103.109 20 13.995 22 Chevrolet Corvette C6R
15 1 87 GT2 Werner/Basseng 1:47.925 101.671 23 15.501 34 Porsche 911RSR
16 2 71 GT2 Mueller/Farnbacher 1:49.389 100.310 31 16.965 32 Ferrari 430 Berlinetta GT
17 3 45 GT2 Bergmeister/Henzler 1:49.596 100.120 17 17.172 31 Porsche 911RSR
18 4 62 GT2 Melo/Salo 1:49.812 99.924 18 17.388 34 Ferrari 430 Berlinetta GT
19 5 46 GT2 van Overbeek/Pilet 1:49.825 99.912 32 17.401 34 Porsche 911RSR
20 6 44 GT2 Law/Neiman 1:50.390 99.400 23 17.966 24 Porsche 911RSR
21 7 48 GT2 Jeannette/Mowlem 1:50.489 99.311 7 18.065 32 Ferrari 430 Berlinetta GT
22 8 61 GT2 Brix/Friesacher 1:50.564 99.244 32 18.14 34 Ferrari 430 Berlinetta GT
23 9 28 GT2 Gigliotti/TBA 1:50.829 99.007 21 18.405 29 Chevrolet Riley Corvette
24 10 21 GT2 Sutherland/Milner 1:51.253 98.629 18 18.829 18 Panoz Esperante
25 11 73 GT2 Figge/Tafel 1:51.453 98.452 25 19.029 35 Ferrari F430GT
26 12 40 GT2 Murry/D.Robertson/A.Robertson 1:51.631 98.295 17 19.207 31 Doran Ford GT-R
27 13 5 GT2 Swartzbaugh/Stanton 1:52.196 97.800 20 19.772 34 Porsche 911RSR
28 14 18 GT2 Carrapatoso/N.Pastorelli/F.Pastorelli 1:52.207 97.791 19 19.783 34 Porsche 911RSR
29 15 007 GT2 Drayson/Cocker 1:53.350 96.805 28 20.926 29 Astin Martin Vantage GT
30 16 11 GT2 Feinberg/Hall 1:56.045 94.556 4 23.621 9 Dodge Viper

|

« WTCC:Rd.3バレンシア開幕 | トップページ | IRL:Rd.5インデイ フリー走行9日目は再びディクソンがトップタイム »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:Rd.4ユタテスト ド・フェラン復帰いきなりトップタイム:

« WTCC:Rd.3バレンシア開幕 | トップページ | IRL:Rd.5インデイ フリー走行9日目は再びディクソンがトップタイム »