« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第11戦ダーリントン | トップページ | A1GP:フェラーリ製次期マシンのイメージを公開 »

2008年5月12日 (月)

GP2:マシンの安全対策を強化

Gp2  (C)GP2 Series

GP2シリーズは、イスタンブールでの予選中のDavide Valsecchi(Durango)の事故を受けて、即座にマシンに2つの安全対策をするよう各チームに指示を出した。

ひとつは、ドライバーヘルメットの後ろとモノコックシェルとの間にカーボン製のプレートを付け加えるというもの。これにより衝撃を受けた際にHANSデバイスとモノコックシェルとの間にクリアランスを保ち、ヘルメットが直接シェルにぶつからないようにする効果がある。

もう一点は、事故の際にドライバーをシートごとマシンから取り出すことを容易にするために、ドライバーの足の間を通るシートベルトがシートをよけてモノコックとつながれるようにするというもの。Valsecchiの事故では、タイヤバリアに完全に埋まってしまったマシンからドライバーを救出するのに手間取ってしまっていた。

この改正はイスタンブールのレースで即座に実行された。

|

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第11戦ダーリントン | トップページ | A1GP:フェラーリ製次期マシンのイメージを公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:マシンの安全対策を強化:

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第11戦ダーリントン | トップページ | A1GP:フェラーリ製次期マシンのイメージを公開 »