« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第18戦デイトナ | トップページ | IRL:ホンダリリース 第10戦ワトキンスグレン”ライアン・ハンターレイがキャリア初勝利、武藤英紀は9位でフィニッシュ” »

2008年7月 7日 (月)

GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第5戦シルバーストーン

Bslogo  

2008 GP2 Series 第5戦 Race2  
  開催場所: シルバ-ストン 開催日: 7月6日

GP2シリ-ズ第5戦レ-スレポ-ト

ブリヂストンがサポートするGP2シリーズ第5戦の2レースが、路面の粗い、高速のシルバーストン・サーキット(イギリス)で開催され、ジョルジオ・パンターノ(レーシング・エンジニアリング)とブルーノ・セナ(iスポーツ・インターナショナル)が優勝した。

接戦となった土曜日のフィーチャーレースで、イタリア人ドライバーのパンターノはグリッド5番手からスタートし、今シーズン3勝目を挙げて貴重なポイントを獲得、ドライバーズ・ランキング首位を守った。一方、ウェットコンディション下で行われた日曜日のスプリントレースでは、1周目でセナがトップに立ち、土曜日に開いたパンターノとのポイント差を再び縮めてランキング2位を守った。

イギリス戦では、ブリヂストンポテンザGP2スリックタイヤのミディアムコンパウンドとウェットタイヤを使用した。昨年のイギリス戦ではハードコンパウンドを使用したが、今年はミディアムに変わったため、チームとドライバーにとっては、このサーキットでミディアムの特徴を理解し、その最大のポテンシャルを引き出すことが課題となった。

全36周で争われた土曜日のフィーチャーレースで、ルーカス・ディグラッシ(カンポス)が素晴らしいスタートを見せた。アンドレアス・ズベール(ピケ・スポーツ)とロマン・グロージャン(ARTグランプリ)をパスしたディグラッシは2位に上がり、金曜日の予選でポールポジションを獲得したブルーノ・セナに続いた。セナは4周目にストウコーナーで走行ラインが大きく膨らみ、ディグラッシの先行を許した。そのまま30周目までディグラッシがトップを守ったが、少しずつ順位を上げてきたパンターノがディグラッシをオーバーテイクして見事な優勝を果たした。パンターノはレース最速ラップタイムも記録していたため追加ポイントも獲得した。ディグラッシが2位でゴール、グリッド10番手からスタートしたカルン・チャンドック(iスポーツ・インターナショナル)が3位に入った。タイヤの管理がレース全体の結果に大きな影響を与える要因となっていたレースは、多くのバトルが繰り広げられる接戦となり、上位ドライバーたちはタイヤを上手に使いこなしていた。

  
ウェットコンディション下で行われた日曜日のスプリントレースは全24周で争われ、多くのドライバーにとって難しい展開のレースとなったが、セナはオープニングラップでルカ・フィリッピ(ART)をパスした後、首位を守り、2位に入った同胞のディグラッシに8.5秒差をつけて優勝した。パンターノは3位でゴールし、最速ラップタイムはマルドナードが記録した。

イギリス戦終了時点で、パンターノが合計50ポイントを獲得してドライバーズ・ランキング首位に立ち、2位のセナが合計39ポイントでこれを追っている。 またブエーミが合計25ポイントを獲得して3位に着けている。チーム・ランキングでは、iスポーツ・インターナショナルが合計58ポイントを獲得して首位に立ち、レーシング・エンジニアリングが合計53ポイントで2位に着けている。3位には合計45ポイントのBARWAインターナショナル・カンポスが着けている。GP2シリーズ第6戦はホッケンハイム・サーキット(ドイツ)で開催される。使用するタイヤは今回と同じブリヂストンGP2シリーズタイヤのミディアムコンパウンドになる予定だ。

浜島裕英ブリヂストンMS・MCタイヤ開発本部長:
「ブリヂストンGP2シリーズ用スリックのミディアムコンパウンドは、ドライバーの上手なタイヤ管理が求められたこの週末全般を通じてよく機能していました。土曜日のフィーチャーレースで第1スティントのタイヤの摩耗はわずかでしたが、第2スティントではさらに改善が進みました。ジョルジオ・パンターノにとって素晴らしいレースで、彼は最初から最後までタイヤを上手に使い、チームは戦略的なピットストップを行っていました。セナはコースで判断ミスを犯し、勝てたかもしれないレースを失いました。このサーキットにはミディアムコンパウンドが適していることが実証され、レースでは激しい競争が繰り広げられました。我々はタイヤパフォーマンスに満足しています。第2レースで難しいコンディションの中で辛抱強いレース運びをしたブルーノ・セナを祝福したいと思います。ウェットタイヤはよく機能し、路面が水浸しのときでも好ラップタイムを記録していました。」

※レース結果ならびにポイントランキングは省略させて頂きました。

|

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第18戦デイトナ | トップページ | IRL:ホンダリリース 第10戦ワトキンスグレン”ライアン・ハンターレイがキャリア初勝利、武藤英紀は9位でフィニッシュ” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第5戦シルバーストーン:

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第18戦デイトナ | トップページ | IRL:ホンダリリース 第10戦ワトキンスグレン”ライアン・ハンターレイがキャリア初勝利、武藤英紀は9位でフィニッシュ” »