« NASCAR:ネーションワイドのニューマシンをテスト | トップページ | A1GP:ドニントンで初のグループテストを開始 »

2008年9月10日 (水)

DTM:ブランズハッチとの3年間の契約延長を発表

 (C)DTM Media 拡大します

DTMはブランズハッチでのDTM開催について、2009年から3年間の契約に合意したことを発表した。契約はITR e.Vとブランズハッチとの間で交わされ、ITR e.V議長のハンスワーナー・アウフレヒトとモータースポーツ・ビジョンの最高責任者ジョナソン・パーマーが出席した。

2009年のブランズハッチでのイベントは、暫定カレンダーですでに8月28日から30日開催が決定しており、サーキットとの合意が条件となっていた。

アウフレヒトは、先日ブランズハッチで行われたDTM第8戦では、26,000人の観客を集めイギリスでのDTM人気は高まってきている。契約の延長は自動車産業の中心的存在であるイギリスにおけるDTMの存在を確立するためのステップであるとしている。

かつてのF1ドライバー、ジョナソン・パーマーはこう付け加える。「DTMは今シーズンわれわれのカレンダーで最も大きなイベントだった。来年からの3年間、またDTMがブランズハッチに戻ってくることはぞくぞくする。DTMは素晴らしい雰囲気を持っており、エキサイティングなレースは毎年イギリス人のファンを増やしている。われわれはシリーズがイギリスでさらに成功するよう働き続ける」

ブランズハッチでのDTMは2006年から始まり、観客がコースの全てを見渡すことが出来るように1.2マイルのインディ・サーキットで開催されている。そのためDTMレース中では最も短いサーキットとなっており、今年のレースではトップのドライバーは82ラップをこなしている。
また今年のイベントでは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが地元のファンのために、マクラーレンMP4-23でデモ走行を行っている。

ルイス・ハミルトン (C)DTM Media 拡大します

|

« NASCAR:ネーションワイドのニューマシンをテスト | トップページ | A1GP:ドニントンで初のグループテストを開始 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM:ブランズハッチとの3年間の契約延長を発表:

« NASCAR:ネーションワイドのニューマシンをテスト | トップページ | A1GP:ドニントンで初のグループテストを開始 »