« IRL:ホンダリリース 第17戦シカゴランド ”エリオ・カストロネベスが優勝” | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第26戦リッチモンド »

2008年9月 8日 (月)

GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第9戦スパ・フランコルシャン

Bslogo  

  2008 GP2 Series 第9戦 Race2  
  開催場所: スパ-フランコルシャン 開催日: 9月7日

GP2シリ-ズ第9戦レ-スレポ-ト
  
ブリヂストンがサポートするGP2シリーズ第9戦の2レースが、起伏の多いスパフランコルシャン・サーキット(ベルギー)で開催され、ロメイン・グロージャン(ARTグランプリ)とパストール・マルドナド(ピケ・スポーツ)が、それぞれ優勝した。

土曜日のフィーチャーレースでは、グリッド3番手からスタートしたフランス人グロージャンが優勝した。グロージャンにとって、自身初のヨーロッパGP2シリーズ・フィーチャーレースでの勝利となった。マルドナドは、日曜日に行われたスプリントレースのファイナルラップでジェローム・ダンブロシオ(DAMS)をオーバーテイクし、優勝した。

アルデンヌ丘陵地帯に位置するチャレンジングなこのサーキットで使用したのは、ブリヂストンのポテンザGP2ミディアムコンパウンド・スリックタイヤとウェットタイヤだった。高速コースであり、しかもダウンフォースが大きいことが相まって、1周7kmの概ね全ての地点で、タイヤにかかる負荷は非常に大きかった。

全26周で争われた土曜日のフィーチャーレースは、セーフティカー先導の下でウェットタイヤを装着してスタートしたが、雨が止んだ6周目以後はスリックタイヤに交換した。ポールシッター、ブルーノ・セナ(iスポーツ・インターナショナル)はタイヤ交換を行うまで首位を守っていたが、ピットレーンでアルベルト・ヴァレリオ(デュランゴ)に強引にマシンを寄せたことに対してドライブスルー・ペナルティを受けた。その後の第2スティントでダビデ・バルセッチ(デュランゴ)がクラッシュ、リタイヤしたため、セーフティカーが導入された。グロージャンはアルバロ・パレンテ(スーパーノバ)を20周目にパスして優勝、ファイナルラップで最速ラップタイムも記録した。パレンテは2位で、マルドナドが3位でゴールした。ジョルジオ・パンターノ(レーシング・エンジニアリング)はルーカス・ディグラッシとの接触後、フィーチャーレース、スプリントレースのいずれからも除外処分を受けた。
  
日曜日に行われた全18周のスプリントレースは接戦となり、ポールポジションからスタートしたダンブロシオが、母国レースで17周にわたって首位を走った。マイク・コーンウェイ(トライデント)とアンディ・ソウセック(スーパーノバ)はいずれもスピンしてリタイヤ、マルドナドはグリッド6番手から順位を上げて優勝し、最速ラップタイム・ポイントも獲得した。ダンブロシオは2位でゴールし、3位にはビタリー・ペットロフ(カンポス)が入った。グリッドに並んだ25人のドライバー中24人がブリヂストンスリックタイヤを装着してスタートした。

スパフランコルシャン戦終了時点で、パンターノが合計71ポイントでドライバーズ・ランキングの首位を守り、合計60ポイントのセナが2位に着けている。またディグラッシとグロージャンが合計53ポイントを獲得して同点で3位に並んでいる。チーム・ランキングでは、カンポスが合計93ポイントを獲得し、合計91ポイントのiスポーツ・インターナショナルを逆転して首位に立った。また3位には合計80ポイントのピケ・スポーツが着けている。GP2シリーズの今シーズン最終戦は高速のモンツァ・サーキット(イタリア)で行われる。イタリア戦でもブリヂストンGP2シリーズタイヤのミディアムコンパウンドを使用する予定で、ミディアムは今シーズン7回目の登場となる。

浜島裕英ブリヂストンMS・MCタイヤ開発本部長:
「第1レースで事故を起こしたダビデ・バルセッチが無事であることを知り、安心しました。フィーチャーレースで使用したウェットタイヤの寿命は予想よりもやや短くなりましたが、これは、サーキットの一部がかなりウェットでも他の部分はほとんどドライということが起こるスパ特有の条件により、摩耗率が予想よりも高くなったことが原因です。各チームがスリックに交換してからも、ブリヂストンタイヤは変わりやすい気象条件だったことを考えればとてもよく機能していました。第2レースでは天候の変化により路面状況が大きく変わりました。アクシデントが多発したため、ドライバーたちは集中力を保つのが非常に難しい状況でしたが、完走したドライバーは本当によく集中していました。今回は選手権ランキング上位2人のドライバーがノーポイントに終わったので、モンツァのレースは面白いものになるでしょう。」

※レース結果ならびにポイントランキングは省略させて頂きました。

|

« IRL:ホンダリリース 第17戦シカゴランド ”エリオ・カストロネベスが優勝” | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第26戦リッチモンド »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第9戦スパ・フランコルシャン:

« IRL:ホンダリリース 第17戦シカゴランド ”エリオ・カストロネベスが優勝” | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース 第26戦リッチモンド »