« ALMS:ホンダリリース 第9戦デトロイト”アキュラ勢がシリーズ参戦以来初となるLMP2クラス表彰台を独占” | トップページ | A1GP:ルーキー・セッションへの参加基準が明確に »

2008年9月 2日 (火)

IRL:ホンダリリース 第16戦ベルアイランド

Honda_2_2

 

ジャスティン・ウィルソンが初優勝。武藤英紀は11位
スコット・ディクソンとエリオ・カストロネベスのチャンピオン争いは最終戦へ

In080901001h_2  2008年8月31日(日)

決勝 
会場:ベル・アイル・レースウェイ
天候:快晴
気温:29~30℃

デトロイト川に浮かぶベル・アイル島でインディカー・レースが行われるのは、昨年に続き2回目である。

ミシガン州デトロイトといえば、アメリカ自動車産業の首都。そのダウンタウンからクルマで数分の緑豊かな公園内サーキットで開催されるビッグイベントは、昨年以上の盛況となった。

ポールポジションを獲得したのは、ポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)。ポイント2位につけ逆転タイトルを狙うエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)は、予選2番手につけた。

全長2.07マイルのコースを90周するレースは、ファンの期待する通り、チャンピオン候補の2人、ディクソンとカストロネベスの一騎打ちで序盤は展開。ポールポジションのディクソンがリードし、カストロネベスがピタリと真後ろにつけて追い続けた。ところが、18周目に出されたフルコースコーションでディクソンがピットインしたのに対し、カストロネベスはピットには向かわずにトップへと浮上。ここでピットインしたドライバーは少なく、ディクソンは後方集団から抜け出すレースを戦わねばならなくなった。

In080901003h    カストロネベスはインフィニオン・レースウェイでの第15戦に続く2連勝を目指して快走していたが、レースが終盤に入るとペースが上がらなくなり、予選4番手から2位へと浮上して来たジャスティン・ウィルソン(ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング)がスピードで優るようになった。

In080901002hその後、カストロネベスはトップを守り続けたが、その走りが悪質なブロッキングと判定され、ウィルソンにポジションを明け渡すようレースコントロールから指示が出された。ウィルソンにトップを明け渡したカストロネベスは逆転を狙ったが、逆にウィルソンが突き放し、4秒以上の大差をつけて初優勝を飾った。

In080901004h カストロネベスはリーグ新記録となる1シーズン中8回目の2位を獲得、予選8番手のトニー・カナーン(アンドレッティ・グリーン・レーシング)が3位でフィニッシュした。

ディクソンは結局5位までしか順位をばん回できなかった。最終戦を残してカストロネベスがまたしてもポイント差を縮めた。デトロイト戦を迎える前に43点あった両者の差は、30点となった。

In080901005h アンドレッティ・グリーン・レーシングから出場している武藤英紀は、予選16番手からスタート。1回目のピットストップを行ったタイミングが悪く、その影響を最後まで振り払えなかったが、粘り強く走り続けてスタート時より5つポジションを上げて11位でゴールした。

コメント
ジャスティン・ウィルソン(優勝)


「長く厳しいレースだったが、チームの作戦は見事で、ピットストップもすばらしかった。トラブルやアクシデントに見舞われることもなく走ることができていた。初勝利は今年中に何としてでも挙げたいと考えていた。IndyCarシリーズでの初優勝、そしてニューマン・ハース・ラニガン・レーシングの初勝利には大きな意味がある」

エリオ・カストロネベス(2位)

「これまでなら、ペナルティの前には警告があった。ところが今回は突然ペナルティを受けた。出場者全員がマナーよく走るよう、リーグはドライバーたちにプレッシャーをかけたいのだろうが、残り2戦というタイミングではベストではない。これで僕は8回目の2位。しかし、ディクソンとのポイント差を縮め、チャンピオンの可能性はまだ残されている。最終戦では僕もチーム・ペンスキーもタイトル獲得のためにすべてを出しきる」

トニー・カナーン(3位)

「今日は風邪を引いていたが、8位スタートから3位でフィニッシュできたのだから悪いレースではなかった。我々はポイントランキング3位の座をダン・ウェルドンと争っており、彼は今日、完走できなかった。シリーズのためにもチャンピオンだけでなく、ランキング3、4位の座が激しく争われているのはいいことだと思う」

スコット・ディクソン(5位)

「残念ながら今日のレースはレースらしいものにはなっていなかった。マシンは誰よりも速く、燃費をセーブしてさえ走ることができていた。しかし、まだタンクに燃料が半分残っている段階で最初のピットインを行い、ほかのドライバーたちのほとんどが同じタイミングでピットに入らなかったため、後方集団のマシンを1台ずつ抜いていかねばならなかった」

武藤英紀(11位)

「マシンのバランスは悪くなかったのですが、オーバーテイクのできないコースなのでとてもストレスが溜まりました。また、リスタート時にタイヤの温まりが悪かったことで、苦しい戦いになってもいました。ポイントを獲得するために最後まで走りきりたいと考えており、それは実現できました。来週の最終戦は昨年インディカーで走っているコースなので、いいレースを戦えると思います。非常に楽しみにしています」

エリック・バークマン|HPD社長

「デトロイトでのレース開催はIndyCarシリーズにとってすばらしいものだ。自動車産業の町は、レースでも長い歴史を持っている。ダウンタウン、そしてこのベル・アイルではレースが何度も行われてきた。今年はプラクティスの日に少し雨もあったが、決勝レースは好天下で戦われ、多くのファンが楽しんでくれていた。そして、ジャスティン・ウィルソンが初勝利を飾った。キャリア初勝利というのは、いつでも感動的なものだ。今年からIndyCarシリーズへと参戦を始めたニューマン・ハース・ラニガン・レーシングは、特にロードコースですばらしい走りを見せてきていたが、これで2人のドライバーがともに初年度にして勝利を記録した。残るは来週の最終戦のみとなったが、今回のレースでもチャンピオン争いに決着はつかず、シカゴのオーバルで決着がつくことになる」

※レース結果およびポイントランキングは省略させて頂きました。

In080901006h  スタートシーン

 写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« ALMS:ホンダリリース 第9戦デトロイト”アキュラ勢がシリーズ参戦以来初となるLMP2クラス表彰台を独占” | トップページ | A1GP:ルーキー・セッションへの参加基準が明確に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/42356337

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダリリース 第16戦ベルアイランド:

« ALMS:ホンダリリース 第9戦デトロイト”アキュラ勢がシリーズ参戦以来初となるLMP2クラス表彰台を独占” | トップページ | A1GP:ルーキー・セッションへの参加基準が明確に »