« DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第8戦ブランズハッチ | トップページ | GP2:Rd.9スパ・フランコルシャン 木曜日の模様 »

2008年9月 5日 (金)

NASCAR:グランダムを傘下に

2008年デイトナプロト・チャンピオン・チップガナッシNo.01 (C)Grand-Am 拡大します

9月4日、NASCARホールディングスは、Grand-American Road Racing Association (Grand-Am)を買収することで両者が合意したことを発表した。今後もそれぞれのシリーズは独立して運営されるが、両方の組織が持つ資源を共有することになる。

NASCARホールディングは、National Association for Stock Car Auto Racing (NASCAR)を中心とする多くの子会社の持ち株会社である。
NASCARとGrand-Amはマーケティングと、コミュニケーション、ブランドの管理や、研究と広報活動で協力していくことになる。

Grand-Amシリーズは、ロレックス・スポーツカー・シリーズとコニ・チャレンジシリーズを含む6つのレースシリーズから成り立っており、何百万もの熱心なファンを持っている。
これからも2つのシリーズは、独立してレースイベントを企画し運営を続ける。管理面での変更はなく、ロジャー・エドモントンは今後もGrand-Am代表としてその職にとどまる。

近年、NASCARドライバーやチームがGrand-Amに参戦するケースが増えており、ジミー・ジョンソン、トニー・スチュワート、カイル・ペティ、ボビー・ラボンテ、ファンパブロ・モントーヤ、カート・ブッシュ、ジェフ・ゴードンなどがロレックス・シリーズでレースに参加した。2008年デイトナ・プロトのチャンピオン、スコット・プルーイットは多くのNASCARレースに出場している。チップ・ガナッシとリチャード・チルドレスはNASCARとGrand-Amにそれぞれチームを持ち、Grand-Am開幕戦のデイトナ24時間レースでは、チップガナッシが一昨年から3連勝を飾っている。

Grand-Amは1999に設立され、デイトナビーチに本拠地がある。今シーズンは15のロレックス・スポーツカー・シリーズと、11のコニ・チャレンジのイベントを開催している。その他にもフェラーリ・チャレンジ、フォード・レーシング・ムスタング・チャレンジ、スキップバーバー・レーシングチャレンジなども開催されている。
NASCARは今年60周年目を祝い、観客動員ではアメリカのトップ20のうち17のイベントを占めている。全米のレギュラーシーズンスポーツとしては、2番目のテレビ視聴率を誇っている。

|

« DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第8戦ブランズハッチ | トップページ | GP2:Rd.9スパ・フランコルシャン 木曜日の模様 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:グランダムを傘下に:

« DTM:アウディジャパン・プレスリリース 第8戦ブランズハッチ | トップページ | GP2:Rd.9スパ・フランコルシャン 木曜日の模様 »