« IRL:サーファーズパラダイス・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | GP2:アジアシリーズRd.1上海・エントリーリスト »

2008年10月16日 (木)

IRL:サーファーズパラダイス・プレビュー

 (C)Ford Racing 拡大します

来週末に、サーファーズパラダイスで開催される『ニコン・インディ300』は、インディカー・シリーズとしては初のオーストラリアへの訪問となる。
今年2月アメリカのオープンホイールがインディカーシリーズとして統一された今年は、17のチャンピオンシップレースで9人の勝者が生まれるシーズンとなった。今年カナダ、エドモントンでのレースを初開催したシリーズは、さらに来年ロングビーチとカナダ、トロントを加えることになっている。

おなじみの場所

IRLとしては初のサーファーズパラダイスだが、出場ドライバー24名のうちの半数はかつてこのコースでレースをした経験を持っている。エリオ・カストロネペス、ライアン・ブリスコー、スコット・ディクソン、ダリオ・フランキッティ、ライアン・ハンター-レイ、ブルーノ・ジュンケイラ、トニー・カナーン、ウィル・パワー、グラハム・レーホール、オリオール・セルビア、アレックス・タグリアーニとジャスティン・ウィルソンは、合計49回のスタートを記録している。

過去の優勝者もまた勝利を得るチャンスが

ダリオ・フランキッティ(1999年)、ブルーノ・ジュンケイラ(2004年)とライアン・ハンター-レイ(2003年)は、過去にここで優勝した経験がある。さらにチームオーナーのマイケル・アンドレッティとジミー・バッサーも優勝を飾っている。さて、2度目にサーファーズパラダイスを制するドライバーが出るのだろうか。

家庭の味

出場するドライバーのうちウィル・パワーは、サーファーズパラダイスから2時間ほどのところにあるToowoombaからやって来る。ライアン・ブリスコはシドニーで育ち、2008年IRKチャンピオンのスコット・ディクソンは、オーストラリアで生まれてニュージーランドで育った。
ウィル・パワーのNo.8マシンには、オーストラリアのVineyardsがメインスポンサーとなっている。故郷に錦を飾るドライバーが出てくるのか。

椅子取りゲーム

ニコン・インディ300は数人のドライバーにとっては、新しい環境に慣れる場所として利用される。2007年IRLチャンピオン、ダリオ・フランキッティは1年間の不在から帰ってNo.10ターゲット・チップガナッシでデビュー、ダン・ウェルドンはNo.4パンサー・レーシングへと移籍し、ビットール・メイラはNo.14A.J.フォイトのチームへとシートを移動していった。新チームでの彼らの第一印象はどうなものだろうか。

2009年への準備

ニコン・インディー300は、チームが2009年に対する準備としても重要だ。新しいドライバーが新しいクルーに慣れる間、チームはストリートコースでのポテンシャル向上に努めることになる。2009年の序盤2戦は、セント・ピータースバーグとロングビーチのストリートコースで行われる。チャンピオンシップのプレッシャーのない中で、2009年シーズンを有利に進めることができるように、チームは異なったセットアップをテストするのだろうか?

レースメモ:

ニコン・インディー300は、サーファーズパラダイスで行われる初のインディカー・シリーズイベント。しかし、イベントは1991年以降連続的に開催されてきた。ダリオ・フランキッティ(1999)、ライアン・ハンター-レイ(2003)とブルーノ・ジュンケイラ(2004)と3人の優勝者が今年エントリーしている。

ニコンインディー300にエントリーしている12人のドライバーは、サーファーズパラダイスで以前レースに参加した。それらのドライバーのうちの8人は、ラップリーダーとなっている。(ダリオ・フランキッティ:62、ブルーノ・ジュンケイラ:55、ウィル・パワー:23、ライアン・ハンター-レイ:15、オリオール・セルビア:6、ジャスティン・ウィルソン:4、スコット・ディクソン:3とアレックス・タグリアーニ 1)

ニコンインディー300は、2008年の特設コースの上の4回目のレースであり、ストリート/ロードコースでの7回目のレースとなる。今年の3回のストリートイベントでは、初めての勝者グラハム・レイホール(セント・ピータースバーグ)とジャスティン・ウィルソン(ベルアイランド)を含む3人の異なる勝者を生んでいる。また、スコット・ディクソンは、エドモントンで優勝した。各々2回のポールを獲得しているライアン・ブリスコーとエリオ・カストロネペスにより、チーム・ペンスキーは、ストリート/ロードコースでのポールポジションを独占した。ブリスコーは、すべてのイベントで予選最終セッションのファイアストーン・ファースト6へ進んだただ一人のドライバーとなった。アンドレッティ・グリーン・レーシングのトニー・カナーンとターゲット・チップガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンも、ストリート/ロードコースでポールポジションを獲得した。

- 2000年 マイケル・アンドレッティ - (C)Ford Racing 拡大します

|

« IRL:サーファーズパラダイス・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | GP2:アジアシリーズRd.1上海・エントリーリスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/42806504

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:サーファーズパラダイス・プレビュー:

« IRL:サーファーズパラダイス・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | GP2:アジアシリーズRd.1上海・エントリーリスト »