« NASCAR:2009年からのキャンピング・ワールド・トラックシリーズのロゴを発表 | トップページ | F3:マカオGP 予選レース結果 »

2008年11月15日 (土)

NASCAR:2009年からレース開催トラックでのテストを全面的に禁止に

2008年1月デイトナテスト・ジェフ・ゴードン (C)nascarmedia 拡大します

11月14日、NASCARは2009年のシリーズにおいて、レースを開催するトラックでのテストを禁止することを発表した。今回の決定は、スプリントカップ、ネーションワイド、キャンピング・ワールド・トラックシリーズを開催するトラックだけでなく、NASCARキャンピング・ワールドの西と東のツーリングシリーズのトラックも含まれる。

NASCAR代表のブライアン・フランスは先日のフェニックス戦で、現在の経済情勢をふまえた経費削減のための計画を発表するとしていたが、ここ数ヶ月間に渡るチームとの協議の結果今回の決定に至った。
NASCARのテストについては、クルーやマシン、機材の輸送にトラック数台分を動員し、1回のテストには1チームあたり1日約100,000ドルの経費がかかるとされている。テスト禁止により1チーム当たり年間300~400万ドルが節約できると予測されている。

今回の決定に関してチームやドライバー達の反応はおおむね好評といったところだが、ヘンドリック・モータースポーツ代表のリック・ヘンドリックやジミー・ジョンソンは、テストの機会が無くなることにより若手ドライバーがトレーニングを重ねる機会が減ってしまう危惧を指摘している。

テスト禁止の影響が最も大きいと見られているのは、年明け早々からデイトナで行われる2週に渡るシーズン前テストで、この機会が無くなることはデイトナ500に向けての準備が遅れるのではないかという意見もある。

 (C)nascarmedia 拡大します

また、今回の決定の詳細についてはまだはっきりしていない点も多く、今年のインディアナポリスで起きたタイヤトラブルなどの解消のために特別にテストの機会が設けられるとことがあるもいわれている。新人のトレーニングのためにも特別なセッッションが設けられる可能性もある。さらに、テスト禁止に伴い各レースウイークでのプラクティスの拡大がされるのではないかともいわれている。

|

« NASCAR:2009年からのキャンピング・ワールド・トラックシリーズのロゴを発表 | トップページ | F3:マカオGP 予選レース結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:2009年からレース開催トラックでのテストを全面的に禁止に:

« NASCAR:2009年からのキャンピング・ワールド・トラックシリーズのロゴを発表 | トップページ | F3:マカオGP 予選レース結果 »