« LMS:ソーニエ・レーシング、2009年はマツダ・エンジンを使用 | トップページ | F2:マーチン・ブランドルの息子アレックス、F2にエントリー »

2008年12月24日 (水)

NASCAR:ビル・デイビス、BDRとエンジン会社の大半を売却

2008年NASCARクラフトマントラック / ビル・デイビス & ジョニー・ベンソン (C)nascarmedia 拡大します

NASCARビル・デイビス・レーシング(BDR)のオーナー、ビル・デイビスは所有するNASARのBDRチームとエンジン会社の大半を売却したことが明らかになった。世界的な経済危機で来シーズンのスポンサーが見つからないため、チームの解散を防ぐための措置とされている。

チームを買収したのは、カリフォルニアのビジネスマン、マイク・ヘルドと、BDRの役員Marty Gauntで、チームの株式の大半をビル・デイビスから譲り受けており、エンジン会社のトリアド・レーシング・テクノロジー社についても、すでに実権を支配している。同社はNASCARのトップ3シリーズにエンジンを供給している。

NASCARで20年以上のキャリアを持つビル・デイビスは、2002年にはワード・バートンのドライブでデイトナ500マイルレースに優勝している。また、今シーズンのクラフトマン・トラックシリーズでは、BDRのジョニー・ベンソンが見事チャンピオンに輝いている。

新しいオーナーのGauntは、レースチームの運営だけでなく、NASCARシリーズでトヨタを使用するチームへのシャーシやエンジンを供給することで、ビジネスとして成立させることを目標にしているとしている。
レースチームについても来年1月までには詳細を決定して、開幕戦デイトナまでにはスプリントカップ、ネーションワイド、キャンピングワールド・トラックシリーズのすべてに参戦することを目指すとしている。

|

« LMS:ソーニエ・レーシング、2009年はマツダ・エンジンを使用 | トップページ | F2:マーチン・ブランドルの息子アレックス、F2にエントリー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:ビル・デイビス、BDRとエンジン会社の大半を売却:

« LMS:ソーニエ・レーシング、2009年はマツダ・エンジンを使用 | トップページ | F2:マーチン・ブランドルの息子アレックス、F2にエントリー »