« Grand-Am:Rd.1デイトナ24時間 レース結果 | トップページ | ALMS:アキュラのLMP1マシン、ARX-02aデビュー »

2009年1月27日 (火)

ALMS:ポルシェ新型911GT3 RSRを発表

122200913527625_image1_thumb 2009ポルシェ911GT3 RSR (C)ALMS

アメリカン・ルマンシリーズのGT2クラスに参戦しているポルシェは、2009年モデルの911GT3 RSRを発表した。ニューマシンは、今月26日からのセブリング・ウインターテストに参加する。

外観上目立つ変化は、フロントノーズ上のエアスクープが拡大されたことで、これはACOの2009年規則からエアコンディショナーの装備が必要になったためとされている。リアウイングも調節範囲が拡大され、ボディ底面と後部の改良とともに空力性能の向上が図られている。

ALMSのGT2クラスでは一昨年からフェラーリF430がポルシェ911GT3を凌ぐ成績を残していたが、昨シーズン半ばにポルシェが投入した4リッターエンジンにより形勢が逆転し、ポルシェは昨年のGT2クラスチャンピオンを獲得している。

注目されるのはその価格で、ベース車両は415,000ドルと昨年モデルより大幅に引き下げられている。昨年ポルシェは合計265台ものレースマシンを製造した。ポルシェは今年のALMSではLMP2クラスから撤退してGT2クラスのカスタマー・サポート集中し、チャンピオンを死守する構えでいる。新型911GT3 RSRはすでに20台のマシンが完成し、レーシングチームの元へ届けられることになっている。

|

« Grand-Am:Rd.1デイトナ24時間 レース結果 | トップページ | ALMS:アキュラのLMP1マシン、ARX-02aデビュー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:ポルシェ新型911GT3 RSRを発表:

» ポルシェ最強911GT3 RSRはエアコン付き [:: 246 log ::]
ポルシェのGT2用市販マシン、911GT3 RSRの2009年モデルはますますカ... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 13時49分

« Grand-Am:Rd.1デイトナ24時間 レース結果 | トップページ | ALMS:アキュラのLMP1マシン、ARX-02aデビュー »