« WTCC:BMW、2009年ドライバーラインナップを発表 | トップページ | FIA-GT:日産GT-R、2010年にFIA-GTに参戦か »

2009年1月 9日 (金)

DAKAR:パリダカ日本事務局・デイリーフォーカス:第6ステージ

08-01-2009 - (Daily Focus)第6ステージ

デプレが2009年大会初めてのステージ優勝、アル・アタイエがダカール・ラリーから離脱

本日のSSは雨の影響で短縮。シリル・デプレは今大会で初めてのステージ優勝。マルク・コーマはタイヤのトラブルでタイムロス、それでも総合タイムで2位のジョナ・ストリートに40分以上の差。アル・アタイエが今日も銃弾のような走りを見せてくれたが、ステージ優勝は砂上に消えた。

本日はサン・ラファエルからメンドーサまでの625km (うちSS 395km)の予定コースだった。先日の雨でアンデスの麓、ラ・ジュンタ村で、川の水量が急激に増し、SSが178kmに縮小された。

昨日のステージ優勝を納めたアメリカ人、ジョナ・ストリート(Jonah Street)-KTMが本日はトップでスタート。8番目にスタートしたシリル・デプレ(Cyril Despres)- KTMが今日のステージで最高パフォーマンスを披露した。CP1(89km)を最高タイムで通過、その後ストリートとロペスとでゴールまでグループ走行。最終コーナーで飛び出し、SS優勝を勝ち取った。通算17回目のステージ優勝。

総合順位で相変わらずトップをキープしているマルク・コーマ、今日のSSはデプレに2分09秒差の2位でゴールした。3位は、ジョーディ・ヴィラドムス(Jordi Viladoms)?KTMが5分15秒差。 チームKTM-RepsolはSSを1,2,3位フィニッシュした。

総合タイムでコーマはアドバンテージをさらに広げた。2位のストリートに40分29秒の差。ダヴィッド・フレティニェ(David Fretigne)-YAMAHAは相変わらず3位で、コーマと47分差。デプレも7位になったがトップのコーマと1時間半以上の差がある。

オート部門では今日の第6ステージはいろいろな話題満載の一日だった。CP1をカタール人、アル・アタイエ (Nassel Al Ataye)-BMWは弾丸のようなすごいスピードで空中を飛び通り過ぎたかに見えた。 そこで、競争相手に20分以上もの差をつけて通過したのだから。その後、エンジンがオーバーヒートし、それ以上のメカトラブルを避けようと砂丘コースを回避、いくつかのウェイポイントをミスしたために、SSゴールトップの到着は無効と判断された。チームBMW X-Raidはその夜のうちに、アル・アタイエのリタイアを決定する。

アル・アタイエの後ろを同じような狂気の走りでゴールしたジニエル・ドゥビリエ(Giniel De Villiers)-VW、思いがけないステージ優勝がまわってきて、最高の日になってしまった。アル・アタイエに遅れること5分7秒、そして、マーク・ミラー(Mark Miller)-VWは5分27秒遅れでゴールした。そしてアル・アタイエの怒りを一段と煽り立てたのは、宿敵カルロス・サインツ(Carlos Sainz)-VWが8分37秒遅れでゴールしたことである。それによって、VW勢が総合順位1,2,3位を押さえてしまった。

アル・アタイエのタイムがそのまま有効であれば、総合順位は2位がジニエル・ドゥビリエ(Giniel De Villiers)、7分31秒差、 3位がカルロス・サインツ(Carlos Sainz)15分16秒差、4位がマーク・ミラー(Mark Miller)、25分22秒差となっていたはずだった。

優勝候補から脱落したもう一つのチームは、リュック・アルファン(Luc Alphand)-ミツビシ、12km地点でコ・ドライバーのジル・ピッカールが体調不良のため医療班に救助され、メンドーサに運ばれた。ミツビシチームは、ローマとペテランセルがそれぞれ総合順位5位、6位につけている。

オート部門T2クラスでは、今日の短い、しかし手ごわいコースで熾烈なバトルになった。プロダクション部門のトップ4台は三橋淳がトップをキープしてきた。しかし、今日の総合順位ではチームメイトのフランス人ニコラ・ジボン(Nicolas Gibon)-トヨタが30分以上のタイム差で、スペイン人ザビエル・フォジXavier Fojを押さえた。

カミヨン部門ではゼラルド・デ・ローイ(Gerard De Rooy)-GINAFがサン・ラファエルをトップでスタート、しかし昨日の冴えた走りは見られず、2番手でスタートしたウラディミール・チャギン(Vladimir Chagin)-KAMAZに追い越され、最後ゴールは25分53秒遅れで到着した。本日ステージ優勝は従ってチャギン、2位はチームメイトのフィルダウス・カビロフ(Firdaus Kabirov)-KAMAZ、わずか20秒の差でゴールした。

総合順位は1位がフィルダウス・カビロフ(Firdaus Kabirov)-KAMAZ、ウラディミール・チャギン(Vladimir Chagin)-KAMAZは9分差で2位に後退、ゼラルド・デ・ローイ(Gerard De Rooy)-GINAFはカビロフと25分差で3位。

|

« WTCC:BMW、2009年ドライバーラインナップを発表 | トップページ | FIA-GT:日産GT-R、2010年にFIA-GTに参戦か »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:パリダカ日本事務局・デイリーフォーカス:第6ステージ:

« WTCC:BMW、2009年ドライバーラインナップを発表 | トップページ | FIA-GT:日産GT-R、2010年にFIA-GTに参戦か »