« F2:イタリアF3チャンピオン、ミルコ・ボルトロッティ、レッドブル3人目のF2ドライバーに | トップページ | NASCAR:ロガノ、史上最年少のデイトナ500出場者に »

2009年1月31日 (土)

Grand-Am:規定重量不足だったブルモス・ポルシェ

58_2 No.58 ブルモス・ポルシェ (C)Grand-Am

グランダム・シリーズ開幕戦、デイトナ24時間レースで優勝したNo.58 ブルモスのライリー・ポルシェは、レース後の車検で規定重量不足だったことが判明した。ただし、このことでブルモス・ポルシェの優勝が取り消されることはないとされた。これはイギリスのウェブサイトautosport.comが伝えたもの。

ディビッド・ダナヒューらのドライブで優勝したNo.58マシンは、グランダムシリーズ規則で許されている最低重量についての12ポンドまでの許容範囲を超えていたという。3,900ccのエンジンを持つNo.58は、本来2,225ポンドの最低重量が規定されている。

この違反により、No.58 ブルモスのチームとドライバーはチャンピオンシップポイントをそれぞれ5ポイント減算、チームは5,000ドルの罰金を科せられたが、優勝は認められることになった。これによりランキングでは、No.01ファン・モントーヤらのチップガナッシがトップに立つことになった。

日本やヨーロッパのレースでは、マシンの規定重量違反はレースから除外され失格処分となるケースが多いが、グランダム・シリーズは昨年NASCARが買収して傘下におさめており、NASCARでは伝統的に優勝者の車両規則違反はポイント減算や罰金のペナルティで済ませ、その勝利を取り消すことは少ない。

■チームポイントランキング

Pos Point No Team DIS VIR NJ LAG WG1 MOH DIS2 BAR WG3 MON SLK HOM
1 32 01 TELMEX Chip Ganassi with Felix Sabates 2
2 30 58 Brumos Porsche 1
3 30 59 Brumos Porsche 3
4 28 10 SunTrust Racing 4
5 26 02 TELMEX Chip Ganassi with Felix Sabates 5
6 25 16 Penske Racing 6
7 24 99 GAINSCO/ Bob Stallings Racing 7
8 23 2 Childress-Howard Motorsports 8
9 22 55 Level 5 Motorsports 9
10 21 13 Beyer Racing 10
11 20 09 Spirit of Daytona Racing 11
12 19 77 Doran Racing 12
13 18 75 Krohn Racing 13
14 17 61 AIM Autosport 14
15 16 22 Alegra Motorsports 15
16 15 60 Michael Shank Racing 16
17 14 45 Victory Junction-Orbit Racing 17
18 13 76 Krohn Racing 18
19 12 6 Michael Shank Racing 19

|

« F2:イタリアF3チャンピオン、ミルコ・ボルトロッティ、レッドブル3人目のF2ドライバーに | トップページ | NASCAR:ロガノ、史上最年少のデイトナ500出場者に »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grand-Am:規定重量不足だったブルモス・ポルシェ:

« F2:イタリアF3チャンピオン、ミルコ・ボルトロッティ、レッドブル3人目のF2ドライバーに | トップページ | NASCAR:ロガノ、史上最年少のデイトナ500出場者に »