« LMS:コレス・アウディR10の写真を公開 | トップページ | IRL:Rd.1セントピータースバーグ・最終エントリーリスト »

2009年4月 1日 (水)

IRL:ジミー・ジョンソン、カストロネペスの裁判で証言

エリオ・カストロネペス (C)IRL Media 拡大します

3月30日、前日NASCAR第6戦マーチンズビルで通算41勝目を挙げたジミー・ジョンソンが、マイアミで行われたエリオ・カストロネペスの脱税容疑についての裁判で証言台に立った。

この裁判ではカストロネペスと2歳上の姉が脱税容疑で、脱税についてのアドバイスをした容疑でミシガンの著名な弁護士であるアラン・ミラーの3名が被告となっている。今回のジョンソンの証言はミラー弁護士についてのものであり、カストロネペス本人についてのものではない。

ジョンソンの証言では、ミラー弁護士はインディカーシリーズ(IRL)とNASCARドライバーに多くのクライアントを持っており、ジョンソンも財政的な助言を受けているとしている。約10分間の証言の中でジョンソンは、全米プロフットボール・プレイヤー協会の弁護士も務めたミラー弁護士は正直であるとの評判が高く、その性格が誰にも負けないものであるとしている。

検察側の主張では、カストロネペスが1999年にペンスキー・レーシングと契約して以来2004年までの間、その報酬のうち500万ドル分にかかる税金を不法に逃れたとしている。それにはミラー弁護士の助言が大きな役割をしてきたとされる。その金は最初はパナマのダミー会社に計上され、その後オランダの口座へ移されたという。これに対して、カストロネペス側は、この金はブラジルでカストロネペスのプロモーションの仕事をしている父への報酬であるとして、脱税容疑を否定している。

もし、3名の被告が有罪ということになれば、懲役6年以上の刑が科せられる可能性があり、カストロネペスのドライバーとしての生命にピリオドが打たれることになりかねない。その判決はここ1週間の間に出されることになっている。IRLは今週末にセントピータースバーグで開幕するが、関係者の間には裁判結果を待たず、少なくともカストロネペスの今シーズンのレース出場は難しいだろうという観測も出ている。

|

« LMS:コレス・アウディR10の写真を公開 | トップページ | IRL:Rd.1セントピータースバーグ・最終エントリーリスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/44532930

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ジミー・ジョンソン、カストロネペスの裁判で証言:

« LMS:コレス・アウディR10の写真を公開 | トップページ | IRL:Rd.1セントピータースバーグ・最終エントリーリスト »