« GP2:アジアシリーズRd.6(最終戦)バーレーン 予選結果 | トップページ | F2:24台のマシンが完成間近に »

2009年4月25日 (土)

IRL:ミルカ・デュノ、DRRからカンサス戦に出場

ミルカ・デュノ (C)IRL Media 拡大します

ドレイヤー・レインボールド・レーシング(DRR)は、今週末のインディカーシリーズ(IRL)第3戦カンサスに、TBAとなっていたドライバーにミルカ・デュノを起用することを発表した。
デュノは第2戦までDRRのNo.23マシンをドライブしたダレン・マニングに替わって次戦インディ500マイルレースにも参戦。その後のシリーズの数戦にも出場する。スポンサーは昨年までと同様、デュノの母国ベネズエラの石油会社『CITGO』がつく。これによりカンサス戦には、ダニカ・パトリック、サラ・フィッシャー、ミルカ・デュノと久々に3人の女性ドライバーが揃うことになった。

ミルカ・デュノ:「わたしはカンサスでのレースに戻ってくることが出来て満足しています。ファンの応援はとても大きな支えととなってくれました。昨年の彼らの声援の力でDRRに戻ってくることができて嬉しく思っています。最後に、わたしはCITGOの素晴らしい支持に感謝しなければなりません。わたしが戻ってきたことを評価してもらい、良い結果を残すために一生懸命に働きます」

デュノは2007年テキサスでのレースで自己最高位の11位に入り、この年のルーキー・オブザイヤーで2位となっている。昨年はシカゴランドでの14位が最高位で、この年5ラップではあるもののリードラップを取っている。
また、デュノはドライバー活動の他に『ミルカ・ウェイ』と呼ばれる子供の教育のための慈善事業プログラムを行っている。

|

« GP2:アジアシリーズRd.6(最終戦)バーレーン 予選結果 | トップページ | F2:24台のマシンが完成間近に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/44782789

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ミルカ・デュノ、DRRからカンサス戦に出場:

« GP2:アジアシリーズRd.6(最終戦)バーレーン 予選結果 | トップページ | F2:24台のマシンが完成間近に »