« NUR24:フォルクスワーゲン・ジャパン・プレスリリース ”フォルクスワーゲン、ニュルブルクリンク24時間レースでシロッコGT24がAT(代替燃料)及び2.0リッターガソリンターボエンジンクラスでそれぞれクラス優勝” | トップページ | F1,GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 【5月25日号】 »

2009年5月25日 (月)

GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第2戦モナコ

Msheadright    2009 GP2 Series 第2戦 Race2  
  開催場所: モンテカルロ 開催日: 5月23日

GP2シリーズ第2戦レースレポート

ブリヂストンがサポートするGP2シリーズ第2戦の2レースがモナコの公道コースで開催され、今シーズン初めて登場した新しいスーパーソフトコンパウンドタイヤを装着したロメイン・グロージャン(Barwaアダックス・チーム)とパストール・マルドナド(ARTグランプリ)がそれぞれ優勝した。

全45周で争われた金曜日のフィーチャーレースでは、ポールポジションからスタートしたグロージャンが優勝し、チームメイトのヴィタリー・ペトロフが6.6秒差の2位でゴール、Barwaアダックス・チームは開幕戦に続き、フィーチャーレースでワンツーフィニッシュを達成した。グロージャンは最速ラップタイムを記録して、さらに1ポイントを獲得した。3位に入賞したのはアンドレアス・ヅゥーバー(FMSI)だった。トラクションが必要な、このモナコ独特の公道コースでは、磨耗がリアタイヤに集中するため、一人を除く全ドライバーがピットストップでリアタイヤのみを交換した。

土曜日に行われたスプリントレースは全30周で争われたが、アクシデントが多発した。その中でマルドナード、ジェローム・ダンブロジオ(DAMS)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ARTグランプリ)が表彰台に登った。最速ラップタイムを記録したのはペトロフだった。モナコ戦終了時点で、グロージャンが合計31ポイントを獲得してドライバーズ・ランキング首位を守り、ペトロフとダンブロジオがそれぞれ18ポイントでグロージャンに続いている。チームランキングではBarwaアダックス・ チームが合計49ポイントで首位に立ち、DAMSが21ポイントで2位、ARTグランプリが20ポイントで3位に着けている。

2009年GP2シリーズ第3戦は6月5日~7日までイスタンブール(トルコ)で開催される。イスタンブールでは、昨年のハードスペックタイヤに代わり、今シーズン2度目のミディアムコンパウンドタイヤを使用する予定である。
  
ディディエ・ペリン GP2シリーズ テクニカル・ディレクターのコメント:
「予選のトップタイムを見ると、同じコースで昨年よりも1.559秒速くなっている。これほどタイムが速くなったのは、ブリヂストンタイヤがソフトなコンパウンドになったことと、メカクロームが組み立て直したルノーの2009年型エンジンによるところが大きい。私たちのデータによると、この特殊なサーキットではラップタイムの0.3秒がエンジンに起因することがわかっている。この事実から、ラップタイム縮小には新しいタイヤの影響もかなり大きかったと結論付けることができる。我々は、今年のレースの娯楽性を増し、ラップタイムに貢献するためには、ソフトなタイヤが必要だと主張していた。」

浜島裕英 ブリヂストンMS・MCタイヤ開発本部長のコメント:
「今週末のスーパーソフトタイヤのパフォーマンスは良好で、グリップダウンのレベルも予想通りでした。GP2シリーズはモナコ用のタイヤの選択を喜んでくれました。このコースには適正な選択だったと思います。第1レースでは、ドライバーの1人が4本のタイヤを全て交換していましたが、それ以外の全ドライバーがリアタイヤだけを交換しました。それはこのコースではフロントタイヤよりもリアタイヤに大きな負担がかかることを知っていたからです。フィーチャーレースではグロージャンが開幕戦に続いて素晴らしい結果を残しました。今シーズン、私たちが全体的に一段階ソフトなスペックに移行したことが功を奏しているようです。」

※レース結果は省略させて頂きました。

|

« NUR24:フォルクスワーゲン・ジャパン・プレスリリース ”フォルクスワーゲン、ニュルブルクリンク24時間レースでシロッコGT24がAT(代替燃料)及び2.0リッターガソリンターボエンジンクラスでそれぞれクラス優勝” | トップページ | F1,GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 【5月25日号】 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:ブリヂストンモータースポーツ・リリース 第2戦モナコ:

« NUR24:フォルクスワーゲン・ジャパン・プレスリリース ”フォルクスワーゲン、ニュルブルクリンク24時間レースでシロッコGT24がAT(代替燃料)及び2.0リッターガソリンターボエンジンクラスでそれぞれクラス優勝” | トップページ | F1,GP2:TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート 【5月25日号】 »