« NASCAR:Rd.12ロウズ『コカコーラ600』は雨のため月曜日に延期 | トップページ | IRL:ホンダリリース ”伝統のインディ500でエリオ・カストロネベスがポール・トゥ・ウイン” »

2009年5月25日 (月)

NUR24:ポルシェ、4年連続の総合優勝を達成

 

(C)Porsche AG. 拡大します 

ポルシェは、今年のニュルブルクリンク24時間レースで、4年連続の総合優勝を成し遂げた。ティモ・ベルンハルト(ドイツ)、マーク・リーブ(ドイツ)、ロメイン・ダマス(フランス)とミッシェル・ティーマン(モナコ)は、マンタイ・レーシングの480馬力、ポルシェ911 GT3 RSRで、2位のアウディを下してゴールした。リチャード・ゲーツ(オーストリア)、ウォルフ・ヘンツラー(ドイツ)、エマニュエル・コラード(フランス)、ダーク・ワーナー(ドイツ)のマンタイ・ポルシェは445馬力の911 GT3カップSで第3位となった。ポルシェは総合トップ10で7台を占めた。
今年のニュルブルクリンク24時間レースには合計235,000人の観客が集まり、その前でトップのマンタイ・ポルシェは3,933キロメートルを走破し、2006年の自身の記録を101キロメートル更新したレコードとなった。ティーマンはこれで5回目の総合優勝となり、この24時間レースで最も成功したレドライバーとなった。

レース開始から約1時間、リーブはダーク・アドルフがドライブするポールポジションのフォードGTに続いて2位で走行。フォードGTがバックマーカーの処理に手間取った間にリーブがトップに立った。それから昨年の優勝者は日曜日の午前中までアウディR8 LMSとの激闘を展開した。規則によりアウディR8はポルシェより20リッター大きな燃料タンクを持っており、1スティントで1ラップ、ポルシェより長く走ることが可能だった。

ベルンハルトは、この不利を打ち消すためにより多くのリスクをおかす必要があったとしている。アウディが技術的な問題で日曜の午後に後退するまで、マンタイ・ポルシェは全力で走り続けたが、ドライバーが誰もひとつのミスをも犯すことはなかった。
3位のポルシェ911 GT3カップSは、ドライブシャフトの交換で24分をロスしたことが悔やまれる。これがなければ1-2フィニッシュが可能だっただろう。

ウベ・アルツェンの420馬力ポルシェ911 GT3カップが4位に入ったことは、ポルシェの信頼性の印象的な証明でもあった。911 GT3カップマシンは日本も含む世界13ヶ国で行われているポルシェカップレースで戦っているマシンそのものである。

ポルシェ・モータースポーツ代表ヘルムート・クリステン:「ポルシェチームの一貫して素晴らしいパフォーマンスに感動した。われわれのカクタマーはこのレースで3種類の異なるポルシェを走らせた。911 GT3 RSR、911 GT3カップSと911 GT3カップ。3つのモデルはどれも速く、信頼性も高かった。ポルシェ911が現在でもいまだ世界で最高のスポーツカーであることを示すために、これ以上印象的な方法ほとんどはない。それぞれのクラスで大きな仕事をしたマンタイ・レーシングと、他のすべてのポルシェ・チームにおめでとうをいいたい。明らかにポルシェにとって不利な立場に置かれている新しい燃料タンク規制にもかかわらず、マンタイ・チームは4年連続の総合優勝をもたらした。しかし、それは規則が修正されなければならないという事実を隠すものではない。効率的なマシンは、ピットでの燃料補給に多くの時間をとられることであってはならないものである」

ポルシェ・モータースポーツ・プレスリリース

 (C)Porsche AG. 拡大します

|

« NASCAR:Rd.12ロウズ『コカコーラ600』は雨のため月曜日に延期 | トップページ | IRL:ホンダリリース ”伝統のインディ500でエリオ・カストロネベスがポール・トゥ・ウイン” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NUR24:ポルシェ、4年連続の総合優勝を達成:

« NASCAR:Rd.12ロウズ『コカコーラ600』は雨のため月曜日に延期 | トップページ | IRL:ホンダリリース ”伝統のインディ500でエリオ・カストロネベスがポール・トゥ・ウイン” »