« WTCC:Rd.6ブルノ 予選結果 | トップページ | F2:Rd.2ブルノ 第2レース予選結果 »

2009年6月21日 (日)

IRL:ホンダリリース・第7戦アイオワ ”予選中止によりエリオ・カストロネベスがポールポジション獲得”

Honda_logo 

予選中止によりエリオ・カストロネベスがポールポジション獲得
武藤英紀は11番グリッドからスタート

2009年6月20日(土)
予選
会場:アイオワ・スピードウェイ(全長0.894マイル)
天候:曇り
気温:28~29℃

2009年IRLインディカー・シリーズ第7戦は、アイオワ州の州都デモイン近郊のアイオワ・スピードウェイで開催されている。シリーズ中2番目に短い全長0.894マイルのショート・オーバルコースでの予選は、2年連続で中止となった。昨年はタイミングの悪い雨によって走行断念となったが、今年は前日の大雨による影響からか予選開始前になってターン4などのコース表面から水が染み出し、コースの安全を確保できなくなったためだった。予定より約1時間遅れ、夕方5時半に予選はいったんスタート。しかし、3人のドライバーたちがアタックを行ったところで、水の染み出しが止まらないため、中止が宣言された。

明日のスターティング・グリッドは、エントラントポイント順で決められることとなり、エリオ・カストロネベス(Team Penske)が今季2回目となるポールポジションを獲得した。ただし、ポールウイナーに対するボーナスポイントの1点は、予選の行われなかった今回は与えられない。

2番グリッドにはカストロネベスのチームメートであるライアン・ブリスコー(Team Penske)、3番グリッドにはスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)がつくこととなった。

昨年、このアイオワ・スピードウェイで日本人最高リザルトとなる2位フィニッシュを記録した武藤英紀(Andretti Green Racing)は、最初のアタッカーとして予選を走ったが、その後に予選のキャンセルが決定。エントラントポイントの順位により、スターティング・グリッドは11番手と決まった。

コメント
エリオ・カストロネベス(ポールポジション)

「サーキットに集まってくれたファンは、エキサイティングな予選を見るチャンスを失った。中止は非常に残念だ。開幕戦のセント・ピータースバーグに出場していない私がポールポジションからスタートできるのは、開幕戦でウィル・パワー(Team Penske)が6位となって獲得していたポイントがあるためだ。彼に感謝したい。今日のプラクティスでのラップタイムを見ればわかる通り、チーム間の実力は拮抗している。明日のレースは、燃費をセーブして給油時間を短くする作戦など、ありとあらゆる可能性を考えて戦わねばならない」

ライアン・ブリスコー(2番グリッド)
「ポイントによって我々は2番グリッドと決まった。予選を開催できなかったのは残念だが、フロントローからのスタートとなった点はうれしい。また、Team Penskeがフロントロー独占を果たすこともできた。しかし、我々は予選に向けてもかなり自信を持っており、本当のことを言えば走りたかった。私かエリオ・カストロネベスのどちらかがポールポジションを獲得できていた可能性は十分にあった」

スコット・ディクソン(3番グリッド)
「プラクティスでのタイムを見る限り、我々はフロントローを獲得できた可能性が高かった。それだけに我々は少々厳しい状況に置かれることとなった。ポイント順でグリッドが決まることとなり、私は2列目イン側の3番グリッドからスタートすることになった。マシンは予選アタックでもいいハンドリングになっていたが、コースには多量の水が出ていた。走る台数が増えれば路面に染み出す水も増え、アクシデントが発生する可能性が高まる。レース主催者とすれば予選を中止するという判断は難しいだろうが、仕方がなかったと思う」

武藤英紀(11番グリッド)
「アイオワのコースはオーバーテイクが難しいと思うので、燃料をセーブする作戦がとても重要になってくると思います。フルコースコーションが出た場合、ピットストップで給油の時間を短くできれば、ポジションを上げることができるからです。我々の決勝用セッティングはいいと思うので、アクシデント、フルコースコーションが少なく、各スティントが長くなるレースとなった場合、ハンドリングが悪くなったマシンをオーバーテイクできるチャンスが出てくるはずです」

ロジャー・グリフィス|HPD レース・チームマネジャー
「予選中止は非常に残念だ。しかし、コースの数カ所から水が染み出していたため、IRLは安全を重視して中止を決断した。その決定に間違いはなかったと思う。予選開始後にも水漏れは続き、その間に気温が下がっていく状況だった。こうなると、走る順番がうしろになればなるほど有利になってしまうため、予選中止は正しい判断だったと考えられる。

アイオワ・スピードウェイは、単独でならエンジン全開で1周を走れるが、前後にマシンが走っているレースでは全開走行は不可能だ。レーシングラインは1本しかなく、オーバーテイクの非常に難しいコースでもある。しかし、トラフィックの処理の良し悪しや、タイヤの消耗によるハンドリングの悪化などによってオーバーテイクのチャンスは生まれるので、とてもエキサイティングなレースになることを期待している」

スターティンググリッド
順位 ドライバー チーム 総合ポイント

   
1 エリオ・カストロネベス Team Penske 214
2 ライアン・ブリスコー Team Penske 199
3 スコット・ディクソン Target Chip Ganassi Racing 196
4 ダリオ・フランキッティ Target Chip Ganassi Racing 188
5 ダニカ・パトリック Andretti Green Racing 167
6 ダン・ウェルドン Panther Racing 152
7 トニー・カナーン Andretti Green Racing 146
8 マルコ・アンドレッティ Andretti Green Racing 141
9 グラハム・レイホール Newman/Haas/Lanigan Racing 126
10 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 116
11 武藤英紀 Andretti Green Racing 107
12 ラファエル・マトス Luczo Dragon Racing 107
13 エド・カーペンター Vision Racing 106
14 ロバート・ドーンボス Newman/Haas/Lanigan Racing 104
15 マリオ・モラレス KV Racing Technology 95
16 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing 93
17 ライアン・ハンターレイ A.J.Foyt Enterprises 87
18 E.J.ヴィソ HVM Racing 73
19 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing 72
20 ジャック・ラジアー Curb/Agajanian/Team 3G 62

※予選は雨天中止となったため、第6戦時点のエントラントポイントでグリッドを決定

|

« WTCC:Rd.6ブルノ 予選結果 | トップページ | F2:Rd.2ブルノ 第2レース予選結果 »