« LM24:ルマン24時間レース 16時間目結果 | トップページ | LM24:ルマン24時間レース 18時間目結果 »

2009年6月14日 (日)

LM24:トレルイエの怪我は大事には至らず

イギリスのウェブサイトautosport.comによれば、ダンロップコーナー先のエセスで大クラッシュしたブノワ・トレルイエについて、チーム代表のアンリ・ペスカルロは、幸いトレルイエの怪我が重傷ではないとコメントしている。

スタートから14時間を過ぎた頃、4番手を走っていたペスカルロ・プジョーの17号車は、このクラッシュでコクピット以外は原形をとどめないほど大きなダメージを受けた。ペスカルロは医療センターでトレルイエと会話して、怪我が大きなものではなかったことを確認している。
事故の直前のテレメトリーデータには以上はなく、事故原因は分かっていないとしている。

ペスカルロ・プジョーはレース序盤、ワークス・プジョーの7号車とピットで接触。両マシンともダメージを負ったが、17号車は順位を挽回してアウディの1号車を追撃しているところで起きた事故だった。
ペスカルロ・ジャッドの16号車は現在6番手につけている。

|

« LM24:ルマン24時間レース 16時間目結果 | トップページ | LM24:ルマン24時間レース 18時間目結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:トレルイエの怪我は大事には至らず:

« LM24:ルマン24時間レース 16時間目結果 | トップページ | LM24:ルマン24時間レース 18時間目結果 »