« IRL:Rd.10トロント・エントリーリスト (訂正版) | トップページ | WTCC:ボルボ、ブランズハッチ戦に出場 »

2009年7月 9日 (木)

DAKAR:ダカールラリー2010年大会バイク規定

Dakar 2009年ダカールラリー (C)ASO.

ダカールラリーの主催者であるASO.は、2010年のモト部門についてのレギュレーションを発表した。この件については、6月に発表されたASO.の排気量を縮小する改正案に2009大会の優勝チームKTMなどが反発、KTMは来年の大会からのワークス撤退を表明していた。

 2009年7月8日

競技用バイクに関する規定
 
 ダカール・ラリーのバイクの規定について、ASOはモト部門のプロ&アマチュア競技者、オートバイメーカーやチューンンアップ業者、国際2輪協会などの担当者らと何度も協議を重ねてきました。
 その結果、当大会の競技用バイクは450cc以下とするという規定はそのままということになりました。

 しかしこの実施において、下記のような段階を経ることになります。

 ダカール・ラリー2010大会では、エリートパイロットが450ccを越えるバイクを使用する際は、リストリクターを設置する。もちろん、エリートパイロットは450cc以下のバイクで参加もOK, その他のアマチュアはバイクの種類は任意、リストリクターの設置は不要。

 2011年大会では、エリートパイロットはすべて450cc以下でなければいけない。その他アマチュアパイロットはバイクの種類は任意だが、450ccを越えるバイクを使用する場合、リストリクターの設置が義務付けられる。

 2012年大会では、全員450cc以下のバイクでなければならない。
 
 使用するリストリクターは現在準備中で、7月中旬以降、エリートパイロットに配布される。リストリクターは様々な重量のバイクが重さ&パワーレシオがほぼ同比になるようデザインされているもの。

 エリートパイロットのリストはこちらでダウンロードできる。

|

« IRL:Rd.10トロント・エントリーリスト (訂正版) | トップページ | WTCC:ボルボ、ブランズハッチ戦に出場 »