« BTCC:ハーバート、BTCCマシンをテスト | トップページ | NASCAR:ビルニューブのカナダシリーズ緒戦はリタイヤに終わる »

2009年7月14日 (火)

Special:片山 右京、今度は自転車レースに挑戦

片山 右京 (C) 拡大します

ダカール・ラリーの主催者ASOは、今月26日まで約3週間にわたって繰り広げられているツール・ド・フランスも主催しているのをご存知でしょうか。そして、そのツール・ド・フランスの一番苛酷なステージと同じコースを、大会通過数日前に、一般解放されて誰でも好きな自転車で参加できるレタップ・ドュ・ツールというのがあります。これには毎年、日本から参加している自転車ファンがいます。
今年のステージは、ツール・ド・フランスの歴史で様々な逸話を提供した、名だたる険しい山モンバントゥ、7月20日に行われます。それについての案内がASOから届いています。

                                 フランス 2009年7月13日8
ツール・モンドベロ、超VIPステージ!
かの伝説のモンヴァントゥで、来る7月20日、レタップ・デュ・ツール モンドヴェロが開催される。なんと、そこにスポーツ界の元チャンピョンが15人も参加するという。第17回を迎えるレタップ・デュ・ツール モンドヴェロ、ステージはモンテリマールを出発し、ゴールはモン・ヴァントゥの頂上まで 170km。3つの山を越える難級コースだ。

まず、なんといってもビッグな優勝候補は、2009年フランスチャンピョンのデミトリ。ツール・ド・フランスの大会1週間前にフランス人でベストタイムをたたき出したにもかかわらず、彼の所属するチームがツー・ル・ド・フランスに参加していない為に出場できなかったのだ。当然、レタップ・デュ・ツール モンドヴェロの優勝を狙っているに違いない。
かつての自転車のチャンピョンとしては、フランス人ローラン・ブロシャール(Laurant Brochard), セドリック・ヴァッスール(Cedric Vasseur), オリンピックなど様々な大会優勝の記録を持つフロリアン・ルソー(Florian Rousseau), イギリス人 クリス・ボードマン(Chris Boardman),日本人 今中大介、 ドイツ人エリック・ザベル (Eric Zabel)らが、かつてのツール・ド・フランスの香りを嗅ぎにやってくる。

その他、2006年大会滑降スキーチャンピョン、アントワヌ・デネリアス(Antoine Deneriaz)、 1992年ノルディック混合スキーチャンピョン、ファブリス・ギー(Fabrice Guy), フランス・ラグビーチームのローラン・ベネゼック (Laurent Benezech)、ステファン・ウジエ(Stephane Ougier) セバスチャン・ヴィアール (Sebastien Viars)。 
さらにモータースポーツ界からも、アラン・プロスト(Alain Prosut)を筆頭に、片山右京、ステファン・サラザン(Stephane Sarrazin)ポール・ベルモンド(Paul Belmond)などダカール・ラリーの常連も参加する。
そして、フリーダイビングの世界的記録(11分35秒)を持つ、ステファン・ミフシュ (Stephane Mifsud)が今年も参加、地上9,500mに挑む。

詳細はこちら

パリダカ日本事務局プレスリリース

|

« BTCC:ハーバート、BTCCマシンをテスト | トップページ | NASCAR:ビルニューブのカナダシリーズ緒戦はリタイヤに終わる »