« NASCAR:NASCARドライバーなど、オバマ大統領を訪問 | トップページ | DTM:マシン開発凍結がスタート »

2009年8月21日 (金)

ALMS:ドレイソン・レーシング、ローラ・ジャッドでLMP1へ参戦

Drayson0819main1 Drayson Racing - Lola B09/60Coupe Judd (C)ALMS

アメリカンルマンシリーズ(ALMS)のドレイソン・レーシングは、ALMS第10戦ロードアトランタ、今年12年目となる”プチルマン”にローラB09/60クーペ・ジャッドでLMP1クラスにデビューすることを発表した。ドライバーはロード・ドレイソン、ジョニー・コッカー、ロブ・ベルの3名。

チームは昨年のALMSでアストンマーチン・ヴァンテージでGT2クラスに参戦、今シーズンは開幕戦のセブリング12時間の後はルマンシリーズ(LMS)へ同マシンで出場、ALMSへは開幕戦以来の復帰となる。アストンマーチンによるLMSの残り2戦、今週末のニュルブルクリンクと最終戦シルバーストーンへの参戦も継続する。

ドレイソン・レーシングのローラ・ジャッドは、ロードアトランタの後、ALMS最終戦ラグナセカと岡山でのアジアン・ルマンにも出場することになっている。

|

« NASCAR:NASCARドライバーなど、オバマ大統領を訪問 | トップページ | DTM:マシン開発凍結がスタート »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:ドレイソン・レーシング、ローラ・ジャッドでLMP1へ参戦:

« NASCAR:NASCARドライバーなど、オバマ大統領を訪問 | トップページ | DTM:マシン開発凍結がスタート »