« GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン・プレビュー | トップページ | WTCC:トム・コロネル、岡山とマカオ戦を欠場へ »

2009年8月29日 (土)

GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン 予選結果

アルバーロ・パランテ (C)GP2 Series Media Service   拡大します

GP2シリーズ第8戦スパ・フランコルシャン予選は、フリー走行の雨も上がりドライコンディションのもと行われ、アルバーロ・パランテ(オーシャン・レーシングテクノロジー)がシリーズ初のポールポジションを獲得。チームにとっても初のポールとなった。2番手にはルーカス・ディグラッシ(ファットバーナー・レーシングエンジニアリング)がつけたが、予選終了後ディグラッシはカルム・チャンドックのタイムアタックを妨害したとして3グリッド降格のペナルティを受けた。これによりディグラッシは5番手グリッドとなり、ニコ・ヒュルケンバーグ(ARTグランプリ)が2番手、ディアゴ・ヌネスが自己最高の3番手スタートとなった。

セッションは序盤、ダビデ・リゴンがバスストップ・シケインでスピンして赤旗中断したが、大きな波乱はなく進行。セッション終盤、上位グループの激しいタイム争いとなった。アルバーロ・パランテはセッッションも残り20秒ほどのところでトップタイムをマークした。しかし、ロルダン・ロドリゲスがスピンしてコース上に止まったためイエローフラッグが出され、まだタイムアタック中だったドライバーはパランテのタイムを更新することが出来なかった。

また、フランク・ペレラは、予選トップから107%のタイムをオーバーし、第1、第2レースとも出走できないことになった。ペレラは雨のフリー走行でもトップから12秒離されたタイムで、このことも予選落ちの要因となっっている。

小林 可夢偉は10番手と、第4戦以来久々にトップ10グリッドとなった。17番手グリッドまでのドライバーがトップから1秒以内という接戦となり、明日の第1レースも激しい戦いとなることが予想される。

また、英autosport.comが伝えるところによれば、スクーデリア・コローニは、前身のフィジケラ・モータースポーツとアンディ・ソチェックとの間の金銭トラブルから、今日のフリー走行前にソチェックの弁護士によってマシンが差し押さえられ、フリー走行、予選とも走行することができなかった。チームは、スパ・フランコルシャンでのレースを断念したとされ、誕生早々のチームにとっては思いがけないトラブルとなった。

(C)GP2 Series Media Service   拡大します

Sap-Francorchamps  Qualifications
Driver Team Time Laps Laps To 1st
1 Alvaro Parente Ocean Racing Technology 1:54.970 13
*2 Lucas di Grassi Fat Burner Racing Eng. 1:55.050 13 0.080
3 Nico Hulkenberg ART Grand Prix 1:55.102 13 0.132
4 Diego Nunes iSport International 1:55.150 13 0.180
5 Vitaly Petrov Barwa Addax Team 1:55.152 14 0.182
6 Karun Chandhok Ocean Racing Technology 1:55.170 13 0.200
7 Sergio Perez Telmex Arden International 1:55.210 14 0.240
8 Roldan Rodriguez Piquet GP 1:55.255 14 0.285
9 Pastor Maldonado ART Grand Prix 1:55.462 12 0.492
10 小林 可夢偉 DAMS 1:55.482 15 0.512
11 Dani Clos Fat Burner Racing Eng. 1:55.517 13 0.547
12 Giedo van der Garde iSport International 1:55.560 13 0.590
13 Javier Villa Super Nova Racing 1:55.785 13 0.815
14 Davide Rigon Trident Racing 1:55.806 13 0.836
15 Jerome d’Ambrosio Dams 1:55.822 14 0.852
16 Michael Herck DPR 1:55.858 13 0.888
17 Davide Valsecchi Barwa Addax Team 1:55.928 13 0.958
18 Luca Filippi Super Nova Racing 1:56.061 14 1.091
19 Alberto Valerio Piquet GP 1:56.063 14 1.093
20 Edoardo Mortara Telmex Arden International 1:56.285 14 1.315
21 Stefano Coletti Durango 1:56.634 14 1.664
22 Ricardo Teixeira Trident Racing 1:57.688 15 2.718
23 Nelson Panciatici Durango 1:57.792 14 2.822
24 Franck Perera DPR 2:24.927 7 29.957

* ルーカス・ディ・グラッシは、予選中カルム・チャンドックのタイムアタックを妨害したとして3グリッド降格処分を受けた。

|

« GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン・プレビュー | トップページ | WTCC:トム・コロネル、岡山とマカオ戦を欠場へ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン 予選結果:

« GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン・プレビュー | トップページ | WTCC:トム・コロネル、岡山とマカオ戦を欠場へ »