« IRL:松浦 孝亮、インディ・ジャパンにむけて | トップページ | GP2:Rd.7バレンシア レース2結果 »

2009年8月23日 (日)

IRL:BRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300 mileに松浦孝亮選手が参戦決定!

080401  (C)Conquest Racing

コンクエストレーシングはクリック証券株式会社とともにBRIDGESTONE INDY JAPAN 300mile に出場します

コンクエストレーシングは09年の9月にツインリンクもてぎで行われるBRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300 mileにクリック証券株式会社、松浦孝亮選手とともに初出場する事になりました。クリック証券株式会社は日本においてインターネットによる先進的な証券取引サービスを提供している証券会社です。松浦孝亮選手はインディカー・シリーズに日本のファンの前でカムバックを果たします。

チームオーナー エリック・バシェラールのコメント
“我々は松浦孝亮選手のホームタウンである日本で行われるBRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300 mileに初めて出場できることに興奮しており、また楽しみにしています。そしてクリック証券株式会社様のような心強いパートナーとともにこのレースに出場できることを大変喜ばしく思っています”

カーナンバー34 CLICK Securities Conquest Racing Dallaraをドライブする松浦孝亮選手は、2004年にインディカー・シリーズにデビューし、04年に行われた第88回インディ500マイルレースで新人賞を獲得しました。
さらに、松浦選手は予選で2位の最高位と決勝で4位のベストリザルトを記録して年間の新人賞も獲得しました。

松浦孝亮選手のコメント
“クリック証券株式会社様とコンクエストレーシングとともにBRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300 mileに出場できることをとても嬉しく思っております。このたび多大なるご支援をして下さいましたメインスポンサーのクリック証券株式会社様、そして快くチームに迎え入れてくれたコンクエストレーシングには本当に感謝しております。スポット参戦で、実質2年ぶりのインディカー・レースですが、自分のできる準備は全て行い、全力で200周走り切りトップ5フィニッシュを目指したいと思います”

松浦選手はインディカー・シリーズに64レース出場し、5位以内の入賞を3回、10位以内の入賞を22回、ラップリーダー31周の経験があり、インディカー・レースに出場する前に、03年にヨーロピアン・フォーミュラ・ルノーV6に出場して3勝、02年はドイツF3選手権でランキング2位に入り、00年は日本のフォーミュラ・ドリームでチャンピオンを獲得しています。元F1ドライバー鈴木亜久里が活動しているARTA Projectの一員でもあります。

クリック証券株式会社 代表取締役 高島秀行氏のコメント

「わたしは米国に滞在していた時期があり、その時からインディのファンでした。FX取引は外国為替というグローバルな経済活動であり、証券会社は「スピード」「先進性」が常に要求される点でインディとイメージが合ったこと。この共通点から応援させて頂くことになりました。松浦選手は2年ぶりの復帰という事ですが、上位を目指して頑張って欲しいです」

                            コンクエストレーシング・プレスリリース

|

« IRL:松浦 孝亮、インディ・ジャパンにむけて | トップページ | GP2:Rd.7バレンシア レース2結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/46009331

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:BRIDGESTONE INDYTM JAPAN 300 mileに松浦孝亮選手が参戦決定!:

« IRL:松浦 孝亮、インディ・ジャパンにむけて | トップページ | GP2:Rd.7バレンシア レース2結果 »