« NASCAR:Rd.30オートクラブ レース結果 | トップページ | EF3:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラムレポート 【10月12日号】 »

2009年10月12日 (月)

IRL:ホンダリリース・第17戦ホームステッド・マイアミ ”最終戦はダリオ・フランキッティが優勝し、09年度チャンピオンに輝く "

Honda_logo

 

最終戦はダリオ・フランキッティが優勝し、09年度チャンピオンに輝く
武藤英紀は予選19位から6位フィニッシュでシーズンを締めくくる

In091011001h 2009年10月10日(土)
決勝
会場:ホームステッド・マイアミ・スピードウェイ(全長1.5マイル)
天候:快晴
気温:29~33℃

4月上旬に開幕し、17戦で争われた2009年のIRLインディカー・シリーズは、ついに最終戦を迎えた。4年連続でチャンピオン争いは最終戦までもつれ込み、今シーズンは3人のドライバーに王座に就くチャンスがある。

シーズン最後のレースは、フロリダ州ならではの強い日差しが照りつける中で華やかに開催された。全長1.5マイルの高速オーバルコース、ホームステッド・マイアミ・スピードウェイがその舞台となった。

In091011003h ダリオ・フランキッティ
チャンピオンの座を争うドライバー、ダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)、スコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)、ライアン・ブリスコー(Team Penske)の3人は、ポールポジションからの上位グリッド3つを占めた。彼らを含む23人のドライバーたちは夕方5時、300マイル、200周のレースへとスタートを切った。ホームステッドは朝から猛暑に見舞われており、グリーンフラッグが振り下ろされた時、温度計の針は32℃を指したままだった。

In091011004h ライアン・ブリスコ
レースはチャンピオン争いにふさわしい激戦となった。200周の戦いは、インディカー・シリーズ史上初めてスタートからゴールまでフルコースコーションが一切出されず、驚くべきハイペースで進んでいった。このレース展開を味方につけたのがフランキッティだった。彼は3回のピットストップでゴールまで走りきり、今季5勝目をマークし、チャンピオンの座を手に入れた。スタートから延々トップ争いを続けたディクソンとブリスコーは、それぞれ残り8周と残り6周で短い給油のために4回目のピットストップを行い、トップの座を明け渡さねばならなかった。残り5周となってトップに躍り出たフランキッティは、燃料切れギリギリでゴールへと飛び込み、07年に次ぐ2度目のインディカー・タイトルを手に入れた。

In091011005h スコット・ディクソン
スタート後5周でディクソンはトップに立ち、レース中盤はブリスコーがリードを続けた。彼らのスピードは飛び抜けており、4位以下は全員が周回遅れとなった。勝者となるのはブリスコーとディクソンのいずれかと思われた。しかし、ただ一度のフルコースコーションも出されないレースとなったことで、勝利はフランキッティのものとなった。スタートからゴールまでにかかった時間は1時間28分28.3117秒。インディカー・シリーズ史上2番目の記録となる平均時速201.420マイルが記録された。

2位争いはブリスコーが制したが、彼のシリーズランキングはわずか1点差で3位となった。レースを3位でフィニッシュしたディクソンがランキング2位を獲得。Target Chip Ganassi Racingは2年連続のタイトル獲得と同時に、シリーズランキングの1、2位独占も成し遂げた。

In091011006h 武藤 英紀
武藤英紀(Andretti Green Racing)は最後尾に近い19番グリッドからスタートしたが、10周足らずで15位にまでポジションアップ。好ペースで走り続け、60周を消化する前にトップ10入りを果たした武藤は、6位にまで順位を上げてフィニッシュした。今シーズン7回目のトップ10入りで、09年のシリーズランキングは11位となった。

コメント
ダリオ・フランキッティ(優勝)

「07年と同じで燃費セーブを必死で続け、チームの作戦を遂行できるよう全力で走っていた。それが見事に成功した。レース序盤のマシンはハンドリングがよくなかったが、ピットストップでセッティングを変えてからは非常にいいマシンだった。路面の温度が下がり、コンディションが我々のマシンに合うようになった。しかし、その時点まででトップ2台に差をつけられてしまっていた。決めた作戦の通りに燃費セーブに徹し、優勝、そしてタイトルを手にすることができた。昨日の予選でのポールポジション獲得から流れはよかったと思う。この1年間、すばらしい力を発揮し続け、最高のマシンを用意してくれたチームに感謝する」

ライアン・ブリスコー(2位)
「自分としてはキャリアベストのレースを戦うことができた。それだけに本当に悔しい結果となった。今日のレースが燃費という作戦で決することになったのは非常に残念だ。チャンピオンシップは一年を通して決したもので、フランキッティがシーズンを通してすばらしい戦いを続けていたことは間違いない。しかし、今日の結果は本当に悔しいものとなった。私とディクソンのどちらかが優勝し、タイトルを手にするものと考えて戦っていたからだ」

スコット・ディクソン(3位)
「レースが始まってすぐ、燃費を気にせずに戦うのは決してスマートではないという考えが頭をよぎった。それが現実になってしまった。また来年、チャンピオンの座を目指して全力で戦うだけだ。今日のレースは私とブリスコーが激しく戦っていたが、最終的に我々は勝つことができなかった」

武藤英紀(6位)
In091011007h 「今日はレース用のマシンセッティングも、ピットストップでのセッティング変更もよかったと思います。ピットストップも毎回速く、順位を上げていくことができました。19位というスタート位置を考えれば、6位はいい結果だったと思います。シーズンを通してがんばってくれたチームに感謝します。チームの中の信頼関係を上手に築き上げなければいけないことなど、今シーズンは本当に多くのことを勉強できました。もてぎではアクシデントを起こし、肉体的にゴールまで走り続けるのが大変でしたが、ファンの声援が私を後押ししてくれました。ファンの力のすごさというものを感じることができました。それだけでも今年一年走った甲斐があると思います」

ロジャー・グリフィス|HPD レース・チーム・マネジャー
「フランキッティのチームは勇気ある決断を下し、それが勝利につながった。フルコースコーションが最後まで出ないとは誰も考えなかったはずだ。インディカー史上初めてだったのだから当然だ。ゴールした時のフランキッティのタンクには、もう燃料は半ガロンも残っていなかっただろう。「兎と亀」の話そのままのレースになった。

Honda Indy V-8はソノマで1基にトラブルが発生したが、今シーズンもレース中に大きなトラブルを発生させることはなかった。インディ500は4年連続でレース中のトラブルをゼロとできた。サーキットで各ドライバーのサポートを行うクルーたち、そして、ワークショップで働くクルーたちのハードワークが実った。その結果としてチャンピオン争いは今年も最終戦の最後の数ラップにまでもつれ込んだ。世界経済が厳しい状況にある中で全チームががんばり抜いた。09年もすばらしいシーズンにできたことをうれしく思う」

In091011002h

 写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝リザルト
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム/差
1 10 ダリオ・フランキッティ Target Chip Ganassi Racing D/H/F 01:28:28.3117
2 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +4.7888
3 9 スコット・ディクソン Target Chip Ganassi Racing D/H/F +6.0206
4 11 トニー・カナーン Andretti Green Racing D/H/F +1Lap
5 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +15.0277
6 27 武藤英紀 Andretti Green Racing D/H/F +2Laps
7 5 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F +15.4695
8 402 アレックス・ロイド Newman/Haas/Lanigan Racing D/H/F 20.1948
9 43 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +3Laps
10 18 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing D/H/F +9.8066
11 02 グラハム・レイホール Newman/Haas/Lanigan Racing D/H/F +18.3366
12 20 エド・カーペンター Vision Racing D/H/F +21.8238
13 14 ライアン・ハンターレイ A.J.Foyt Enterprises D/H/F +4Laps
14 2 ラファエル・マトス Luczo Dragon Racing D/H/F +17.2720
15 24 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +5Laps
16 13 E.J.ヴィソ HVM Racing D/H/F +6Laps
17 23 ミルカ・デュノー Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +17.7894
18 67 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing D/H/F +13Laps
19 7 ダニカ・パトリック Andretti Green Racing D/H/F +15Laps
20 33 ロバート・ドーンボス HVM Racing D/H/F +34Laps
21 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F +50Laps
22 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Green Racing D/H/F +142Laps
23 98 ジャック・ラジアー Curb/Agajanian/Team 3G D/H/F +177Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー チーム 総合ポイント   
1 ダリオ・フランキッティ Target Chip Ganassi Racing 616
2 スコット・ディクソン Target Chip Ganassi Racing 605
3 ライアン・ブリスコー Team Penske 604
4 エリオ・カストロネベス Team Penske 433
5 ダニカ・パトリック Andretti Green Racing 393
6 トニー・カナーン Andretti Green Racing 386
7 グラハム・レイホール Newman/Haas/Lanigan Racing 385
8 マルコ・アンドレッティ Andretti Green Racing 380
9 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 354
10 ダン・ウェルドン Panther Racing 354
11 武藤英紀 Andretti Green Racing 353
12 エド・カーペンター Vision Racing 321
13 ラファエル・マトス Luczo Dragon Racing 312
14 マリオ・モラレス KV Racing Technology 304
15 ライアン・ハンターレイ A.J.Foyt Enterprises 298
16 ロバート・ドーンボス HVM Racing 283
17 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing 261
18 E.J.ヴィソ HVM Racing 248
19 ウィル・パワー Team Penske 215
20 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing 195
21 オリオール・セルビア Newman/Haas/Lanigan Racing 115
22 アレックス・タグリアーニ Conquest Racing 114
23 ポール・トレイシー KV Racing Technology 113
24 ミルカ・デュノー Dreyer & Reinbold Racing 113
25 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing 89
26 ジャック・ラジアー Curb/Agajanian/Team 3G 77
27 リチャード・アンティヌッチ Curb/Agajanian/Team 3G 63
28 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 62
29 スタントン・バレット Curb/Agajanian/Team 3G 62
30 アレックス・ロイド Newman/Haas/Lanigan Racing 41
31 ダレン・マニング Dreyer & Reinbold Racing 38
32 タウンゼント・ベル Rahal Letterman Racing 32
33 A.J.フォイト4世 A.J.Foyt Enterprises 26
34 スコット・シャープ Panther Racing 16
35 ネルソン・フィリップ HVM Racing 16
36 松浦孝亮 Conquest Racing 13
37 ジョン・アンドレッティ Richard Petty Motorsports/Dreyer & Reinbold Racing 12
38 フランク・モンタニー AFS Racing/Andretti Green Racing 12
39 ロジャー安川 Dreyer&Reinbold Racing 12
40 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing 10

|

« NASCAR:Rd.30オートクラブ レース結果 | トップページ | EF3:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラムレポート 【10月12日号】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/46463771

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダリリース・第17戦ホームステッド・マイアミ ”最終戦はダリオ・フランキッティが優勝し、09年度チャンピオンに輝く ":

« NASCAR:Rd.30オートクラブ レース結果 | トップページ | EF3:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラムレポート 【10月12日号】 »