« WTCC:Rd.11岡山 予選1回目結果 | トップページ | WTCC:Rd.11岡山 予選2回目結果 »

2009年10月31日 (土)

LMS:Asian Le Mans 岡山 第1レース結果

ペスカロロが勝利!

No.17 ペスカルロ・ジャッド (C)Yoshinori Ohnishi  拡大します

Preview35237

(C)ACO

LM P1カテゴリーではトップが4度交代した。全カテゴリーで激しいバトルが展開された。初開催のアジアン・ル・マン・シリーズで、ペスカロロのプロトタイプが2つの勝利を飾った。クリストフ・タンソー/中野信治組のペスカロロ・ジャッドがLM P1で、OAKレーシング(ニコレ/ラエ/エイン組)のペスカロロ・マツダがLM P2クラスをそれぞれ制した。

ローラ・クーペ・ジャッドがヘッドライトのトラブルでトップから脱落。次にオレカがピットで遅れ、さらにワークス・ローラ・アストン・マーチンがフロントカウルの問題でピットインし、ゴール10分前に優勝争いから脱落した。4度目にトップに立った、ソラ・レーシングからエントリーしたこのペスカロロ・ジャッドはチーム代表が来日しない中で、エンジニアのクロード・ガロパンが、ドライバーのクリストフ・タンソーと中野信治、日仏混成のチームクルーも同じく奮闘した。

レース1のスタート時刻は12時30分。天候は晴れ、サーキットには多くのファンが詰めかけている。ローラ・クーペ・ジャッドに乗るジョニー・コッカーは、ポールポジションからそのままトップを奪い、ソフトタイヤを利して2位以下との差を次第に広げて行く。5周を終えたところで、コッカーは2位のラピェール(オレカ・エイム)に4秒以上の差をつけている。3位以下はミュッケ(ローラ・アストンマーチン)、タンソー(ペスカロロ・ジャッド)、そしてアルバースとジャービスが駆る2台のアウディR10 TDIが続く。8周を過ぎるころからトップグループのマシンの差が詰まり、上位3台のタイム差は1秒以下となった。

最初のドラマは21周目、ローラ・クーペ・ジャッドがレースコントロールの指示によりピットイン。日中でも点灯が義務付けられているヘッドランプが消えていたためだ。このためチームはフロントカウルの交換を強いられることになった。予選で驚くほどの快走を見せたドライソン・レーシングが決勝でも同じく予想を上回る結果を残すチャンスはなくなり、上位グループから大きく遅れてコースに復帰した。トップを行くニコラ・ラピェールの背後には常にステファン・ミュッケがつけ、さらにクリストフ・タンソーが3位で続いている。トップを争う3台のマシンは3秒以内の差でバトルを演じており、これをアルバースとジャービスのアウディ2台が追う。その直後にはLM P2クラスのトップ、マティユー・ラレが続いている。一方、LM GT1クラスのアストンマーチンに乗り、グリッド最後尾からスタートした土屋武士は周回ごとにベルヴィル(サリーン)、余郷敦(ランボルギーニ)との差を詰め、LM GT1クラスのトップに立った。GT2クラスの争いも熾烈を極めており、マルク・リーブ(ポルシェ)とダーク・ミュラー(BMW M3)が激しいバトルを展開。32周目にはついに接触してしまった。

給油のタイミング(40周目)を利用して、ステファン・ミュッケと交代したハロルド・プリマは、それまでトップだったニコラ・ラピェール(オレカ・エイム)を抜いてトップに立った。若干離されたものの、ラピェールはその後プリマに追いつく。中盤、トップは変わらずガルフカラーのアストンマーチンがキープしており、これにオレカ・エイムが続いている。LM GT2クラスはダーク・ミュラーが首位を維持し、トム・マイルナーにステアリングを託した。
トップのローラ・アストンマーチンはゴールまで63分となったところで上位グループでは最初に給油ストップ。ステファン・ミュッケはオレカとペスカロロに1周遅れでコースに復帰した。だが、オレカとペスカロロがピットインした際、ローラ・アストンマーチンが前に出た。ペスカロロが2位、オレカが3位となった。オレカは2度のルーティンストップの際に1つずつ順位を落としている。

LM GT1はランボルギーニ、そしてLM GT2はBMWが・・・ 二度目のドラマが起こったのは116周目(ゴール11分前)。ローラ・アストンマーチンが給油のためにピットイン。その後再び、今度はフロントカウルのルーバー修復のために突然ピットに入って来た。これでトップに出たのはペスカロロ。3秒弱の差で2位オレカが続く。他のカテゴリーでも同様に、新たな展開が見られた。LM GT1ではラルブル・コンペティションのサリーンを駆るカルロ・ヴァン・ダムがコースアウト。グラベルにストップしてしまい、クラス優勝をJLOCの余郷に譲ることになった。LM GT2ではレイホール・レターマン・レーシングのBMWが、チーム・フェルブマイヤー・プロトンのポルシェとの激しいバトルの末にこれを下した。
LM P2はOAKレーシングのペスカロロ・マツダ(ジャック・ニコレ/マティユー・ラエ/リシャール・エイン)が勝利を飾った。

ダニエル・ポワスノ:
「日本のエントラントは耐久レースへの関心の高さを示してくれた」

アジアン・ル・マン・シリーズ開催中の岡山国際サーキットで、日本自動車連盟(JAF)モータースポーツ委員会マニュファクチャラーズ部会の会合が開かれた。この会合に、ジャン=クロード・プラサールACO会長のコンサルタントで、アジアン・ル・マンではレースディレクターを務めるダニエル・ポワスノが招かれ、新テクノロジーに対するACOの展望と、2011年に向けたル・マンのレギュレーションについて説明した。

「音量レベルの低減とエンジン排気量の縮小に関する我々の姿勢が、エネルギー効率を高めることと環境保護を尊重するという目的にまさにかなっていることを明確にする良い機会となった」と語るポワスノは、FFSA(フランス・オートスポーツ連盟)が創設した代替エネルギー委員会の代表に就任したばかり。

「会合に出席したコンストラクターの代表者たちは、様々なエネルギーソースを持つ車両間の性能均衡化をいかにして図るのかに興味を示していた。出席した方々の関心の高さは、今後について我々を大いに安堵させるものだった。我々ACOは、日本のコンストラクターが、新しいエネルギー開発のための理想的なテストの場としての耐久レースに非常に明確な関心を持っているという印象を持っている。」

(アジアンルマン日本語版公式ホームページより転載)

 (C)Yoshinori Ohnishi  拡大します

Pos Driver Cls Car Lap
1 Tinseau/中野 信治 LMP1 Pescarolo-Judd 126
2 Lapierre/Duval LMP1 Courage-ORECA-AIM 126
3 Jarvis/Bakkerud LMP1 Audi 125
4 Mucke/Primat LMP1 Lola-Aston Martin 124
5 Cressoni/Noda/Albers LMP1 Audi 122
6 Drayson/Cocker LMP1 Lola-Judd 121
7 Nicolet/Hein/Lahaye LMP2 Pescarolo-Mazda 116
8 Toulemonde/da Rocha/Ibanez LMP2 Courage-AER 116
9 脇阪 薫一/密山 祥吾 LMP1 Courage-ORECA-YGK 115
10 余郷 敦/井入 宏之 GT1 Lamborghini 113
11 Muller/Milner GT2 BMW 113
12 Lieb/Henzler GT2 Porsche 113
13 都筑 晶裕/土屋 武士 GT1 Aston Martin 113
14 Farnbacher/Simonsen GT2 Ferrari 113
15 Ried/Holzer GT2 Porsche 112
16 田中 哲也/平中 晃平 GT2 Ferrari 112
17 青木 孝行/藤井 誠暢 GT2 Ferrari 111
18 木下 みつひろ/影山 正彦 GT2 Porsche 109
19 Robertson/Robertson/Murry GT2 Ford 108
20 Lee/Ma/Enge GT2 Aston Martin 107
DNC
Berville/Lemeret/van Dam GT1 Saleen 81
山西 康司/坂本 祐也 GT1 Lamborghini 37
小嶋 貞一/堀 主知/木村 正治 GT2 Porsche 3

|

« WTCC:Rd.11岡山 予選1回目結果 | トップページ | WTCC:Rd.11岡山 予選2回目結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LMS:Asian Le Mans 岡山 第1レース結果:

« WTCC:Rd.11岡山 予選1回目結果 | トップページ | WTCC:Rd.11岡山 予選2回目結果 »